*

しゅうかつ川柳には、悲哀がいっぱい!

川柳のブラックユーモアがイケてる

就活をテーマにした川柳って、いつごろからあるんでしょうか?
今年のやつが発表されたようです。こんなことです。

◆面接で 話はずむも 電話来ず

※まさに就活あるあるですね。

◆説明会 増えるパンフと 減るお金

◆はしごして 混乱しちゃう 志望理由

◆「ガクチカ」が 辞典に載る日は 来るだろか

 ※ガクチカとは、学校(大学)で力を入れたこと

◆「就活?」と 聞いて驚く  祖父母たち
※就活と終活の妙味

多様性の時代にして、このこの就活マニュアル化全盛の時代とは??

これらの川柳も一般の人には笑えるものですが、就活当事者にしてみれば身につまされる思いがすることでしょう。しかも、多様化の時代なのに定番化全盛時代です。これら川柳にあるようにサラリーマンの悲哀は今も昔も変わりなしなのでしょうか。

リクルートファッションからしてそうです。アパレル関係にでも行くのでなければ、すべて同じいで立ち、似た髪型、同様のバッグを持ち、面接にも同様のマニュアルを頭に入れて(武装して)出かけていくのです。

昔々、大物俳優の「男は黙ってサッポロビール」というCMが流行ったことがありました。それを受けてのことです。ある就活生が、サッポロビール(株)の面接で一言も語らず、退席時に「男は黙ってサッポロビール」と発したというのです。

これは都市伝説なのかも知れないですが、これで無事採用されたというのですから、まだそんな時代があったのかと感慨を感じます。

「多様性」にまつわる世の中の気になる動き

「多様性」に抗う保守的な事例として、月刊誌「新潮45」が、先の杉田水脈議員の発言を擁護する内容の特集をして、再び批判が噴出しているとあります。杉田氏の当初の発言とは、LGBTを「生産性がない」というものでした。

人間の嗜好や指向を「生産性」という経済思考から考えるという発想の陳腐さは元より、国会議員という立場の、しかも政権政党という保守の立場からの発言は、「多様性の尊重」という一般市民の

目指すべき方向性と乖離し過ぎていることが問題です。

そんな、社会のあるべき方向性を読み取れない保守の政治家は政権と言う舞台から静かに降りで去るべきだと思います。そんな保守の「一強タ弱」の状況を許してしまっているこの国の国民はどうかしていると思いませんか?

この国は、スポーツ界でのパワハラ問題が続々と噴出しています。そしてここにきてLGBTへの偏見発言 etc…過渡期なのですかね。働き方改革で有名なサイボウズ(株)の車掌が断言していました。

「働き方」は「改革」ではなく、「多様性を認めることの方がはるかに重要だ。」ということです。これからの進歩のキーワードは「多様性」のようですね。皆さん、これからは「多様性」を合言葉として世の中を検証していきましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社

記事を読む

私たちはどんな時代に生きているのか? 時代に合わせた働き方の選択とは?

働き甲斐のある会社 ある就活サイトの調べでは、以下の観点から見た時の働きやすさトップ10を発表

記事を読む

私たちはこんな国に生きている

  最近の国会の茶番劇をみていて、もう笑うしかないのはわたしだけでしょうか。「忖度」

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

就活と婚活の悩み、あなたにとってどちらが優先?

ある婚活学校では、男性にはこんな風に指導しているのだそうです。1.自己PR欄には自己PRを書いて

記事を読む

時給750円で某S市役所駐車場のバイトをしてみた

市役所の機能 市役所では、3月という月、年度替わり寸前の大層な繁忙期なのです。それは多くの人々

記事を読む

ビールの値上がり?これは困った!

  暑くなりましたね。キンキンに冷えたビールが美味しい季節です。6月からビー

記事を読む

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み 全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持

記事を読む

カルロス・ゴーン氏逮捕で日産自動車が大変なことになっているが、、、

  有価証券報告書への収入の記載漏れ? 各種・各方面からのニュース等で、すでにあなたもご存知

記事を読む

これから来る近未来の素材「セルロースナノファイバー」がヤバイ! これを就活のターゲットにしてみよう!

この世はプラスチックでできているのだが 今、プラスチックによる環境への負荷が問題になってきている。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑