*

サイト管理人

 

サイト管理人の 泪みつるです。

ごくごく普通のおじさんなのですが、やはり人生には思わぬアクシデントや落とし穴もあるものです。仕事も順調な間は問題なく何も考えずに過ごしてしまうものです。ところが、一度つまずいてしまうとその後の生活が大きく変わってしまうこともあるのです。

私の場合もそうでした。30歳を過ぎたあたりで見舞われた仕事のストレスは相当なものでした。私にはその新しい仕事の内容が合わなかったのです。

今は、自らも就活を頑張る傍らで、同じような悩みを持つ就活者や転職希望者の力になれるようにと少しでも有益な情報提供を行いたいと思い立ち、このサイトを運営しているところです。

 

以下、これまでの略歴を紹介します。
<<<略 歴>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

◆大学4年次にある地方の市職員採用試験をパスして、公務員として就職する。

◆それなりに仕事をこなす傍ら、余暇にはテニスなどのスポーツも楽しむ。28歳で高校時代の同級生と結婚。

◆30歳を過ぎたあたり、配置換えで就いた新しい仕事内容に悩み、ストレスからうつ病を患う。

◆32歳でそれまでの仕事を辞め、しばらく自宅療養をする。

◆33歳で、一念発起し就活をはじめるが、世間の厳しさに戸惑う。それまで、一般社会の常識を知らなかったことを思い知らされる。

◆35歳、一応の転職を果たし職場で一年が経過。しかし、さらなる転職を目指し模索、奮闘する。

◆その後、さらにいくつかの転職を経て現在に至る。年齢はすっかりシニアの領域の住人となった。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>経験を活かして、サイトを始める。


公開日:
最終更新日:2017/10/20

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

コロナ騒ぎの影響は労働者にどんな影を落とすのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀

→もっと見る

PAGE TOP ↑