*

「電〇違法残業」事件、正式裁判へ

広告代理店「〇通」事件

新聞報道によると、広告代理店電〇の違法残業事件で、東京簡易裁判所は12日、労働基準法違反で略式起訴された電通への略式命令を「不当」として、公開の正式裁判を開くことを決めたとあります。

新人社員高橋まつりさん=当時24歳=が2015年12月に過労自殺したことに端を発し、政府の働き方改革の論議にも影響した事件は、裁判的にはやっと陽の目を浴びたということでしょうが、どうせ

三権分立とは名ばかりの日本の裁判のことです。資本や政権の利益を丸抱えして庶民の願いにこたえようとしないこの国の裁判制度では果たしてどうなることやら、監視の目が離せません。

電通は、過去に何回も過労死の問題ある事件を起こしており、そこを踏まえて厳しく対処して欲しいと遺族のコメント意向が語られていました。全くもってその通りです。

政府安倍総理と連合の会長の合意事項、残業上限年間720時間という点なども、全く庶民として納得がいきません。まるで、「過労死容認」、或いは「過労死促進」の法改正のように思えます。連合の弱腰にも全く腹が立ちます。この国、もっと何とかならないものでしょうか。まったく。

高年収(年収1075万円)の専門職社員、「残業代ゼロ」修正問題

もう一つの話題が新聞にありました。連合の神津会長が専門職社員についての労基法改正に関して申し入れた件を首相が受け入れ一致したとありますが、事実上「残業代ゼロ」反対の旗を連合が降ろして、その代わりとして104日の休日義務付けを要求したことによるものです。

それもひどい譲歩の仕方ですね。これで、おそらく天井知らずの残業が実体化するものと思われます。でもまあ、高給取りの専門職社員のことですから、低収入の社員にとってみれば、妬みもあったりして同情などしてはもらえないでしょうけどね。

元々、労働者は分断されてしまっているからです。正規社員と非正規社員(パート、アルバイト)の分断、そして高収入専門職と低収入社員の分断。はたまた平社員、中間管理職、管理職の分断、等々。

「もっとやる事あるだろう」と言いたい!

今、ますます格差が広がるばかりの歪んだ社会を立て直し、それこそ世直しをしようとするならば、もっと先にすることあるだろうと、私は叫びたいのです。例えば、最賃を1.5倍に上げるとか、同一労働同一賃金を正式かつ正確に法律にしてしまうとかね。

さらには、非正規労働者にも賞与を出すとか、すべての労働者に収益に応じて分配金を義務付けるとかのことが必要だと思うのであります。

経団連の方ばかりみて政策を決める政権はもういらない。勤労市民こそ世の中を支えているのですから。
スポンサーリンク

関連記事

過労死ライン「月80時間」を超す残業は公序良俗に反する!

  早期の対策が必要 クロ〇〇ヤマトの宅急便でおなじみ、ヤ〇ト運輸が、社員の残業時間を調査し

記事を読む

東京地裁、「名ばかり管理職」でコ■ミに制裁金

  新聞によりますと東京地裁は、コ■ミスポーツクラブ(東京)の元支店長の女性が、権限

記事を読む

内定後の「入社誓約書」という憂鬱!?

それはそれは大変だったあなたの就職活動。その結果、なんとか無事に内定にこぎつけることができたあな

記事を読む

「〇電」元会長ら無罪主張

電力会社と言えば、この国のそれぞれの地域で超安定的な企業であり、電力販売の自由化がなされた現在で

記事を読む

残業の功罪? それはほんとに必要悪なのか??

  基本的に残業は好ましくない働き方なのですが、なぜ日本企業には、こうも残業が相も変

記事を読む

「月30時間の残業」って、多いの?少ないの?貴方の内なる上限規定とは?

  「月に30時間の残業」って 「月30時間の残業」これについてあなたはどう思いま

記事を読む

過労死!「NHKよ。お前もか!」時間外労働159の過酷さ!

あのNHKで、過去?に過労死が起こっていたという事実に愕然とした。新聞によると、2013年7月に

記事を読む

裁量労働制拡大の問題点とは?

国会審議でも、「裁量労働制の適用拡大法案」に関する問題点が噴出して、大モメにモメていますが、あら

記事を読む

偏差値教育と「働き方改革」の行く末は? この国で働くということ

「偏差値教育」というものは先進国にはない 日本ではごくごく当たり前の偏

記事を読む

あなたの収入、それで毎月生きていけますか?

標準生計費とは 総務省の算出した標準生計費では、18歳~24歳の単身勤労者世帯について「全国消

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

「この20余年の間、平均年収上昇が低迷しているのは日本だけ??」って本当か?

今の時代、年収が上がらないのは当たり前?? 私たちは、「こんな時

「内定ブルー」をぶっ飛ばせ!就活者の悩みは尽きない!

内定ブルーとは 現在、売り手市場の社会状況の中で、これまでは、内

就活のスタートは、大学入学のその日から

大学一年のはじまりは同時に就活のはじまり! あなたは、高校時代に

改正出入国管理法成立で、街に外国人労働者が溢れ、その煽りで貴方が職場からお払い箱になる日?!

この国では、相も変わらず欠陥だらけの法案をゴリゴリと国民に押し付け

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑