*

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み

全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持ち込まれるのは当たり前のことです。まがりなりにも労働局は労働者の立場に立ったスタンスをとるべき立場だからです。

持ち込まれる相談で何年もトップの座にあるのが、パワハラ(セクハラ等を含む)の問題のようです。次が、休憩時間や労働時間、特に残業時間の多さについて。そして賃金が上がらない問題の3点セットのようです。

まとめると
●パワーハラスメント問題
●労働時間の問題
●賃金の問題

となりますが、いわゆる鉄板問題と言っていいだろうと思います。

そのどれもが、昔から連綿とあるものですし、今更これじゃぁ欧州先進国に取り残されてしまうのも最もだなあという印象です。「古くて新しい問題」と言えばいいのでしょうか。

はっきり申しまして、これらは既にドイツなど先進国では日本の状況とは比べ物にならないほどクリアーされている問題なのですが。

なぜこの国はこうなのか?

元々、経営者側と労働者側は対立すべき位置にあるはずなのに、日本ではその対立が曖昧な状態だからではないでしょうか? 会社が儲かれば労働者にも必ず分け前は増えるものという甘い感傷が、なぜかこの国の労働者にはメンタルとしてあるのです。

私に言わしてもらえば、「だから、裏切られるのだ。」ということです。日本人は自分たちが階級社会に生きていることをなぜか感じ取れずに、日々の不満があってもそれを「要求」にまで育て上げ切れていない。

だから「交渉」が成立しない。特に労働組合が弱体化の一途をたどる状況の中では、経営者(資本家)有利の状態はひっくりかえせないのです。もう一度言います、経営者は通常株主には気を使いますが、労働者のことを忖度などはしません。

ですから交渉が必要なのです。交渉力とは一人よりも二人、二人よりも100人、百人よりも千人のちからを背景にした方が強くなります。そのために、労働者は労働者としてまとまり(通常は労働団体)を形成して、その要求を実現させるのに有利な政治状況を作るために、政党を選びます。ことによっては「労働党」を自ら作って政治を動かそうとします。

その勢力が強くなれば、社会情勢が変わり、政治が動き、労働者の待遇がよくなります。今、長らく超保守な政党が政権を担当運営していますが、キャリアの公務員たちは政権を忖度ばかりして、国民の方など見ていません。

市民団体の裁判が高裁や最高裁で国寄りの判決ばかりで、三権分立の市民社会の名が泣いてばかりいるのは、裁判官という公務員の質が落ちていることだけが原因なのではなく、本来公務員という生き物が公僕ではなく自己保身に走るばかりの存在であることを意味しています。

まずは労使交渉を目指そう

パワハラの問題も、労働時間の問題も、賃金の問題もすべて労働条件の中核的な内容ですから、交渉のテーブルに上げてガチで闘いましょう。この国ではそのためには組合を組織することが一番の効果的な方法ですが、これからの時代は様相が違ってくるかもしれません。

キャリアを武器に転職するときなどには、個人でもバンバン交渉するような時代がもうそこまできているのかも知れません。外国の雇用契約書には業務の内容が詳しく規定されていることが多いのだそうです。

例えば、外国映画で学校教師が自ら掃除をする場面などはまずありませんが、それはたぶん雇用契約の中に掃除をするという項目がないからだと考えられます。欧米では職種が重んじられるのでそれ以外の雑務は契約になければ拘束されないのが普通なのです。

ですから、その分ガチで契約交渉をするのです。少しでも有利な契約を勝ち取るために。

スポンサーリンク

関連記事

2018年、最低賃金の改定と取り巻く社会状況 

中央最低賃金審議会の答申 真夏のこの時期、例年のように中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関

記事を読む

新聞では大見出しで「電◎社長、違法残業を謝罪」とあったが…

これは、電通の侵入社員であった高橋まつりさんのご遺族のコメントの場面です。お母さんは、電通社長の

記事を読む

某S市のシルバー人材センター、説明会に行ってみた件

O・T氏(シルバーさん)からの報告 60歳を超えてしまった我が身を恨めしく思いながらも、背に腹

記事を読む

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀作が並んだ。表題の作品は、「未

記事を読む

大手テレビ局は、学閥で採用か?

テレビという媒体を通して、人前で華やかに見える仕事のアナウンサーですが、採用にあたってはどんな状

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集中支援するということを盛り込ん

記事を読む

私たちはどんな時代に生きているのか? 時代に合わせた働き方の選択とは?

働き甲斐のある会社 ある就活サイトの調べでは、以下の観点から見た時の働きやすさトップ10を発表

記事を読む

no image

フリーランスという生き方について考える

    フリーランスとは 最近耳にすることの多くなった「フリーランス」或いは、「

記事を読む

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

IKEA(スエーデン家具)の戦略 全従業員の正社員化とは?

■渋谷・新宿に店舗展開 IKEAと言えば郊外型の、ユーザーは主に

非正規労働者 コロナ禍の綱渡り生活

普通に生活をしている中で、スーパーに行ったり、コンビニに寄ったり、

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

→もっと見る

PAGE TOP ↑