*

フリーランスという生き方について考える

 

 

フリーランスとは

最近耳にすることの多くなった「フリーランス」或いは、「フリーランサー」とはどんなものでしょうか?でもそれらの職業の多くは、新しく出てきたというわけではありません。それは、いわゆるこれまで自由業と言われきたものの多くがそうであるようです。

例えば、作詞家・作曲家・ミュージシャン・写真家・デザイナー・イラストレーター・アニメーター・作家・漫画家・評論家・通訳・翻訳家・俳優・声優・ライターなどは、これまでも普通に存在してきた職業で、今風に言えばフリーランスです。

また、組織や会社に雇われるのではなく、フリーな立場で業務委託契約で仕事をするような場合もそうです。フリーアナウンサー・フリーナレーター・フリージャーナリスト・フリーライター・塾や予備校の講師業・個人営業のトラック運転手(あの映画「トラック野郎」もそうか?)などが以前から存在したものです。

技術者系でいくと、レコーディングエンジニア・アレンジャー・スタジオミュージシャンなどもそうです。また、ネット時代となりWebデザイナーや、プログラマー・SE(システムエンジニア)など個人事業主となっている場合はフリーランスです。

そうそう、忘れていました。ピアノの先生がそうですね。自宅で生徒さんを何人も取って、お月謝で稼いだり、結婚式のキーボード演奏で荒稼ぎしたりは昔からありました。

その特徴は

見て分かるとおり、それらの仕事はいずれもかなりの才能や高い技術が必要です。それに加えて営業力や強いコネがあれば、高収入が期待できます。また、時流にうまく乗れるかどうかが決め手になるでしょう。

フリーアナウンサーやナレーターなどは、放送局が自社の社員としてのアナウンサーを抱えている中で、それでも外注したいと思わせるような魅力がなければいけません。また、自社で賄うより、外注の方が効率的という分野はいいかもしれません。

ところが、どのような場合でも知名度や信用度が低く、需要が少ない場合には受注量が確保できずに十分な収入が望めないことになります。その場合、下請け的な状態でカツカツの労働力の安売り状態となることも多いでしょう。

資格や技術で稼ぐ

自営業ではなくフリーランスとは、基本的に違うのですが、資格や技術で好待遇の雇われ方をする人たちもあります。例えば、調理師やパティシエなどの免許を持ち、叩き上げの腕前で、好条件から好条件へと店を渡り歩くという生き方もあります。

最近では、医師免許を持つ人がフリーランス的に働いていることもあるようです。特に病院の多い都市部ではそんなことが可能となっているのでしょうか。

いずれにしても、高い技術と資格が必要なことは必須のことであるようです。誰しも一度しかない人生、あなたもそのような道に勝負をかけるのもいいかも知れませんね。

因みに、めずらしいところでは「バイク便ライダー」や「自転車便メッセンジャー」のようなものもあるようです。それは、隙間を狙ったアイデアで稼ぐやり方なのでしょうか。私も嫌いではありません。弱者だからこそのアイデア勝負というのも。

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
スポンサーリンク

関連記事

大手テレビ局は、学閥で採用か?

テレビという媒体を通して、人前で華やかに見える仕事のアナウンサーですが、採用にあたってはどんな状

記事を読む

全国100都市成長可能性ランキング

あなたはどんな街で暮らしたいか (株)野村総研は、独自に全国から選択した国内100都市を対象に

記事を読む

ビールの値上がり?これは困った!

  暑くなりましたね。キンキンに冷えたビールが美味しい季節です。6月からビー

記事を読む

過労死!「NHKよ。お前もか!」時間外労働159の過酷さ!

あのNHKで、過去?に過労死が起こっていたという事実に愕然とした。新聞によると、2013年7月に

記事を読む

マンション管理員の仕事内容とはどういうものか

増えるマンション 最近では大きな都市だけでなく、その通勤圏内にある中小都市などにもマンシ

記事を読む

福岡での仕事探しなら、お仕事プラザ(民間職業紹介所)

  業界初の民間職業相談所 今どきは好景気だからなのですが、人手不足の企業や店がた

記事を読む

あなたの収入、それで毎月生きていけますか?

標準生計費とは 総務省の算出した標準生計費では、18歳~24歳の単身勤労者世帯について「全国消

記事を読む

しゅうかつ川柳には、悲哀がいっぱい!

川柳のブラックユーモアがイケてる 就活をテーマにした川柳って、いつごろからあるんでしょうか?

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

たまには肉体労働もいいものダ!

  「小取り」作業をしてます 私は、最近とある超零細なサッシ屋さんでいわゆる「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この国はゆるやかな「独裁国家」である

ゆるやかな独裁国家「日本!」旧統一教会関連内閣、そんなこの国で貴方には

企業はホワイトでなければ生き残れない

ホワイト企業2022 8月 ホワイト企業の条件とはどんなことでしょう

物の価格高騰が生活を破壊する。貴方はどうやって暮らしを守ることができるのか。

■値上げラッシュが生活を直撃 この頃では、毎回スーパーに行くたびにご

「#教師のバトン」に見る教師崩壊状況

■今、教育現場がとんでもないことになっている 「#教師のバトン」の中

新卒採用AI選考AI面接導入が進むとどうなっていくのか 不透明な基準。戸惑う学生。

もうすでにAIは新卒採用に取り入れられていますが、エントリーシートの合

→もっと見る

PAGE TOP ↑