*

フリーランスという生き方について考える

 

 

フリーランスとは

最近耳にすることの多くなった「フリーランス」或いは、「フリーランサー」とはどんなものでしょうか?でもそれらの職業の多くは、新しく出てきたというわけではありません。それは、いわゆるこれまで自由業と言われきたものの多くがそうであるようです。

例えば、作詞家・作曲家・ミュージシャン・写真家・デザイナー・イラストレーター・アニメーター・作家・漫画家・評論家・通訳・翻訳家・俳優・声優・ライターなどは、これまでも普通に存在してきた職業で、今風に言えばフリーランスです。

また、組織や会社に雇われるのではなく、フリーな立場で業務委託契約で仕事をするような場合もそうです。フリーアナウンサー・フリーナレーター・フリージャーナリスト・フリーライター・塾や予備校の講師業・個人営業のトラック運転手(あの映画「トラック野郎」もそうか?)などが以前から存在したものです。

技術者系でいくと、レコーディングエンジニア・アレンジャー・スタジオミュージシャンなどもそうです。また、ネット時代となりWebデザイナーや、プログラマー・SE(システムエンジニア)など個人事業主となっている場合はフリーランスです。

そうそう、忘れていました。ピアノの先生がそうですね。自宅で生徒さんを何人も取って、お月謝で稼いだり、結婚式のキーボード演奏で荒稼ぎしたりは昔からありました。

その特徴は

見て分かるとおり、それらの仕事はいずれもかなりの才能や高い技術が必要です。それに加えて営業力や強いコネがあれば、高収入が期待できます。また、時流にうまく乗れるかどうかが決め手になるでしょう。

フリーアナウンサーやナレーターなどは、放送局が自社の社員としてのアナウンサーを抱えている中で、それでも外注したいと思わせるような魅力がなければいけません。また、自社で賄うより、外注の方が効率的という分野はいいかもしれません。

ところが、どのような場合でも知名度や信用度が低く、需要が少ない場合には受注量が確保できずに十分な収入が望めないことになります。その場合、下請け的な状態でカツカツの労働力の安売り状態となることも多いでしょう。

資格や技術で稼ぐ

自営業ではなくフリーランスとは、基本的に違うのですが、資格や技術で好待遇の雇われ方をする人たちもあります。例えば、調理師やパティシエなどの免許を持ち、叩き上げの腕前で、好条件から好条件へと店を渡り歩くという生き方もあります。

最近では、医師免許を持つ人がフリーランス的に働いていることもあるようです。特に病院の多い都市部ではそんなことが可能となっているのでしょうか。

いずれにしても、高い技術と資格が必要なことは必須のことであるようです。誰しも一度しかない人生、あなたもそのような道に勝負をかけるのもいいかも知れませんね。

因みに、めずらしいところでは「バイク便ライダー」や「自転車便メッセンジャー」のようなものもあるようです。それは、隙間を狙ったアイデアで稼ぐやり方なのでしょうか。私も嫌いではありません。弱者だからこそのアイデア勝負というのも。

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
スポンサーリンク

関連記事

退職したい人のための「退職代行サービス」利用が増えている

会社の上司との関係が上手くいかない、パワハラの悩みをだれにも相談できない、精神的苦痛と肉体的疲労

記事を読む

就活と婚活の悩み、あなたにとってどちらが優先?

ある婚活学校では、男性にはこんな風に指導しているのだそうです。1.自己PR欄には自己PRを書いて

記事を読む

教員の働き方改革?文科省「緊急対策」の内容は?

残業に手当の出ないブラックさ 超ブラックな職場の呼び声高い学校現場のあまりに悲惨な現状に、文科

記事を読む

大手テレビ局は、学閥で採用か?

テレビという媒体を通して、人前で華やかに見える仕事のアナウンサーですが、採用にあたってはどんな状

記事を読む

マンション管理員の仕事内容とはどういうものか

増えるマンション 最近では大きな都市だけでなく、その通勤圏内にある中小都市などにもマンシ

記事を読む

企業は国を越えていけ!:「働き方改革」ができない会社は遅かれ早かれ淘汰される!

<相次ぐ大企業の不祥事> あの大企業の東芝が、ここ数年来大きく揺れている。会社の存亡にも関わり

記事を読む

私たちはどんな時代に生きているのか? 時代に合わせた働き方の選択とは?

働き甲斐のある会社 ある就活サイトの調べでは、以下の観点から見た時の働きやすさトップ10を発表

記事を読む

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社

記事を読む

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策 新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上

記事を読む

全国100都市成長可能性ランキング

あなたはどんな街で暮らしたいか (株)野村総研は、独自に全国から選択した国内100都市を対象に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

→もっと見る

PAGE TOP ↑