*

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀作が並んだ。表題の作品は、「未だにか」と思えるようなサラリーマン諸君の残業の様子が目に浮かぶものになっていると思う。

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 

「働き方改革のかけ声はどこ行った」と叫びたくなるような思いに駆られてしまうものだ。いったい国はなにしているのか!

「足りないの? そもそもないよ 2000万」

「還暦は ゴールじゃなくて 通過点」

文化的最低限度の生活を保障

今回は、奇しくも今般の老後問題が大きくクローズアップされてしまった形だ。国が国民の老後を保障もせず、ゴールポストを勝手に後ろに動かして、「ヨイヨイになるまで働け」と言わんばかりだ。腹が立つなんてものじゃない。まったくもって!

こんないい加減なお上に、タテも付かずに許している国民の無能さもドッコイドッコイのていたらくだ。この国民有りてこの政府アリというところか。

年金問題と連動した、老後資金の不足問題は、奇しくも政府が公に認めてしまった形になりながらも、その報告書を受け取らないというバカ気た大人げない行動をとった。足りない分は、国に責任をとって出してもらいたいものだ。

なにせ、「文化的最低限度の生活を保障する」と憲法にあるように。

60歳定年とは、確かに即働けなくなる年齢ではないものの、そこをゴールと決めて頑張って来た勤労者にしてみれば、迷惑な話だ。42.195キロを走ってきたら、ゴールはもっと遠くに動かされていて、もっと頑張れと言われるのだから、頭にくるよな。

それだけじゃなく、人生計画として60歳定年で老後はアレもしたい、コレもしたいと思い描いていたことができないのだからなおさらである。旅行でもなんでも、とかく、「やりたいことは身体が動くうちに」というのが老後世代の合言葉なのだから。

国よバカにするなよ!善良な庶民を!

スポンサーリンク



関連記事

全国100都市成長可能性ランキング

あなたはどんな街で暮らしたいか (株)野村総研は、独自に全国から選択した国内100都市を対象に

記事を読む

マンション管理員の仕事内容とはどういうものか

増えるマンション 最近では大きな都市だけでなく、その通勤圏内にある中小都市などにもマンシ

記事を読む

時給750円で某S市役所駐車場のバイトをしてみた

市役所の機能 市役所では、3月という月、年度替わり寸前の大層な繁忙期なのです。それは多くの人々

記事を読む

歴史に学び、これからの時代を読む!

この50~60年間を振り返ってみて、世の中がどう変わってきたのかみてみましょう。50年前と言

記事を読む

メーカーに操られている私たちの消費行動!

パソコン用のプリンターが… 7年間使ってきた某メーカーのプリンター(一応は複合機の装いのもの)

記事を読む

しゅうかつ川柳には、悲哀がいっぱい!

川柳のブラックユーモアがイケてる 就活をテーマにした川柳って、いつごろからあるんでしょうか?

記事を読む

no image

フリーランスという生き方について考える

    フリーランスとは 最近耳にすることの多くなった「フリーランス」或いは、「

記事を読む

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み 全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持

記事を読む

たまには肉体労働もいいものダ!

  「小取り」作業をしてます 私は、最近とある超零細なサッシ屋さんでいわゆる「

記事を読む

私たちはどんな時代に生きているのか? 時代に合わせた働き方の選択とは?

働き甲斐のある会社 ある就活サイトの調べでは、以下の観点から見た時の働きやすさトップ10を発表

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

→もっと見る

PAGE TOP ↑