*

あなたの収入、それで毎月生きていけますか?

標準生計費とは

総務省の算出した標準生計費では、18歳~24歳の単身勤労者世帯について「全国消費実態調査」(平成21年)のデータをもとに、これに消費者物価、消費水準の変動率を加味して、2015年の4月の費目別標準生計費を算出したとあります。

<費目>    ※世帯人数 1人(ここでは、世帯人数2~5人については割愛します)

 食 料 費  27,800円 (食料)
 住居関係費  43,190円 (住居、光熱・水道、家具・家事用品)
 被服・履物費  4,740円 (被服及び履物)
 雑 費 Ⅰ  27,370円 (保健医療、交通・通信、教育、教養娯楽)
 雑 費 Ⅱ  11,620円 (その他の消費支出)
   計  114,720円

 

ここにある「114,720円」という金額について、これを読んでくださる読者のみなさんは、どう感じられるでしょうか? 筆者は「非常に低く見積もられている」という印象を禁じ得ません。

住居関係費がかなり実際よりも低いと感じられますし、税金関係・年金関係がこの額には反映されていません。非正規労働者の場合には、所得税、市・県民税、国民年金はこれらの費目とは別に請求される可能性が高いですから、所得に対してそれらの年額トータルを12分割して、月の標準生計費に加えなければならないと思います。

ただし、所得に応じて税金、年金、健康保険料は違いがありますから、そのことも分かるように所得金額を階層別にして「標準生計費」を明記すべきではないでしょうか。所得によって税金額が違うのですから、生計費もおのずと違ってきます。自分がどこに位置するかが判然としないのはいただけません。

総務省の出したものには、健康保険料のみが含まれているようです。それにしても、政府はどうして、このように生計費を低く見積もろうとするのでしょうか? まるで、国民に給与収入が少なくても生活できるのだから、安給料に我慢して不平も言わずに働きなさいとでも言いたいのでしょうか。

これでは、「健康で文化的な最低限度の生活」は保障されないと、筆者は思うのですが、あなたはどう思われますか?

内閣府の発表した「2015年度の一人当たり県民所得」(※2018年9月発表)

これによると、県民所得は、全国平均で一人当たり319万円(前年度比3.3%増)となったとあります。これも、低所得層にとってみれば何か実感とはかけ離れた印象を持ちますがどうでしょうか。

全国分を表にまとめてみました。

一人当たり県民所得(2015年)

 1 500万円以上 東京(5,378千円)
 0 450万円~500万円 なし
 0 400万円~450万円  なし
 2 350万円~400万円 愛知(3,677千円) 三重(3,556千円)
 9 300万円~350万円
全国平均319万円
栃木(3,481千円) 富山(3,373千円) 静岡(3,316千円)
福井(3,196千円) 群馬(3,145千円) 大阪(3,127千円)
茨城(3,079千円) 広島(3,074千円) 滋賀(3,058千円)
 25 250万円~300万円

宮城(2,987千円) 神奈川(2,986千円)埼玉(2,977千円)
石川(2,949千円) 京都(2,942千円)福島(2,941千円)
長野(2,927千円) 香川(2,925千円) 徳島(2,921千円)
千葉(2,920千円) 山梨(2,785千円) 新潟(2,778千円)
山口(2,774千円) 岩手(2,760千円) 岐阜(2,755千円)
兵庫(2,752千円)岡山(2,744千円) 和歌山(2,738千円)
福岡(2,724千円) 山形(2,677千円) 島根(2,647千円)
大分(2,619千円)北海道(2,589千円) 愛媛(2,535千円)
高知(2,532千円)

 10 200万円~250万円 奈良(2,494千円) 青森(2,462千円) 熊本(2,438千円)
秋田(2,420千円) 佐賀(2,412千円) 長崎(2,388千円)
鹿児島(2,384千円)宮崎(2,315千円) 鳥取(2,249千円)
沖縄(2,166千円)

 

この結果を見てどう思いますか?

・東京の一人当たり平均所得が突出している。
・全国平均は、金額的にかなり上位の位置にあり、なぜそうなのか納得しにくい。
・最低賃金の高い神奈川や埼玉・千葉が、それほど上位にきていない。
・地域や県によって、かなりの所得格差が大きい。それは、産業集積の量の差か?
・愛知・三重が高いのはトヨタ関係の自動車関連産業の集積があるからか?
・北陸地域は案外と所得が高い。

平均という魔術はクセ者で、あたかもみんながそのレベルにあるのかと錯覚しがちですが、実は貧困層ははるかにそれ以下なのです。信じられないほどの高額所得者(少数)から虫の息で生きている低所得者(多数)までのすべてを合わせて合計し、頭割りするとその数値になるのですから。

ですから、国としての問題は生活に苦しむ低所得者を救いとるセイフティーネットをどう構築するかだと思います。底辺の人々に目を向けるボトムアップの政策を強力に推進して欲しいのです。防衛費ばかりを巨額に伸ばしている場合ではありません。もっと、国と金持ちは国民に奉仕すべきです。

有効求人倍率

政権が自慢するように有効求人倍率が上昇し、採用の場が増えていることは、もちろん悪いことではありません。求職者や転職希望者には若干の朗報かも知れません。しかし、採用意欲の高い職種は建設業など、もともと人手不足が甚だしい分野が多く、しかも「きつい」「危険」「汚い」のいわゆる3K職場が多いことも事実です。

非常にいびつな偏りが感じられます。女性しか雇わない、シニヤはご遠慮くださいなどの、求職者とのマッチングが上手くいかないからこそ、失業者が減らない状況です。金持ちは自分で生きていけるのですから、貧困層こそ救うべき対象です。それが社会の安定をもたらすのです。

詳しい就活・転職情報


<サイト管理人の泪です>
日本の社会構造は、福祉国家とも言い難く、労働者のための国でもなく、資本家・企業のための国である側面がとても強い国です。企業の言いなりになる行政も問題です。もっと庶民の力で住みやすい国になればいいですね。

関連記事

「お仕事ドラマの女王?」って知ってますか? それは吉高由里子ちゃんのことらしい??

「正義の味方」、「私定時で帰ります」、「知らなくていいこと」と三つのドラマをたて続けに見た。いず

記事を読む

日本の「働き方改革」内容寒し!実行するならドイツのやり方をマネるべし!

勤労者を法律で大事に保護する国=ドイツと、勤労者を搾取する企業から国民を守れないでいるこの国(日

記事を読む

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀作が並んだ。表題の作品は、「未

記事を読む

企業は国を越えていけ!:「働き方改革」ができない会社は遅かれ早かれ淘汰される!

<相次ぐ大企業の不祥事> あの大企業の東芝が、ここ数年来大きく揺れている。会社の存亡にも関わり

記事を読む

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集中支援するということを盛り込ん

記事を読む

時給750円で某S市役所駐車場のバイトをしてみた

市役所の機能 市役所では、3月という月、年度替わり寸前の大層な繁忙期なのです。それは多くの人々

記事を読む

【就活】接客の多い職種では、尊敬語・謙譲語をマスターする

企業の受付は、ある意味その会社の顔でもある。だから受付での顧客対応はその会社の第一印象を大きく左

記事を読む

しゅうかつ川柳には、悲哀がいっぱい!

川柳のブラックユーモアがイケてる 就活をテーマにした川柳って、いつごろからあるんでしょうか?

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

私たちはこんな国に生きている

  最近の国会の茶番劇をみていて、もう笑うしかないのはわたしだけでしょうか。「忖度」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

IKEA(スエーデン家具)の戦略 全従業員の正社員化とは?

■渋谷・新宿に店舗展開 IKEAと言えば郊外型の、ユーザーは主に

非正規労働者 コロナ禍の綱渡り生活

普通に生活をしている中で、スーパーに行ったり、コンビニに寄ったり、

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

→もっと見る

PAGE TOP ↑