*

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策

新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上げを行う企業の法人税を軽減し、課税所得に対する税額の割合(実質負担)を20%台半ばまで下げる案を検討していることが分かった」とある。

すべての企業に適用される法人実効税率(18年度は29.74%)自体の引き上げは見送り、賃上げをする企業を減税するというもの。

一方、利益を上げながら賃上げに動かない大企業は「研究開発減税」の対象から除外して、優遇策と圧力を組み合わせて、賃上げの方向へと誘導したい模様である。

効果を期待したいものである

できれば、このような政策は大企業に留まらず、中小企業まで右へ倣いできるような内容へと導いて欲しいものである。そうして日本全体を牽引して欲しいと思う。

さらには、期限付きの時限立法などではなく、恒常的なメイン政策に据えて欲しいものである。政権が本当に労働者庶民のことを考えているのならば、それくらいは当然のこととして実行してほしいものである。

しかし、危惧される点がある

12月早々の新聞記事には、政権政党である自民党と経済界の癒着状況を表す莫大過ぎる企業献金の記事があった。

それによると、今ある一強他弱の国会での勢力状況は、自民党を企業献金が大きく下支えしていて、その豊富な資金力が選挙での勝利を呼び込む原動力となっており、つまり両者は共存共栄の関係にあると指摘している。

そうなると、企業に不利な政策はやがて骨抜きにされて、有名無実化されてしまわないだろうかという心配がある。自民党が相思相愛の関係にある企業たちを、果たしてどこまで説得できるだろうか?それが、私の心配のしどころである。

庶民のために動かない政党は国民の一票により淘汰されるべき

選挙に勝利して手に入れた政権であるならば、国民(市民)に寄与せず企業にのみ従うのならば、選挙の力で淘汰すべきであるというのが私の考えである。

国民こそが主権者であるということを、骨の髄まで解らせてあげなくてはいけません。企業と政権政党だけで、国全体が拘束されるのは、未来思考的ではなく、欧州社会への立ち遅れをますます助長させるだけのものでしかないのです。

すでに言い古されたことではありますが、「国民(市民)の国民による国民のための政治」を目指すのが民主主義の基本理念でなければなりません。「金持ちの金持ちによる、金持ちのための政治」ではダメなのです。

副業のススメ

スポンサードリンク


関連記事

新聞では大見出しで「電◎社長、違法残業を謝罪」とあったが…

これは、電通の侵入社員であった高橋まつりさんのご遺族のコメントの場面です。お母さんは、電通社長の

記事を読む

「採用に追い風、人出不足バブル期並み」とは言うけれど

  今春大学を卒業した人の就職率(希望者に対しての)は、4月1日時点で97.6%とな

記事を読む

働き方改革!正社員と非正規労働者、「同一労働同一賃金」の行方は?

最高裁が「賃下げ容認」 長沢運輸(横浜市)を定年退職後に嘱託社員として再雇用されたトラック運転

記事を読む

日本は最低賃金が低すぎる!あなたは正しく怒る勤労者であれ!

私たち勤労者は、単位時間当たりいくらの金で雇われ、仕事をするという拘束を受けて、搾取されています

記事を読む

たまには肉体労働もいいものダ!

  「小取り」作業をしてます 私は、最近とある超零細なサッシ屋さんでいわゆる「

記事を読む

衆議院選挙を前にして、政局が荒れている

 庶民が正しく切れる時 今、北朝鮮問題や中国との尖閣諸島にまつわる諸問題、ロシアとの領土問題な

記事を読む

「〇電」元会長ら無罪主張

電力会社と言えば、この国のそれぞれの地域で超安定的な企業であり、電力販売の自由化がなされた現在で

記事を読む

フリーランスという生き方

今では、フリーランスとして登録者を企業に紹介する専門的な会社もある。ある紹介会社を検索し

記事を読む

あなたの収入、それで毎月生きていけますか?

標準生計費とは 総務省の算出した標準生計費では、18歳~24歳の単身勤労者世帯について「全国消

記事を読む

no image

フリーランスという生き方について考える

    フリーランスとは 最近耳にすることの多くなった「フリーランス」或いは、「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑