*

これから来る近未来の素材「セルロースナノファイバー」がヤバイ! これを就活のターゲットにしてみよう!

この世はプラスチックでできているのだが

今、プラスチックによる環境への負荷が問題になってきている。クジラやウミガメの胃にビニールやプラスチック類が蓄積して、生物の生命を脅かしている実態があるといいます。それだけではありません。マイクロプラスチックの問題として、プラスチックの小型片が海洋生物の体内に蓄積され続けていることがあります。

そこで、プラスチックに代わるものとして、安全な素材の登場が期待されているわけであります。
今期待されている素材がセルロースナノファイバーというものです。

セルロースナノファイバーの特長と用途

セルロースナノファイバーは、その形状や特徴的な物性により、フィルター部材、高ガスバリア包部材、エレクトロニクスデバイス、食品、医薬、化粧品、ヘルスケアなど様々な分野において利用が期待されています。

日本製紙クレシア株式会社は、2015年に世界で初めてTEMPO酸化CNFに抗菌・消臭機能を付与してシート化し、大人用紙おむつ「肌ケアアクティR」シリーズに実用化しました。また現在では、同社の軽失禁用ケア商品「ポイズR」シリーズにも抗菌・消臭機能を付与したCNFのシートを使っています。

実に多機能な用途が既に実現されているのです。

プラスチックに代わる素材として「セルロースナノファイバー」が有力となってきている。パルプから作られ、それは古新聞などの古紙や廃棄野菜などからも作ることができる。しかも強度としてはプラスチックよりも強く、高い温度にも強いようです。

この研究の第一人者とは?

この新素材の研究で第一人者は、九州大学の近藤哲男教授です。専門分野は生物ナノ材料工学(バイオアルケミー),多糖科学,高分子物理化学で、生物骨格を形成する再生資源であるセルロースやキチンなどの「天然高分子」からなる生物材料を研究対象としているとあります。

この新しい素材は、間違いなくプラスチックの後継素材として一般化していくものと考えられる。プラスチックは石油精製物のナフサから作られるので、石油の輸入先である中東情勢や、価格のの上下に影響を受ける部分が大きい。

それが、古紙や廃棄野菜などを原料にできるとなると、国内の安いリサイクル原料で賄うことができるので、コスト面でもかなり有望であるようですね。

理系の学生でこのように素材の研究に興味のある人であれば、この分野の会社に就職して研究の道に進むのも悪くはないと思います。時代は「鉄の時代」から「プラスチックの時代」へと動いてきて、そして今、「脱プラスチック時代」が始まろうとしています。

まさに、就活において時代を先取りしないという手はありません。

スポンサーリンク

関連記事

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀作が並んだ。表題の作品は、「未

記事を読む

フリーランスという生き方

今では、フリーランスとして登録者を企業に紹介する専門的な会社もある。ある紹介会社を検索し

記事を読む

労働局に寄せられた労働相談で多いものとは?

労働者の悩み 全国都道府県に配置された労働局には、労働者の悩みや告発、労使間のトラブルなどが持

記事を読む

たまには肉体労働もいいものダ!

  「小取り」作業をしてます 私は、最近とある超零細なサッシ屋さんでいわゆる「

記事を読む

「お仕事ドラマの女王?」って知ってますか? それは吉高由里子ちゃんのことらしい??

「正義の味方」、「私定時で帰ります」、「知らなくていいこと」と三つのドラマをたて続けに見た。いず

記事を読む

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集中支援するということを盛り込ん

記事を読む

ビールの値上がり?これは困った!

  暑くなりましたね。キンキンに冷えたビールが美味しい季節です。6月からビー

記事を読む

【就活】接客の多い職種では、尊敬語・謙譲語をマスターする

企業の受付は、ある意味その会社の顔でもある。だから受付での顧客対応はその会社の第一印象を大きく左

記事を読む

コロナ騒ぎと社会情勢! その影響で労働者はどうなるのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大の一途をたどっているように見える。

記事を読む

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

→もっと見る

PAGE TOP ↑