*

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み

全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持ち込まれるのは当たり前のことです。まがりなりにも労働局は労働者の立場に立ったスタンスをとるべき立場だからです。

持ち込まれる相談で何年もトップの座にあるのが、パワハラ(セクハラ等を含む)の問題のようです。次が、休憩時間や労働時間、特に残業時間の多さについて。そして賃金が上がらない問題の3点セットのようです。

まとめると
●パワーハラスメント問題
●労働時間の問題
●賃金の問題

となりますが、いわゆる鉄板問題と言っていいだろうと思います。

そのどれもが、昔から連綿とあるものですし、今更これじゃぁ欧州先進国に取り残されてしまうのも最もだなあという印象です。「古くて新しい問題」と言えばいいのでしょうか。

はっきり申しまして、これらは既にドイツなど先進国では日本の状況とは比べ物にならないほどクリアーされている問題なのですが。

なぜこの国はこうなのか?

元々、経営者側と労働者側は対立すべき位置にあるはずなのに、日本ではその対立が曖昧な状態だからではないでしょうか? 会社が儲かれば労働者にも必ず分け前は増えるものという甘い感傷が、なぜかこの国の労働者にはメンタルとしてあるのです。

私に言わしてもらえば、「だから、裏切られるのだ。」ということです。日本人は自分たちが階級社会に生きていることをなぜか感じ取れずに、日々の不満があってもそれを「要求」にまで育て上げ切れていない。

だから「交渉」が成立しない。特に労働組合が弱体化の一途をたどる状況の中では、経営者(資本家)有利の状態はひっくりかえせないのです。もう一度言います、経営者は通常株主には気を使いますが、労働者のことを忖度などはしません。

ですから交渉が必要なのです。交渉力とは一人よりも二人、二人よりも100人、百人よりも千人のちからを背景にした方が強くなります。そのために、労働者は労働者としてまとまり(通常は労働団体)を形成して、その要求を実現させるのに有利な政治状況を作るために、政党を選びます。ことによっては「労働党」を自ら作って政治を動かそうとします。

その勢力が強くなれば、社会情勢が変わり、政治が動き、労働者の待遇がよくなります。今、長らく超保守な政党が政権を担当運営していますが、キャリアの公務員たちは政権を忖度ばかりして、国民の方など見ていません。

市民団体の裁判が高裁や最高裁で国寄りの判決ばかりで、三権分立の市民社会の名が泣いてばかりいるのは、裁判官という公務員の質が落ちていることだけが原因なのではなく、本来公務員という生き物が公僕ではなく自己保身に走るばかりの存在であることを意味しています。

まずは労使交渉を目指そう

パワハラの問題も、労働時間の問題も、賃金の問題もすべて労働条件の中核的な内容ですから、交渉のテーブルに上げてガチで闘いましょう。この国ではそのためには組合を組織することが一番の効果的な方法ですが、これからの時代は様相が違ってくるかもしれません。

キャリアを武器に転職するときなどには、個人でもバンバン交渉するような時代がもうそこまできているのかも知れません。外国の雇用契約書には業務の内容が詳しく規定されていることが多いのだそうです。

例えば、外国映画で学校教師が自ら掃除をする場面などはまずありませんが、それはたぶん雇用契約の中に掃除をするという項目がないからだと考えられます。欧米では職種が重んじられるのでそれ以外の雑務は契約になければ拘束されないのが普通なのです。

ですから、その分ガチで契約交渉をするのです。少しでも有利な契約を勝ち取るために。

スポンサーリンク

関連記事

たまには肉体労働もいいものダ!

  「小取り」作業をしてます 私は、最近とある超零細なサッシ屋さんでいわゆる「

記事を読む

経団連会長のお騒がせ発言がまた話題になっている

「大学は学生にしっかり勉強させろ」発言の是非 経団連中西会長が「日本の大学生が外国の学生に比べ

記事を読む

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策 新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上

記事を読む

時給750円で某S市役所駐車場のバイトをしてみた

市役所の機能 市役所では、3月という月、年度替わり寸前の大層な繁忙期なのです。それは多くの人々

記事を読む

教員の働き方改革?文科省「緊急対策」の内容は?

残業に手当の出ないブラックさ 超ブラックな職場の呼び声高い学校現場のあまりに悲惨な現状に、文科

記事を読む

コロナ騒ぎと社会情勢! その影響で労働者はどうなるのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大の一途をたどっているように見える。

記事を読む

労働者は、「何ファースト」で行くべきか

太平洋の向こうでは、「アメリカファースト」のトランプさんが大統領になったはいいものの国民から

記事を読む

企業は国を越えていけ!:「働き方改革」ができない会社は遅かれ早かれ淘汰される!

<相次ぐ大企業の不祥事> あの大企業の東芝が、ここ数年来大きく揺れている。会社の存亡にも関わり

記事を読む

消費税、来年10月に10%!?

消費税率が上がる ついに、安倍政権は消費税の税率を10%に上げることにゴーサインを出しましたね

記事を読む

大手テレビ局は、学閥で採用か?

テレビという媒体を通して、人前で華やかに見える仕事のアナウンサーですが、採用にあたってはどんな状

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この国はゆるやかな「独裁国家」である

ゆるやかな独裁国家「日本!」旧統一教会関連内閣、そんなこの国で貴方には

企業はホワイトでなければ生き残れない

ホワイト企業2022 8月 ホワイト企業の条件とはどんなことでしょう

物の価格高騰が生活を破壊する。貴方はどうやって暮らしを守ることができるのか。

■値上げラッシュが生活を直撃 この頃では、毎回スーパーに行くたびにご

「#教師のバトン」に見る教師崩壊状況

■今、教育現場がとんでもないことになっている 「#教師のバトン」の中

新卒採用AI選考AI面接導入が進むとどうなっていくのか 不透明な基準。戸惑う学生。

もうすでにAIは新卒採用に取り入れられていますが、エントリーシートの合

→もっと見る

PAGE TOP ↑