*

全国100都市成長可能性ランキング

あなたはどんな街で暮らしたいか

(株)野村総研は、独自に全国から選択した国内100都市を対象にして、今後の成長性を左右する「産業創発力」の現状、及び将来のポテンシャルを分析した「成長性都市ランキング」を作成したそうです。

その中で、国内100都市成長可能性のランキングでは、

1位:東京都特別区部 2位:福岡市 3位:京都市 4位:大阪市 5位:鹿児島市 6位:つくば市(茨城県) 7位:札幌市 8位:松本市(長野県) 9位:久留米市(福岡県) 10位:佐世保市(長崎県)という結果であったそうです。

次にポテンシャルランキングでみた成長可能性の高い上位都市

1位:福岡市 2位:鹿児島市 3位:つくば市 4位:松山市 5位:久留米市
6位:松本市 7位:札幌市 8位:宮崎市 9位:那覇市 10位:熊本市

このような総合的な視点からのランキングは、風土(起業精神の風土・気質)、基盤(ビジネス基盤)、環境(幸福なビジネス環境)などを基にして割り出した積算結果だと思われますが、首都圏や大都市圏ばかりに集中しているのではなく、広く地方都市にもスポットが当たっている点では注目すべきことではないかと考えられます。

ビジネスは全国いたるところで可能であり、それぞれにチャンスと生活の基盤の構築ができるという

ことが、本当に現実化するのであれば、「住めば都」の名の通り人々に夢と希望をもたらすものであります。地方の過疎化や人口減に伴う限界集落などの暗い話題ばかりでなく積極面もあるのです。

あなたが、どこでどんな生活を送れるかの選択肢の広がり

あなたも、あなたの好きな街に住む、あなたの好きなビジネスにチャレンジする、あなたの好きな自然環境にアクセスする、等々人間らしい生活を可能にしてみてははどうでしょう。何も都心部や大都市圏だけが人間らしい生活の場だとは限りません。


ライフスタイル別にみたランキング

また、次のような結果もあります。

■移住者に優しく、適度に自然がある環境で働く
1位:鹿児島市  2位:松本市  3位:宮崎市

■リタイア世代が余生を楽しみながら仕事ができる
1位:鹿児島市  2位:福岡市  3位:松山市

■子育てしながら働ける環境がある
1位:松本市  2位:前橋市  3位:佐賀市

■起業スピリッツがあり、スモールビジネスに適している
1位:東京都特別区部  2位:つくば市  3位:福岡市

■都市の暮らしやすさ
1位:佐賀市  2位:奈良市  3位:富山市
(※佐賀市の1位は人口当たりの医療機関数や小売店舗数が多い、生活コストが全般的に安いことなどが要因だったそうです。)

いろんな要素を加味したデータで比べてみれば、また見え方がちがってくるものですね。今や貴方らしいライフスタイルのもとで働き、人生を送るという選択肢も視野に入れて、就職・転職、起業などを考えてみる時代がやってくるのかも知れませんね。


(参考資料:「国内100都市を対象に成長可能性をランキング|野村総合研究所(NRI)」)

スポンサーリンク

関連記事

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策 新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上

記事を読む

メーカーに操られている私たちの消費行動!

パソコン用のプリンターが… 7年間使ってきた某メーカーのプリンター(一応は複合機の装いのもの)

記事を読む

「採用に追い風、人出不足バブル期並み」とは言うけれど

  今春大学を卒業した人の就職率(希望者に対しての)は、4月1日時点で97.6%とな

記事を読む

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀作が並んだ。表題の作品は、「未

記事を読む

過労死!「NHKよ。お前もか!」時間外労働159の過酷さ!

あのNHKで、過去?に過労死が起こっていたという事実に愕然とした。新聞によると、2013年7月に

記事を読む

しゅうかつ川柳には、悲哀がいっぱい!

川柳のブラックユーモアがイケてる 就活をテーマにした川柳って、いつごろからあるんでしょうか?

記事を読む

サポステ(地域若者サポートステーション)は、あなたのピンチを救うか?

サポステ それは、厚生労働省の委託でNPO法人などが運営する就労支援システムです。厚労省は年齢

記事を読む

私たちはこんな国に生きている

  最近の国会の茶番劇をみていて、もう笑うしかないのはわたしだけでしょうか。「忖度」

記事を読む

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」                     (埼玉県 森あら

記事を読む

あなたの収入、それで毎月生きていけますか?

標準生計費とは 総務省の算出した標準生計費では、18歳~24歳の単身勤労者世帯について「全国消

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

→もっと見る

PAGE TOP ↑