*

自民惨敗、都民ファーストの会は、ほんとの市民社会を確立できるか?

私たち勤労市民(労働者)にとって、自民党政治は何の恩恵うも与えてくれない政権であることを御存じですか?そしてそれがなぜかということについて考えたことがありますか?

答は簡単です。自民党勢力とその議員はすべて資本家、経営者、金持ち階級の中から、その勢力の利益を代表するという形で登場してくるものだからです。つまり、彼らは「金持ちの、金持ちによる、金持ちのための政治」を目指しているのです。

本来、ヨーロッパなどの健全な政権とは、そう反する階級間の利益を調整する役割を担い、最大多数の最大幸福を目指すものとしてまがりなりにも活動しています。

そのためには、富の再分配によってできるだけ国民全体の生活レベルを平準化する必要があります。事実欧州の福祉国家などは、その域に達している国がザラにあります。

ところが、日本の場合政治の事情が異なります。政権党の自民党は、常に、資本家階級の利益ばかりを優先させ、私たち勤労市民には我慢ばかりをさせてきたのです。

高度経済成長時代やバブル時代があったじゃないか?

たしかにそういう時代がありました。そして多くの国民が潤ったかのように見えた時代でした。しかし、よく考えてみて下さい。そのような経済循環は、決して自民党政権が呼び込んだものではありません。たまたまそういう経済循環の時期にあたっただけです。

その証拠に、バブルがはじけた時には、自民党政権はなにも改善策はできませんでした。その時彼ら経営者たちは、底辺の労働者を力で押さえつけて、それを踏み台にすることで自分たちだけが生き延びるために、政権と結託して我々にただただ忍従を強要し続けてきました。

今日も、それがそのまま続いています。正社員は、派遣社員に代えられ、異常に低い最低賃金で我々は労働と大切な時間を買い取られ、黙らせられている実情にあります。

労働者は、黙ったままでいいのか?

あなたも、私も普通に働いて、そこそこの生活ができるような賃金をもらいたくありませんか?たまには、旅行ぐらいできて、恋人ができたら結婚だってしたい。子どもができれば、それなりに教育費はかかるのです。

住環境だって、1DKに家族で住むわけにはいかない。通勤に何時間もかかるようなところにしか、住宅も構えられないなんて、この国、どうかしていませんか。私たちは、憲法に保障された文化的最低限度の生活をしたいだけなのです。ただそれだけなのです。

なのに、それが今可能ですか? ノーではありませんか? ならば、それは国の政治が悪いのです。そうとしか言いようがないのです。

だから、みんなで、政治を監視しましょう。市民のためにならない政治家、精力、政権ならば変えてしまいましょう。それが主権者である私たちにはできるはずです。

リンカーンの言葉である「人民の、人民による、人民のための政治」 これこそが重要です。

今回、受け皿としての「都民ファーストの会」が登場しました。それをもよく監視して、よりよい政治をさせていこうではありませんか。主権者は国民一人一人なのですから。政治に対して遠慮などはいりません。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク

関連記事

日本は最低賃金が低すぎる!あなたは正しく怒る勤労者であれ!

私たち勤労者は、単位時間当たりいくらの金で雇われ、仕事をするという拘束を受けて、搾取されています

記事を読む

労働者は、「何ファースト」で行くべきか

太平洋の向こうでは、「アメリカファースト」のトランプさんが大統領になったはいいものの国民から

記事を読む

内定後の「入社誓約書」という憂鬱!?

それはそれは大変だったあなたの就職活動。その結果、なんとか無事に内定にこぎつけることができたあな

記事を読む

あなたの収入、それで毎月生きていけますか?

標準生計費とは 総務省の算出した標準生計費では、18歳~24歳の単身勤労者世帯について「全国消

記事を読む

裁量労働制拡大の問題点とは?

国会審議でも、「裁量労働制の適用拡大法案」に関する問題点が噴出して、大モメにモメていますが、あら

記事を読む

消費税、来年10月に10%!?

消費税率が上がる ついに、安倍政権は消費税の税率を10%に上げることにゴーサインを出しましたね

記事を読む

教員の働き方改革?文科省「緊急対策」の内容は?

残業に手当の出ないブラックさ 超ブラックな職場の呼び声高い学校現場のあまりに悲惨な現状に、文科

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策 新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上

記事を読む

差別的企業倫理と権力者のウソを撃て!

8月3日の新聞には珍しく刺激的な記事がいくつも並んでいました。私たち真面目に働く勤労市民にとって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

→もっと見る

PAGE TOP ↑