*

働き方改革!正社員と非正規労働者、「同一労働同一賃金」の行方は?

最高裁が「賃下げ容認」

長沢運輸(横浜市)を定年退職後に嘱託社員として再雇用されたトラック運転所の鈴木三成さん(64)は、「同一労働同一賃金」を求め訴訟を起こしていた。定年退職前と嘱託職員での仕事の内容や時間に全く変りはないのに、給与や手当がカットされ、500万円を超えていた年収は380万円に大きく減ったというのです。

最高裁の判断は、格差の妥当性を判断するには定年後の再雇用という事情も考慮すべきだというもので、その上で「格差の大部分は不合理ではない」との結論を示したとあります。私などはこのような判決に絶望的な憤りを禁じ得ません。

この事例にはいくつもの日本社会の歪みが反映されている

1.政治的歪み

このように保守ガチガチの政権が長く続いているこの国では、官僚も裁判所も政権とその政党に対して、日々忖度することに明け暮れていて、主権者たる国民のことをまったく振り返らないという歪みは非常に大きい。最悪の忖度社会状況なのであります。

2.「同一労働同一賃金」の必然性に逆行している

「働き方改革」の大きな根拠となる柱である、「同一労働同一賃金」という理念を非正規労働者だから諦めなさいという本末転倒した理由になっているのです。本来の働き方改革は、この逆の考え方からくるものです。

つまり、正規社員だろうが非正規社員だろうが、派遣社員だろうが、パート・アルバイト社員だろうが

関係なく労働の質によって賃金のあり方を決めようというものです。この改革の本旨を全く理解しない裁判所の態度に「時代を逆行させることを許さない。」という罰を与えなければなりません。

3.総ての労働者に敵対している

これは定年退職者に限定された差別賃金の問題ではなく、若い世代のアルバイト・パートにも派遣社員にも、結婚や出産子育てなどで非正規労働に転換した女性等にもすべて当てはまることです。「正社員でないなら諦めろ」という最高裁のスタンスです。

この国の憲法の理念である、国民主権にも生存権にも違反した時代遅れの化石のような最高裁判所など、国民に敵対するものは必要ない、イヤイヤそれでは言葉が足りないです。必要ないどころか、ホントに邪魔(ジャマ)なのです。

まさに、この国の状態は「病膏肓に至る」(病コウモウにいたる)ってヤツでしょうか。そんな意味で、この国に必要なことは真の意味での「革命」と「改革」なのかも知れませんね!
こんなに福祉の遅れた国でありながら、正当な賃金さえ保証できない政府なら、国民はトップをすげ替えて国民に従う政府を作るべきでしょう。あなたもそう思いませんか?

スポンサードリンク

関連記事

カルロス・ゴーン氏逮捕で日産自動車が大変なことになっているが、、、

  有価証券報告書への収入の記載漏れ? 各種・各方面からのニュース等で、すでにあなたもご存知

記事を読む

新聞では大見出しで「電◎社長、違法残業を謝罪」とあったが…

これは、電通の侵入社員であった高橋まつりさんのご遺族のコメントの場面です。お母さんは、電通社長の

記事を読む

差別的企業倫理と権力者のウソを撃て!

8月3日の新聞には珍しく刺激的な記事がいくつも並んでいました。私たち真面目に働く勤労市民にとって

記事を読む

衆議院選挙を前にして、政局が荒れている

 庶民が正しく切れる時 今、北朝鮮問題や中国との尖閣諸島にまつわる諸問題、ロシアとの領土問題な

記事を読む

労働者は、「何ファースト」で行くべきか

太平洋の向こうでは、「アメリカファースト」のトランプさんが大統領になったはいいものの国民から

記事を読む

フリーター、非正規の憂鬱まとめ

今あなたが、自分の転職と思えるような仕事に就き、日々充実して生き生きと生活ができている人は幸

記事を読む

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み 全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持

記事を読む

自民惨敗、都民ファーストの会は、ほんとの市民社会を確立できるか?

私たち勤労市民(労働者)にとって、自民党政治は何の恩恵うも与えてくれない政権であることを御存

記事を読む

内定後の「入社誓約書」という憂鬱!?

それはそれは大変だったあなたの就職活動。その結果、なんとか無事に内定にこぎつけることができたあな

記事を読む

消費税、来年10月に10%!?

消費税率が上がる ついに、安倍政権は消費税の税率を10%に上げることにゴーサインを出しましたね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑