*

仕事に関する悩み、労働相談は何処にする

あなたの勤める会社はホワイト企業ですか?もし、とても待遇が良く、給与も満足できるもので、残業も少ないというようなところであれば不満も起こらないかもしれません。

しかし、多くの労働者の皆さんは、多かれ少なかれそれなりに不満を抱えているもののようです。残業時間の多さや未払いの残業代休日の少なさやパワハラ・セクハラに関すること、等々、問題はたくさんあることでしょう。

そして、もしその不安があなたの我慢の限界を超える場合や、賃金や待遇の面で、あなたの権利が侵害されていることに我慢がならないような場合に、その相談先としての公的機関があることを知っていますか。

「労働局」と「労働基準監督署」

労働に関する相談は、賃金や未払いの残業代に関する相談や有給休暇、休日の問題などが考えられます。また、社会保険に関する問題などが考えられます。

相談は、労働局でも労働基準監督署でも、どちらも対応してくれるようです。労働相談の多くは法律で決められていることが基本にあるので、それに沿って回答が貰えるでしょう。


そして必要に応じて、また、相談所の要望に応じて問題の会社に調査や指導が入ることになります。ただし匿名での通報の場合は「申告」としては扱われず「情報提供」扱いになりますので、直接あなた自身の不利益を改善したいのであれば、実名での申告とした方がいいと思います。

セクハラ、パワハラについて

セクハラやパワハラの場合は、少し内容が複雑になるようです。というのは、法的な線引きが難しいという問題もありますし、パワハラに至っては、仕事に関する上司としての注意や指導というスタイルを取る場合が多いからです。

ですから、単なる指導の一環だったとの逃げ口上が予想されます。その程度が常識を超えて、個人の人格を傷つけるものであったという説明や具体例を上手に行う必要があります。

ただし、今や泣き寝入りする必要はない時代であると思います。セクハラもパワハラも、それがそうであるか否かは、被害者の感覚がそれを決めるというのが常識です。

もともとある上司と部下の力の差を前提に、セクハラもパワハラも起こり得るものですから。

必要なら諦めずに相談を

皆さん、労働局も労働基準監督署も、どちらも国の機関ですが労働者の個人的な相談に、直接対応してくれる所です。弁護士に相談するのとは違って費用も掛かりませんから、イザという時には、相談してみるのもいいと思います。

 

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
スポンサーリンク


関連記事

業務委託の場合には「確定申告」が必要です

業務委託とは、仕事を委託する側と委託を受ける側の間で、業務委託契約を交わして行うものが通常です。

記事を読む

no image

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

記事を読む

発達障害と仕事での困り感、採用をめざして

あなたは「発達障害」という言葉や概念を知っていますか? 当事者の方はもちろんお解りだ

記事を読む

雇用保険と失業手当の給付について

だれでも働く以上は、給与も高く気待遇のよい職場で、長く働きたいものです。しかし、必ずしも思う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

改正出入国管理法成立で、街に外国人労働者が溢れ、その煽りで貴方が職場からお払い箱になる日?!

この国では、相も変わらず欠陥だらけの法案をゴリゴリと国民に押し付け

イノベーションと企業(組織)のフラット構造の関係性

最近、「GAFA」ということが浸透しつつある。Google、App

カルロス・ゴーン氏逮捕で日産自動車が大変なことになっているが、、、

  有価証券報告書への収入の記載漏れ? 各種・各方面からのニュ

内定後の「入社誓約書」という憂鬱!?

それはそれは大変だったあなたの就職活動。その結果、なんとか無事に内

退職したい人のための「退職代行サービス」利用が増えている

会社の上司との関係が上手くいかない、パワハラの悩みをだれにも相談で

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑