*

私たちはこんな国に生きている

 

最近の国会の茶番劇をみていて、もう笑うしかないのはわたしだけでしょうか。「忖度」という言葉を初めて知ったという人も多いことでしょうが、この国は昔から阿吽の忖度社会だったということが、露呈しただけだというのが私の見解です。

政治の貧困

森友学園問題」といい、「加計学園問題」といい、時の首相が問題の発端となる疑惑に包まれているというのに、内閣、政府省庁がみんな結託して隠ぺいに走るというこのオソマツでオゾマシイ政治劇に、まだ国民は沈黙を守るのでしょうか。

「日本」というこのお国。政治も政治なら、国民も国民、有権者の主権者意識の低さはどうにかならないものでしょうか。お隣の国では、大統領の贈収賄疑惑から弾劾にまで発展したというのにです。

私たちは、そんな三流の国に生きて生活しているのです。イザという時に国や自治体などが国民である私やあなたの生活を守ってくれるのか、とても疑問になることはありませんか?

それを見越して、生活や仕事を選ぶ

私たちは、自己防衛の考えを持つ必要があるかも知れません。そのためにはどんなマインドや手立てが必要でしょうか。

例えば、こんなことでしょうか?

マインド編:

・利権や金まみれのクリーンでない政治家、政党には投票しない。
・テロ等準備罪や非常事態法、教育基本法など、国民監視法の色合いの濃厚な法律・法案には反対の意思表示をする。
原発の再稼働を認めない。
・国民、有権者、納税者としての意識をしっかり持ち、国や政治家を監視する。

手立て編:

・福祉や生活面で国民の行使できる権利は忘れずに要求する。(各種補助や高額医療制度など)
職業選択就活の際には、できるだけクリーンな産業を選ぶ。少なくとも国の政策べったりの企業は選ばない。特に、原発村産業は世界的に見て、もはや廃れ行くしかない無用の産業であるから、絶対に容認しない。
・手に職を付けることを含めて、技術や専門性を身に着けることで生活を安定化させ、防衛する。
・志を立て、自分で起業する。
などが考えられることでしょうか?

「経済」二流、「政治」三流、「国民の意識」四流というのが、現状ですから、まずは我々の意識を一流に変革することを急ぎたいものです。そうでないと自らの生活を守れませんから。

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク

関連記事

大手テレビ局は、学閥で採用か?

テレビという媒体を通して、人前で華やかに見える仕事のアナウンサーですが、採用にあたってはどんな状

記事を読む

東京地裁、「名ばかり管理職」でコ■ミに制裁金

  新聞によりますと東京地裁は、コ■ミスポーツクラブ(東京)の元支店長の女性が、権限

記事を読む

就活と婚活の悩み、あなたにとってどちらが優先?

ある婚活学校では、男性にはこんな風に指導しているのだそうです。1.自己PR欄には自己PRを書いて

記事を読む

過労死!「NHKよ。お前もか!」時間外労働159の過酷さ!

あのNHKで、過去?に過労死が起こっていたという事実に愕然とした。新聞によると、2013年7月に

記事を読む

裁量労働制拡大の問題点とは?

国会審議でも、「裁量労働制の適用拡大法案」に関する問題点が噴出して、大モメにモメていますが、あら

記事を読む

某S市のシルバー人材センター、説明会に行ってみた件

O・T氏(シルバーさん)からの報告 60歳を超えてしまった我が身を恨めしく思いながらも、背に腹

記事を読む

しゅうかつ川柳には、悲哀がいっぱい!

川柳のブラックユーモアがイケてる 就活をテーマにした川柳って、いつごろからあるんでしょうか?

記事を読む

これから来る近未来の素材「セルロースナノファイバー」がヤバイ! これを就活のターゲットにしてみよう!

この世はプラスチックでできているのだが 今、プラスチックによる環境への負荷が問題になってきている。

記事を読む

あなたの収入、それで毎月生きていけますか?

標準生計費とは 総務省の算出した標準生計費では、18歳~24歳の単身勤労者世帯について「全国消

記事を読む

福岡での仕事探しなら、お仕事プラザ(民間職業紹介所)

  業界初の民間職業相談所 今どきは好景気だからなのですが、人手不足の企業や店がた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑