*

「 コーヒーブレイク 」 一覧

今年もサラリーマン川柳が面白い(2022)

■ベスト10はすべてコロナ絡み すっかり、毎年の恒例として定着した感のあるサラリーマン川柳の発表ですが、今年のベスト10は奇しくもすべてコロナ絡みの内容となりました。コロナへの恨みつらみやコロナによ

続きを見る

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀作が並んだ。表題の作品は、「未だにか」と思えるようなサラリーマン諸君の残業の様子が目に浮かぶものになっていると思う。 「ノーサイ

続きを見る

コロナ騒ぎと社会情勢! その影響で労働者はどうなるのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大の一途をたどっているように見える。いよいよ、私のような末端の人間の足元にも迫りつつあるのか?? 政府は、大バカ野郎にも個々人へのPC

続きを見る

「お仕事ドラマの女王?」って知ってますか? それは吉高由里子ちゃんのことらしい??

「正義の味方」、「私定時で帰ります」、「知らなくていいこと」と三つのドラマをたて続けに見た。いずれも吉高由里子の主演ドラマだ。 「正義の味方」は、若手検事役。相方は安田顕氏で彼もまたブレーク中。

続きを見る

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集中支援するということを盛り込んだ。この人手不足?と言われる時代にあって、就職氷河期世代が今尚非正規労働や引きこもりの状況にあるのは

続きを見る

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)のことについて書かれた記事が目に入りました。皆さん、「憲法は権力者を縛るためにある」ということを御存

続きを見る

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社会の常識的な慣行として「終身雇用」と「定年制」という二本の柱は非常に大きなセット要素でした。もちろん

続きを見る

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」                     (埼玉県 森あらし さん) 2019年 今では、エントリーシート(ES)全盛の時代で、就活生と企業との接触のすべて

続きを見る

カルロス・ゴーン氏逮捕で日産自動車が大変なことになっているが、、、

  有価証券報告書への収入の記載漏れ? 各種・各方面からのニュース等で、すでにあなたもご存知でしょう。そうです、日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン氏の突然の逮捕劇は、日本国内をはじめ国際的

続きを見る

退職したい人のための「退職代行サービス」利用が増えている

会社の上司との関係が上手くいかない、パワハラの悩みをだれにも相談できない、精神的苦痛と肉体的疲労が癒えない、会社が忙しすぎて辞めたいと言い出しにくい、残業が多すぎて休日出勤もあるのが耐えられない。

続きを見る

今年もサラリーマン川柳が面白い(2022)

■ベスト10はすべてコロナ絡み すっかり、毎年の恒例として定着した感

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

→もっと見る

PAGE TOP ↑