*

裁量労働制拡大の問題点とは?

国会審議でも、「裁量労働制の適用拡大法案」に関する問題点が噴出して、大モメにモメていますが、あらかじめ想定されるブラック現象に対する手当や対策なしの拙速な導入は、必ずや大ごとの元となることでしょう。

今ある裁量制の法律では、弁護士や記者、TVディレクターなどの「専門職型」と企画や調査を担う事務系の「企画業務型」の2種類の職種に限定されていますが、それを営業職にまで適用拡大をしてしまおうというのが今回の政府与党の目論見で、それは経済界からの要求に応えたものであります。

上限なしで社員を酷使しても人件費が抑えられるこの制度は、企業にはありがたく、労働者には過労死促進制度となりかねない悪法である。

「違法に裁量制、社員自殺」の新聞記事

裁量労働制を対象外の社員に違法適用していたとして昨年、厚生労働省東京労働局の特別指導を受けた不動産大手の〇村不動産で、50代の男性社員が2016年9月に自殺し、長時間労働による過労が原因として労災認定されていたことが、関係者への取材で分かった。

把握された残業は最長で月180時間超あった。労働局は昨年12月に特別指導を公表したが、社員の自殺は明らかにしていない。

政府は、裁量労働制の適用拡大を今国会に提出予定の働き方改革関連法案に盛り込む方針だった。安倍晋三首相は国会で働かせ放題にならないかを追求された際、〇村不動産への指導を具体例に挙げ、「制度が適正に運用されるよう今後とも指導を徹底する」と答弁していた。

しかし、指導はできても過労自殺は止められなかったことが判明したことで、首相答弁にに対して野党が反発を強めるのは必至だ。

政府は、提出した労働時間に関するデータがあまりにデタラメであったため、審議の続行を維持すらできずに、働き方改革関連法案から裁量労働制拡大の部分を削除すると表明している。

関係者によると、東京本社に勤めていた男性社員が自殺し、遺族が労災を申請。労働基準監督署が調べたところ、認定基準を超える長時間労働が確認されたとして、昨年12月に労災認定した。

〇村不動産は約1900人の社員のうち約600人に企画業務型の裁量制を適用していたが、労働局の調査で、多くの社員が対象外となる営業活動をしていたことが判明した。〇村不動産は今年4月から裁量労働制を廃止するとしている。

この国の労働環境では、裁量労働制を拡大すると、雇用者の意識が残業を抑制する方向にはこれまで以上に働かなくなるとみて、まず間違いなかろう思われる。ようやく残業時間の抑制が議題に乗りつつある今日において、時代の時計の針を逆回しすることになってしまう公算がきわめて高いと言えそうだ。

「karousi」のある労働実態後進国「日本」を何とかしよう!

「karousi」が国際語として定着してしまったのは、この国の大きな不名誉なことであります。「スゴイですね日本」などという職人の技術礼賛のナショナリズムっぽいテレビ番組さえありますが、労働実態という影の部分をしっかりと見つめていかなくては、未来の光明は期待できないことを肝に銘じるべきでありましょう。

勤労者のためにならない、ふがいない政府・政治家をたたくことは必要ですが、私たち勤労市民にできることも同時に考えてみる必要はありそうです。労働者の防衛手段としての情報収集や、交渉力の拡大も期して力をつけていきたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

消費税、来年10月に10%!?

消費税率が上がる ついに、安倍政権は消費税の税率を10%に上げることにゴーサインを出しましたね

記事を読む

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み 全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持

記事を読む

時給750円で某S市役所駐車場のバイトをしてみた

市役所の機能 市役所では、3月という月、年度替わり寸前の大層な繁忙期なのです。それは多くの人々

記事を読む

メーカーに操られている私たちの消費行動!

パソコン用のプリンターが… 7年間使ってきた某メーカーのプリンター(一応は複合機の装いのもの)

記事を読む

差別的企業倫理と権力者のウソを撃て!

8月3日の新聞には珍しく刺激的な記事がいくつも並んでいました。私たち真面目に働く勤労市民にとって

記事を読む

サポステ(地域若者サポートステーション)は、あなたのピンチを救うか?

サポステ それは、厚生労働省の委託でNPO法人などが運営する就労支援システムです。厚労省は年齢

記事を読む

就活と婚活の悩み、あなたにとってどちらが優先?

ある婚活学校では、男性にはこんな風に指導しているのだそうです。1.自己PR欄には自己PRを書いて

記事を読む

私たちはどんな時代に生きているのか? 時代に合わせた働き方の選択とは?

働き甲斐のある会社 ある就活サイトの調べでは、以下の観点から見た時の働きやすさトップ10を発表

記事を読む

偏差値教育と「働き方改革」の行く末は? この国で働くということ

「偏差値教育」というものは先進国にはない 日本ではごくごく当たり前の偏

記事を読む

2018年、最低賃金の改定と取り巻く社会状況 

中央最低賃金審議会の答申 真夏のこの時期、例年のように中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

コロナ騒ぎの影響は労働者にどんな影を落とすのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀

→もっと見る

PAGE TOP ↑