*

内定後の「入社誓約書」という憂鬱!?


それはそれは大変だったあなたの就職活動。
その結果、なんとか無事に内定にこぎつけることができたあなた? 

さて採用までの空白期間には、何をして楽しもうかと浮かれ気分のあなた、旅行でもしてリフレッシュがてらに4月から始まる社会人生活に備えるとするかとワクワク気分のあなた。でも、そうそう浮かれていられますか?

内定の決まった会社の求めに応じて、その後の就活を止めた途端、インターンシップとしての出勤をしているなんてことはありませんか? また、突然手渡された「入社誓約書」の高圧的な文面に暗くなったりしませんか。実は私の娘もそんな状況にあります。娘本人には、どうやら口頭で内定が伝えられたようで、「裁量労働制による採用だとのことです。」

私は、それを聞いてドキリとしました。裁量労働制の改正にあたっては先の国会でも随分ともめたものでした。政府は裁量労働の枠を広げたいあまりにウソのデータまでも出して、あたかも働き方改革の一環でもあるかのように装っていましたが、野党には非常に不評でした。

それは、「裁量労働」という口実を隠れ蓑として、残業代を払わずにどこまでも労働者をタダ働きで酷使できるからです。電通の高橋まつりさんの自殺で社会的に問題となったことから、働き方改革が大きく叫ばれてはいるものの、まだまだ企業は隙さえあれば、そのエゴイズムをむき出しにして、自民党政権を自分たちの利益のために使うことは止めていません。

入社誓約書の半端ないおぞましい内容とは

私の娘はITベンチャー企業に内定したものの、正式な文書での内定通知書は送られてきておらず、労働条件の通知など労働者にとって重要な情報は伝えられないまま、ある時、「入社成約書」を手渡されたというのです。

その文書を私も見てみました。すると予測はしていたもののかなり高圧的な文面がそこには記されていたのです。以下に、14条からなるその入社誓約書のいくつか気になる条文についてコメントしてみたいと思います。

  第3条
 「貴社の就業規則その他諸規程、指示、命令に従うこと、規律の遵守」に      ついて書かれています。

 

この内容は、労使対等の精神から逸脱していると考えるべきであろうと思われます。本来、基本的には会社の「雇用」や「給与」と社員の「労働」が対等に釣り合っていなければならないと思うからです。

常に、雇用者側が指示・命令を出す主体であり、社員が常に指示、命令に従うだけの客体であるという設定のあり方は、すでに先進国に後れを取っていると思います。

特に裁量労働制の雇用であるならば、社員自身の労働に関する主体性が担保されているはずだから、論理的に矛盾を孕んでいると指摘せざるを得ないところであります。

 第8条
 「業務都合による出向の場合は、その期間中貴社を退職することなく誠実
  に勤務すること。」が求められています。

 第11条
 「業務の都合により勤務内容、勤務場所その他就業条件の変更があっても
  異議を申し立てないこと」が求められています。

 

これらは、この国では当たり前のことかもしれないが、高度に契約社会である先進国では考えられないことです。転勤や出向など、重要な勤務場所の変更は労働条件の大きな変更であり、欧米では労働契約を作り直すのが常識であります。それが会社側からの要求であれば、それなりの引き換えとなる好条件を提案すべきでありましょう。それが対等な契約というものの本来の意味であるはずです。

このように、この国では労働契約上の労使間の力関係が健全に保たれていないと思います。だからこそ労働組合というものの存在があってしかるべきなのですが、労働者自身がその権利をドブに投げ捨ててきたという経緯が続いていると言わざるを得ないですね。是非とも再考してみたいものであります。

「会社が強くて当たり前」は時代遅れ?

もういい加減にこの国も世界の常識的程度には進歩して欲しいものです。そう思いませんか? いつまでも「井の中の蛙」状態であってはいけません。労働契約のあり方然り、学校教育の在り方然りなのであります。この国は、月とスッポンほど遅れてしまっているのですから。

人は、どのような職場であっても、そこでの人間関係によって楽しかったり辛かったりするという側面があります。しかしながら、その土台には労働契約があり、その内容の良し悪しによっては、トラブルの時に不利益を被ったりすることになりますので、あなたも決しておざなりにすることなく契約内容を研究しておくようにしましょう。
 就活・転職情報

 

サイト管理人の泪みつるです。
今どきは、「働き方改革」が叫ばれており、その一環としても労使の労働契約上の対等な関係が確立することを望むものです。ことに日本の場合、「契約」というものが社会に浸透していない節があって、何か重要なことであっても何となくの前例主義や曖昧な状況のまま放置されていることが多いように思います。もうそんな時代ではないのです。

この先、もっと世界は狭くなりグローバルな感覚が必要となるときにいまのままでは、賃上げも遅れてしまうような危惧もあります。もっと、闘って勝ち取ることも必要かも知れませんね。

関連記事

就活のルールがなくなるって本当??

波紋を呼ぶ経団連の会長発言! 数年後から「就活ルールを決めないことにする」(これまでのルールを

記事を読む

働き方改革!正社員と非正規労働者、「同一労働同一賃金」の行方は?

最高裁が「賃下げ容認」 長沢運輸(横浜市)を定年退職後に嘱託社員として再雇用されたトラック運転

記事を読む

テレビドラマ「就活家族」に寄せて

テレビドラマ「就活家族」を見ていると、視聴者はついつい自分の身の上と引き比べて身につまされる

記事を読む

私の「面接」体験

最近、私は自分の住む町で市役所が募集している「嘱託職員」募集のある職種に応募してみました。そ

記事を読む

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの会社名が並びました。これについ

記事を読む

会社説明会解禁!今年は売り手市場?

  企業のおごりで懇談会[/caption] 就活はほんとに売り手市場? 3

記事を読む

転職、U・Iターンの魅力はどんなこと

「転職」と「U・Iターン」どちらが先にありき? Uターンによる転職の場合には、仕事の内容や条件

記事を読む

「〇電」元会長ら無罪主張

電力会社と言えば、この国のそれぞれの地域で超安定的な企業であり、電力販売の自由化がなされた現在で

記事を読む

採用時の労働契約書は書面で交わそう

ここでは、雇用の際には是非労働契約書を書面で交わしましょうというオススメの話です。それが正規の雇

記事を読む

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

→もっと見る

PAGE TOP ↑