*

消費税、来年10月に10%!?

消費税率が上がる

ついに、安倍政権は消費税の税率を10%に上げることにゴーサインを出しましたね。皆さんはどう思いますか? 賛成?反対?それとも諦め?でしょうか。

そもそもこの国の消費税は最初、1989年4月に竹下内閣政権下で導入されました。当時は相当の反発があり、今の比ではありませんでした。以後、以下のような進捗です。
①1989年4月・・・3%導入
②1997年4月・・・3%から5%へ
③2014年4月・・・5%から8%へ
④2019年10月・・・8%から10%へ(?)

①から②へは8年、②から③へは7年、③から④へは5.5年とだんだん改正速度が速くなっています。それだけでなくもともと、改正までが10年と長持ちしていない状況です。そのことが予測されたので、私たちは当初強く反対してきたのです。

つまり、一度導入してしまえば率を変えることは政権にとってそう難しいことではなくなるのです。税金を上げる前に政権がやるべきことは、アメリカとのお付き合いで多額の防衛機材を買ったり、地球温暖化対策でムダ金を使うことを止めるなど、できることはたくさんあります。それだけでも数兆円は節約できると思います。

欧州のどこかの国では、国会議員の登庁は自転車でやってくると言うではありませんか。彼らにグリーン車など必要ありません。庶民と共に移動すべきです。

消費税の性格は

消費税とは、金持ちからも私のような貧乏人からも同じ額の税金を取り立てるもので、つまり逆累進性の強い性格です。金持ちにはダメージが少なく、貧乏人ほどダメージが大きいのです。それが、10年もしないうちにボンボン上がっていくのに貴方はこれ以上耐えられますか?

※累進課税とは、所得や利益に応じて税金の率を決めるものです。平たく言えば、お金持ちはたくさん税金を払い、貧乏人は少なく払うというものです。消費税は累進課税ではありません。

軽減税率の導入とそれに伴う混乱

食料品・新聞には軽減税率を適用するものの、外食には10%でテイクアウトには8%適用と言う風に、同じ店の同じ商品に2種類の価格が生じることになるわけです。コンビニなどでは飲食とテイクアウトに線引きが微妙になりますし、出前は8%と言いますから変な話です。

回転ずしなどではテイクアウトが増えて、収益が下がるだろうと言われています。席で食べるついでにあれもこれもという購入が無くなるからです。

クレジット払いに優遇措置がなされることも、今回のポイントのようですが、カード払いの少ない貧乏人・高齢者・子どもなどは不利ですし、中小零細の店舗側も迷惑することでしょう。対応にかかる費用は商品価格を値上げすることで対応せざるを得ないでしょうから、結局は商品価格がダブルで値上がることになることでしょう。

そんなことならば、法人税の税率を上げる方が問題が少ないのではないでしょうか?

庶民のあなたにはどんな影響が予想できるか?

これまで消費税を導入した後や、税率を上げたあとは、消費者の買い控えが起こり必ず不景気が訪れていました。そのこととの関係でそのことの近い選挙では、自民党が大敗するということも起こりました。

今回も、政権は不景気を予測していていろんな方策をうつと言っています。つまり不景気はやってくるのです。それで困るのも我々庶民です。
「金持ちはいいな」ですね!

不景気なのに物の値段が上がることが予想できます。そして雇い主は消費税率の上げの影響で、不景気が来たと貴方への給与を上げないばかりか、もしかしたら切り下げることをしてくるかも知れません。タダでさえ消費税の支出は増えるのに、給与は上がらないとダブルいやトリプルパンチで生活はますます苦しくなることでしょう。

・物の値段が消費税率以上に上がる。
・あなたの給与は上がらない(不景気や経費拡大を理由に)
・あなたは、不景気を理由にリストラに合うかもしれない。
・あなたの生活は今より苦しくなる。

これらが私の予想です。多分当たると思いますが。。。
詳しい就活・転職情報

スポンサーリンク

関連記事

2018年、最低賃金の改定と取り巻く社会状況 

中央最低賃金審議会の答申 真夏のこの時期、例年のように中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関

記事を読む

裁量労働制拡大の問題点とは?

国会審議でも、「裁量労働制の適用拡大法案」に関する問題点が噴出して、大モメにモメていますが、あら

記事を読む

労働者は、「何ファースト」で行くべきか

太平洋の向こうでは、「アメリカファースト」のトランプさんが大統領になったはいいものの国民から

記事を読む

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み 全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持

記事を読む

偏差値教育と「働き方改革」の行く末は? この国で働くということ

「偏差値教育」というものは先進国にはない 日本ではごくごく当たり前の偏

記事を読む

就活生の「学歴フィルター」とは? その存在やいかに?

大学名で差別選別されるシステムはあるのか? 就活生にとって、とても気になる話だと思うのですが、

記事を読む

「電〇違法残業」事件、正式裁判へ

広告代理店「〇通」事件 新聞報道によると、広告代理店電〇の違法残業事件で、東京簡易裁判所は12

記事を読む

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集中支援するということを盛り込ん

記事を読む

教員の働き方改革?文科省「緊急対策」の内容は?

残業に手当の出ないブラックさ 超ブラックな職場の呼び声高い学校現場のあまりに悲惨な現状に、文科

記事を読む

日本の「働き方改革」内容寒し!実行するならドイツのやり方をマネるべし!

勤労者を法律で大事に保護する国=ドイツと、勤労者を搾取する企業から国民を守れないでいるこの国(日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もしもブラック企業に就職してしまったら…あなたはどうする??

◇貴方がブラック企業に就職してしまったら ◇社員

ビックモーター従業員の皆さん! パワハラ提訴の準備をしましょう

■この国のブラック企業への甘い対応が事を肥大化させた この国の体制が

ビックモーターは労働者の敵だ‼‼(緊急告知)

事の本質は何か? ビックモーターの保険金詐欺の話が大きなニュースにな

この国はゆるやかな「独裁国家」である

ゆるやかな独裁国家「日本!」旧統一教会関連内閣、そんなこの国で貴方には

企業はホワイトでなければ生き残れない

ホワイト企業2022 8月 ホワイト企業の条件とはどんなことでしょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑