*

私たちはどんな時代に生きているのか? 時代に合わせた働き方の選択とは?

働き甲斐のある会社

ある就活サイトの調べでは、以下の観点から見た時の働きやすさトップ10を発表しています。
・労働時間の満足度
・仕事のやりがい
・ストレスの低さ
・給与の満足度
・休日の満足度
・企業のホワイト度

5点満点で評価されたその結果は次のようです。
1.大坂ガス (3.98)
2.ヤフー
3.デンソー
4.キャノン
5.トヨタ自動車
6.リクルートホールディング
7.リコー
8.ソフトバンクグループ
9.新日鉄住金ソリューションズ
10.スターバックスコーヒージャパン (3.48)

これら10社の中には、昔からある企業もあれば、ヤフーやリクルート、ソフトバンクのようにITに強そうな今どきの企業もあります。スターバックスが10位に入っているのは特筆に値すること?でしょうか。

ここに挙がるような企業では、ある程度「働き方の改革」が進んでいるものと考えられます。しかも安定感があるものと思われます。従って、これらの企業を目指す就活者もきっと多いことでしょう。

それにしても大阪ガスやデンソー、リコーなどのように歴史は古くてもぱっと見話題性がそれほど多くない会社の、その中身がどんなものか覗いてみたいものですね。

今、この国はどんな国?

時代として、世の中がブラックで当たり前の潜在的風潮があるだけに、このところそんな話題が集中的に噴出した感があります。

まず、国の中枢であるはずの官僚組織自体が堕落している実態があちこちに出ています。

・政権への忖度のすさまじさはまさに主権者たる国民に背を向けた状況にあるということを明らかになりました。財務省はその最たるものです。大臣に至っては、官僚の文書改ざんが発覚後、それを推進したことで辞任を余儀なくされた官僚を擁護する態度を止めないばかりか、その改ざんをめぐって自殺した関西地方財務局の官僚には何の道義的な責任すら感じていない様子です。

文書の改ざんそのものに政治家や大臣が陰で関わっていることも大いに考えられます。忖度万能とばかりは言えないような気さえします。

・官僚のトップが何人も悪事を平気で働き、辞めるにあたり多額の退職金を持って行きました。国民には信じられない光景ではありませんか。

・森友忖度問題では総理自身が、又、文書改ざんが問題となった加計学園問題では道義的問題として財務大臣が辞任して当然です。なのに…その気配すらないのは嘆かわしいですね。

・どこの省庁も障害者雇用に関する水増しを平気で続けてきたことも発覚しましたが、大した国民への謝罪もありません。

これら、この国の制度疲労に伴うブラックさは度し難いものがあります。沖縄問題や原発問題のように、非常に風通しの悪い政府の態度にも、日本人の忘れやすく冷めやすい性格では、なかなか国民的な糾弾や監視の状況にならない口惜しさがあります。

スポーツ界のブラックさが次々に暴露される

・相撲界
・アマチュアボクシング界
・レスリング界
・女子体操界
・日大アメフト問題 etc

これらのスポーツ界では、ここにきて告発などが増えています。もうそのブラックさに我慢ならない選手が増えてきたのでしょう。

これらを隠蔽せずに、むしろ刷新の契機となれば、すべてがマイナスではないのかも知れませんが、そうはならないブラックさが懸念されます。とくに相撲界などは最悪です。

医科大学の女性差別受験問題

全国の医科大学・医学部などの女子受験生の差別対応は、非常にアンフェアーな状況が改めて暴露されました。実力ではなく、金や性別で当落の決まるその実態が明らかになりました。もう、時代はそんなことを許しておけない時代です。

LGBTに対する国会議員の差別発言

杉田水脈という自民党議員が、「LGBTは生産性がない。そのようなものへ税金をつぎ込むのはいかがなものか」という主旨の文書・発言に端を発して、様々な層からの批判が続いています。

私にはそもそも、人間の日常を「生産性」という観点で評価することの是非がすでに問題であると思います。

今や人々は、ホワイト企業へと流れる時代

あなたは、こんな時代にどんな職業選択をされるのでしょうか? 何等かの資格を取って就職を目指す? 夢の実現のために仕事を選ぶ? 仕事と趣味の両立のために仕事を選ぶ? 人それぞれでしょうか。

どちらにしても、古い考えの人たちは去り、新しい考えの人たちが世の中を変えていくのでしょう。そして就活者は益々ホワイトな企業や会社に流れていくことになるのは必然のことでしょうか。

福原愛ちゃんが卓球をメジャーなスポーツへと進化させ、ボブ・ディランがノーベル文学賞に輝き、ユーミンが菊池寛賞になる時代です。きっと世の中はまだまだ変わっていくことでしょう。

詳しい就活・転職情報はコチラ

サイト管理人の泪みつるです。

日本人は、もっと欧州先進国の実態に学ぶべきではないかと思います。福祉や働き方については進んでいる場合が多いようですから。取りあえず北欧諸国やドイツあたりの労働行政は参考になりますから。





関連記事

就職活動中の高校生のあなたへ

高校も3年生になると、卒業後の進路がリアルな問題となります。つまり高校 生にも就職活動が必要と

記事を読む

就活のルールがなくなるって本当??

波紋を呼ぶ経団連の会長発言! 数年後から「就活ルールを決めないことにする」(これまでのルールを

記事を読む

公的機関に転職が決まりました。就活してよかった!

今回の経験談はある主婦の方の仕事への復帰ストーリーです。 結婚や子育てなどの理由により、一端職場

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

「9月半ば」のこの時期!いよいよ高卒採用解禁

タイムスケジュール 例年9月の半ばは、高卒予定者の採用解禁となる時期です。大まかなタイムスケジ

記事を読む

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその違いを意識しつつ 両面どちら

記事を読む

就活と婚活の悩み、あなたにとってどちらが優先?

ある婚活学校では、男性にはこんな風に指導しているのだそうです。1.自己PR欄には自己PRを書いて

記事を読む

3月1日は就活解禁

3月1日、いよいよ新卒の就活が解禁となりましたね。大学周辺には黒いリクルートスーツの就活スタイル

記事を読む

【就活】あなたの企業診断の視点は?

    あなたは、就活に際して企業の評価をどのような要素で考えますか?

記事を読む

「電〇違法残業」事件、正式裁判へ

広告代理店「〇通」事件 新聞報道によると、広告代理店電〇の違法残業事件で、東京簡易裁判所は12

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

→もっと見る

PAGE TOP ↑