*

全国100都市成長可能性ランキング

あなたはどんな街で暮らしたいか

(株)野村総研は、独自に全国から選択した国内100都市を対象にして、今後の成長性を左右する「産業創発力」の現状、及び将来のポテンシャルを分析した「成長性都市ランキング」を作成したそうです。

その中で、国内100都市成長可能性のランキングでは、

1位:東京都特別区部 2位:福岡市 3位:京都市 4位:大阪市 5位:鹿児島市 6位:つくば市(茨城県) 7位:札幌市 8位:松本市(長野県) 9位:久留米市(福岡県) 10位:佐世保市(長崎県)という結果であったそうです。

次にポテンシャルランキングでみた成長可能性の高い上位都市

1位:福岡市 2位:鹿児島市 3位:つくば市 4位:松山市 5位:久留米市
6位:松本市 7位:札幌市 8位:宮崎市 9位:那覇市 10位:熊本市

このような総合的な視点からのランキングは、風土(起業精神の風土・気質)、基盤(ビジネス基盤)、環境(幸福なビジネス環境)などを基にして割り出した積算結果だと思われますが、首都圏や大都市圏ばかりに集中しているのではなく、広く地方都市にもスポットが当たっている点では注目すべきことではないかと考えられます。

ビジネスは全国いたるところで可能であり、それぞれにチャンスと生活の基盤の構築ができるという

ことが、本当に現実化するのであれば、「住めば都」の名の通り人々に夢と希望をもたらすものであります。地方の過疎化や人口減に伴う限界集落などの暗い話題ばかりでなく積極面もあるのです。

あなたが、どこでどんな生活を送れるかの選択肢の広がり

あなたも、あなたの好きな街に住む、あなたの好きなビジネスにチャレンジする、あなたの好きな自然環境にアクセスする、等々人間らしい生活を可能にしてみてははどうでしょう。何も都心部や大都市圏だけが人間らしい生活の場だとは限りません。


ライフスタイル別にみたランキング

また、次のような結果もあります。

■移住者に優しく、適度に自然がある環境で働く
1位:鹿児島市  2位:松本市  3位:宮崎市

■リタイア世代が余生を楽しみながら仕事ができる
1位:鹿児島市  2位:福岡市  3位:松山市

■子育てしながら働ける環境がある
1位:松本市  2位:前橋市  3位:佐賀市

■起業スピリッツがあり、スモールビジネスに適している
1位:東京都特別区部  2位:つくば市  3位:福岡市

■都市の暮らしやすさ
1位:佐賀市  2位:奈良市  3位:富山市
(※佐賀市の1位は人口当たりの医療機関数や小売店舗数が多い、生活コストが全般的に安いことなどが要因だったそうです。)

いろんな要素を加味したデータで比べてみれば、また見え方がちがってくるものですね。今や貴方らしいライフスタイルのもとで働き、人生を送るという選択肢も視野に入れて、就職・転職、起業などを考えてみる時代がやってくるのかも知れませんね。


(参考資料:「国内100都市を対象に成長可能性をランキング|野村総合研究所(NRI)」)

スポンサーリンク

関連記事

就活生に送りたいほろ苦いブルース? 「いちご白書をもう一度」

  いつか君と行った映画がまた来る 授業を抜け出して二人で出かけた

記事を読む

裁量労働制拡大の問題点とは?

国会審議でも、「裁量労働制の適用拡大法案」に関する問題点が噴出して、大モメにモメていますが、あら

記事を読む

【就活】接客の多い職種では、尊敬語・謙譲語をマスターする

企業の受付は、ある意味その会社の顔でもある。だから受付での顧客対応はその会社の第一印象を大きく左

記事を読む

ビールの値上がり?これは困った!

  暑くなりましたね。キンキンに冷えたビールが美味しい季節です。6月からビー

記事を読む

2018年、最低賃金の改定と取り巻く社会状況 

中央最低賃金審議会の答申 真夏のこの時期、例年のように中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策 新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上

記事を読む

就活者!教職採用を目指すあなたへ

教職は,果たして聖職なのか? あなたが教師を目指す動機はきっと素晴らしいものでしょう。例えば、

記事を読む

これから来る近未来の素材「セルロースナノファイバー」がヤバイ! これを就活のターゲットにしてみよう!

この世はプラスチックでできているのだが 今、プラスチックによる環境への負荷が問題になってきている。

記事を読む

大手テレビ局は、学閥で採用か?

テレビという媒体を通して、人前で華やかに見える仕事のアナウンサーですが、採用にあたってはどんな状

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑