*

カルロス・ゴーン氏逮捕で日産自動車が大変なことになっているが、、、

 

有価証券報告書への収入の記載漏れ?

各種・各方面からのニュース等で、すでにあなたもご存知でしょう。そうです、日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン氏の突然の逮捕劇は、日本国内をはじめ国際的にも大きな注目を集めています。とくにフランスとの国際問題に発展しているとも言える状況です。

日産自動車株の40%を超える筆頭株主であるルノー自動車の会長を兼務していたゴーン氏の個人的な収入に関する申告漏れと、日産自動車が氏の個人的支出にも支出していたなどのことが逮捕理由となっている。

テレビコメンテーターなど専門家?の意見では、ゴーン氏が会社の利益を損なうような重大な背任行為とまではならないという意見があった。本丸は、むしろフランスのルノーに日産自動車が吸収合併されてしまうことに対する日本政府を巻き込んでの反乱だったという見方が有力である。

私が気になる二つのこと

第一には、ゴーン氏の逮捕後の拘留に関する司法の内容の国際的な格差がある。

          日   本      フランス
拘留期間      20日間      5日間
弁護士の同席    できない     できる

たったこの二つの違いを見ただけでも、この国の司法が如何に立ち遅れているかが明白である。容疑者は20日間も人質にとられて、無制限の時間で取り調べを受けるのである。まさに、ここに冤罪の温床がある。司法が庶民の味方ではないことの証だと言えよう。

この国のシステムが、為政者と資本家・企業のために出来上がっていることを物語っている。奇しくも時を同じくして国会でもめている外国人労働者の受け入れ拡大の論議でも、同じ政府の態度が透けて見える。

企業の劣悪な労働条件押し付けに対して、片目どころか両目をつぶって、受け入れ規模だけ拡大したいという政府・企業の態度は実に醜い。この国で働く以上は、この国の労働法がそのまま適用されるべきである。差別は許されないことだ。

第二の気になる点

かつて日産自動車の救世主とされたカルロス・ゴーン氏だが、その手法とはリーマンショック後、正社員や期間工、派遣社員らの大規模リストラの実施だった。

日産や関連会社で派遣切りや雇い止めに遭った元労働者が、東京都内で記者会見し「経営を理由に多くの労働者を犠牲にしながら、自分は巨額の報酬を得て、しかも隠すなんて許されない」と怒りを訴えたとある。

このように労働者が、資本家の傲慢で大した保証もないままに簡単に捨て駒とされ、放り出されるというこの国のシステムと、それを擁護する政府の態度は、実は国民が改めさせる以外に方法はないのである。つまり、それは「労働者の労働者による、労働者のための国を造ること」以外に解決の道はないのです。

日産と言えば、世界にも名の通った大企業です。それでも真面目に働く労働者が切られたのです。戦争では名も無き国民が命を落とし、企業の危機にあっては労働者が血を流すこの国のシステムについて私たちが考えなければならないことは、まず、法律を民主的なものに変えていくことだと思います。
詳しい就活・転職情報

 

<サイト管理人の泪です>
今や、大企業と言えども企業愛に燃えて終身雇用で終わるという時代ではないのかも知れませんね。賢く企業と渡り合い乍ら好条件を目指す、そんな時代なのですね。

スポンサーリンク


関連記事

「電〇違法残業」事件、正式裁判へ

広告代理店「〇通」事件 新聞報道によると、広告代理店電〇の違法残業事件で、東京簡易裁判所は12

記事を読む

no image

フリーランスという生き方について考える

    フリーランスとは 最近耳にすることの多くなった「フリーランス」或いは、「

記事を読む

衆議院選挙を前にして、政局が荒れている

 庶民が正しく切れる時 今、北朝鮮問題や中国との尖閣諸島にまつわる諸問題、ロシアとの領土問題な

記事を読む

某S市のシルバー人材センター、説明会に行ってみた件

O・T氏(シルバーさん)からの報告 60歳を超えてしまった我が身を恨めしく思いながらも、背に腹

記事を読む

全国100都市成長可能性ランキング

あなたはどんな街で暮らしたいか (株)野村総研は、独自に全国から選択した国内100都市を対象に

記事を読む

労働者は、「何ファースト」で行くべきか

太平洋の向こうでは、「アメリカファースト」のトランプさんが大統領になったはいいものの国民から

記事を読む

これから来る近未来の素材「セルロースナノファイバー」がヤバイ! これを就活のターゲットにしてみよう!

この世はプラスチックでできているのだが 今、プラスチックによる環境への負荷が問題になってきている。

記事を読む

日本の「働き方改革」内容寒し!実行するならドイツのやり方をマネるべし!

勤労者を法律で大事に保護する国=ドイツと、勤労者を搾取する企業から国民を守れないでいるこの国(日

記事を読む

「採用に追い風、人出不足バブル期並み」とは言うけれど

  今春大学を卒業した人の就職率(希望者に対しての)は、4月1日時点で97.6%とな

記事を読む

退職したい人のための「退職代行サービス」利用が増えている

会社の上司との関係が上手くいかない、パワハラの悩みをだれにも相談できない、精神的苦痛と肉体的疲労

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑