*

「 地方都市への転職 」 一覧

沖縄に移り住んで仕事に就くという人生の選択

「ナイチャー」という生き方 沖縄では、内地からの移住者をナイチャーと呼んでいます。沖縄のトロピカルな風土や人情の豊な県民性、そして海のリゾートを中心とする景観の美しさや観光資源の多さに憧れて、内

続きを見る

住みたい町に移住して仕事を探す。そんな人生もアリ?!

だれも出生地は選べないが、成人後の生活地は選べる 日本では、中央集権的な要素が強いので勢い首都圏や関西圏への人口集中とその地域の繁栄が定番として続いてきました。 しかし、それだけでなく全国には

続きを見る

福岡での仕事探しなら、お仕事プラザ(民間職業紹介所)

  業界初の民間職業相談所 今どきは好景気だからなのですが、人手不足の企業や店がたくさんあります。 とくに都会部では深刻な状況です。ところが、ハローワークや求人広告だけでは求職者との

続きを見る

転職なら愛知(名古屋)が元気?

東京では、確かに平均年収が600万円を超えていてダントツに高い状況ではあります。求人数も全国1位で、有効求人倍率も高いですから、地方から人が集まるのもうなずけます。 でも、物価水準が高い

続きを見る

転職して京都生活はどうすか

京都と言えば、寺社・仏閣が多数集中していて歴史的な建造物が有名です。いつも観光客でにぎわい、歴史ファンならずとも京都ファンは多く、外国人観光客も多数です。修学旅行先としても有名で、多数の中高生がこ

続きを見る

地方への転職は美味しいか?福岡が人気?

この国はよく東京一極集中と言われており、そこに多くの企業の本社機能が集中していることは確かです。そのために、人口集中の多さにも関わらず、就活においては人出不足状態で売り手市場だとも言われています。

続きを見る

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑