*

新聞では大見出しで「電◎社長、違法残業を謝罪」とあったが…

これは、電通の侵入社員であった高橋まつりさんのご遺族のコメントの場面です。お母さんは、電通社長の謝罪内容について「やにわに信用できない。これからも監視していく。」と述べられています。

電通の罪

検察側の冒頭陳述では、「労働基準監督署からの繰り返しの指導や是正勧告を受けたのに、抜本的な解決策を講じなかった」ことや、「深夜残業や休日出勤をいとわないクライアントファースト(顧客優先)の考え方で、全社的に長時間労働が行われていた企業風土」を批判したとある。

これほど悪質な労働基準法違反に対して、社長が謝罪して、罰金50万円の求刑で即日結審というこの速さは何なのだと思いませんか。

大会社の社長にとって「50万円」とは、痛くも痒くもない肩のフケ程度のものではないでしょうか。おそらく求刑に近い内容の判決が出されて、結果上告もせずに、それでおしまいとなるのでしょうか?

なーんか、大企業と御上が結託して法律まで含めて、この国をいいように操っているように思えます。実は「金持ちの金持ちによる金持ちのための政治」が行われているのがこの国の正体なのです。

私たち貧乏人は、初めから疎外されているのです。彼らは彼らの都合のいいように国を操っているのです。それが、今の政権政党とその背後にあるいろんな勢力(大企業や「日本会議」などの右翼組織など)の関係なのです。

東電の罪

「ふるさと喪失 東電に責任」という見出しが大きく出ています。これはもちろん福島原発事故で避難生活を余儀なくされた方々の起こした裁判の千葉地裁判決に関するものです。

判決では、東電の損害賠償を一部認めてはいるものの、42人の原告者に対してトータル3億7600万円というの少額です。しかも、国は被告でありながら、避難者のふるさと喪失に対する責任を免れている状況です。

「原発は安全だ!安全だ!」と連呼して、国と電力大手が結託して国民を騙しまくった結果の福島原発事故です。国民を騙したことへの罪というものはないのでしょうか?

そもそも、原発かそれほど安全なものならば、それは電力の大消費地である大都会のすぐ近くに作ればよかったのです。東京湾岸、大阪湾岸など最適地ではないでしょうか。そんなに安全なものならばです。電力は消費地立地型で作らないと、距離が遠ければ遠いほど送電の際に大きく消耗するからです。

原発は、国と電力大手が二人三脚で推進してきた政策です。これほど国と企業が目に見えて結託しているものもめずらしい事です。裏も表も丸見えですから。

ただ、情けないことには原発地元の自治体や住民が、金で黙らされていることや、電力労組自体が加害者の一端を担ぎながら、反対の立場に立てないでいるなどのマイナス点もあります。

希望の持てる国へ

こんな国、このままでいいのでしょうか?
リンカーンは言いました。「人民の人民による人民のためも政治」だと。このことこそ政治の根本にしていきたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策 新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上

記事を読む

働き方改革!正社員と非正規労働者、「同一労働同一賃金」の行方は?

最高裁が「賃下げ容認」 長沢運輸(横浜市)を定年退職後に嘱託社員として再雇用されたトラック運転

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

カルロス・ゴーン氏逮捕で日産自動車が大変なことになっているが、、、

  有価証券報告書への収入の記載漏れ? 各種・各方面からのニュース等で、すでにあなたもご存知

記事を読む

もう、日本人の東大信仰を止めよう!

このところ安倍政権下では忖度事象がとどまることを知らず続いている。 「またか」とは思うことだが

記事を読む

就活生の「学歴フィルター」とは? その存在やいかに?

大学名で差別選別されるシステムはあるのか? 就活生にとって、とても気になる話だと思うのですが、

記事を読む

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み 全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持

記事を読む

労働者は、「何ファースト」で行くべきか

太平洋の向こうでは、「アメリカファースト」のトランプさんが大統領になったはいいものの国民から

記事を読む

差別的企業倫理と権力者のウソを撃て!

8月3日の新聞には珍しく刺激的な記事がいくつも並んでいました。私たち真面目に働く勤労市民にとって

記事を読む

衆議院選挙を前にして、政局が荒れている

 庶民が正しく切れる時 今、北朝鮮問題や中国との尖閣諸島にまつわる諸問題、ロシアとの領土問題な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

→もっと見る

PAGE TOP ↑