*

地方への転職は美味しいか?福岡が人気?


この国はよく東京一極
集中と言われており、そこに多くの企業の本社機能が集中していることは確かです。そのために、人口集中の多さにも関わらず、就活においては人出不足状態で売り手市場だとも言われています。

一方、全国には北は札幌・仙台あたりから南は福岡・熊本など、政令指定都市と言われる中核の都市があり、それぞれの地域の経済を牽引しています。また、その他にも県都である都市などもある程度の人口を抱えています。

よくよく考えてみれば、仕事がたくさんあるからと言って、東京で高い家賃の狭いスペースに住み、超満員の電車に長い時間揺られて職場に着き、猛烈に働いて、また電車に長く揺られて、疲れて居眠りしながら帰るという生活サイクルが、必ずしもベストだとは言い切れない部分もあります。

 どんな街に住みたいかを優先で考えることってどうよ

最近、テレビタレントの中でも福岡市人気のことがよく話題にでるようです。地元のテレビでは、ロンブーの敦さんが、福岡市周辺に家を探すという番組さえもあります。

食べ物がおいしい、家賃や土地代が東京に比べて安い、空港から地下鉄で街の中心まですぐに行けて便利である。新幹線の便利が良い、などよく言われることですが、その他にも、海や山の自然にも近くていいとか、韓国や中国への旅行がしやすいことなども売りになっているようです。

人生の選択として、自分がどんな街に住みたいかということを優先に考えてそこでどんな仕事を探すかを次に考えるというスタイルもアリかと思います。地方の中心都市には、それぞれ魅力があると思います。


地方でどんな就活ができるのか

地方の中心都市には、ほとんどの大きな企業の支社があります。なので、それらを相手に活動する地元企業を狙うという手はあります。あるいは大手でも地元限定雇の準社員の採用もあったりします。これもねらい目かも。

また、地元ならではの観光産業や伝統産業、あるいは地元密着型の仕事ににシフトして就活をするという方法もあると思います。

手段として大手の転職エージェントが、ほぼ政令指定都市をカバーしているようですから、活用してみるのもいいでしょう。地方都市もバカにはできない。それぞれの良さがある。


本社機能

日本でも、トヨタ自動車のように本社が地方都市にあることもある。アメリカでも世界企業の本社がニューヨークにあるとは限らない。例えば、マイクロソフトはワシントン州(西海岸)にあるし、アップル本社もグーグル本社もサンフランシスコのシリコンバレーにある。スターバックスもシアトルにあるという。

この国も、大震災で首都機能が失われる前に、企業の本社機能も地方へと分散していくことが望ましいことであります。それぞれの場所で地域経済にも貢献できるようにすれば、国全体がもっと良くなることでしょう。

みんながそんな展望を持つことも大切ですね。

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
スポンサーリンク


関連記事

住みたい町に移住して仕事を探す。そんな人生もアリ?!

だれも出生地は選べないが、成人後の生活地は選べる 日本では、中央集権的な要素が強いので勢い首都

記事を読む

福岡での仕事探しなら、お仕事プラザ(民間職業紹介所)

  業界初の民間職業相談所 今どきは好景気だからなのですが、人手不足の企業や店がた

記事を読む

転職して京都生活はどうすか

京都と言えば、寺社・仏閣が多数集中していて歴史的な建造物が有名です。いつも観光客でにぎわい、歴史

記事を読む

転職なら愛知(名古屋)が元気?

東京では、確かに平均年収が600万円を超えていてダントツに高い状況ではあります。求人数も全国

記事を読む

沖縄に移り住んで仕事に就くという人生の選択

「ナイチャー」という生き方 沖縄では、内地からの移住者をナイチャーと呼んでいます。沖縄のトロピ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

IKEA(スエーデン家具)の戦略 全従業員の正社員化とは?

■渋谷・新宿に店舗展開 IKEAと言えば郊外型の、ユーザーは主に

非正規労働者 コロナ禍の綱渡り生活

普通に生活をしている中で、スーパーに行ったり、コンビニに寄ったり、

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

→もっと見る

PAGE TOP ↑