*

もう、日本人の東大信仰を止めよう!

このところ安倍政権下では忖度事象がとどまることを知らず続いている。

「またか」とは思うことだが、東大出の財務官僚(佐川氏)が、森友学園問題で国会での証人喚問を受けるという。日本のキャリア官僚は特権階級らしい。それも特別なコースが、「東大法学部」→「財務省」→「主計局長」→「事務次官」という道だというもの、佐川氏はそのレールの上に乗っていた。

彼らは公務員のトップとして、破格の厚遇を享受しているのだから、それだけ特別な国民への寄与もしてもらいたいところだが、やっていることは逆のことである。

また、この佐川氏と財務省入り(当時の大蔵省)したときの同期の一人が現在国会議員の片山さつき氏だということだが、彼女は、財務省では佐川氏に昇進に先んじられて政治家に転身したのだろう。もちろん?、彼女も東大の出身である。

しかし、はっきり言って彼女には目立った政治的功績もなく、東大出身であるにもかかわらず、無用に右寄りな思想が感じられる。日本会議や神道政治連盟に所属しているのは単に右寄りなのか、選挙に受かりたいからなのか。

東京大学法学部卒で財務省官僚になり、事務次官や主計局長から国税庁長官を目指すコースがキャリア官僚の王道であるらしい。省の中でポスト争いから退いて政治家に転身する者も多い。

この国は、東大を頂点とするピラミット構造を前提に社会のシステムが出来上がっているところに問題がある。東大卒がそれほど優秀ならば、もっとこの国を良くしてくれなくては困るというものである。

ところが、東大卒官僚がこの国を動かしていながら、いっこうにこの国はよくならないのはなぜだろう。欧州の先進国のように国民生活は安定せず、じり貧の庶民と金持ちとの貧富の差の拡大が続いている。

こんな国にしてしまった責任は、戦前回帰をもくろむ時代錯誤の政治家たちと、国民生活を顧みない高級キャリア官僚の群れにある。そんな彼ら彼女らをリスペクトして、ハハーとひれ伏して、ご無理御もっとも状態になるなんて、馬鹿らしくてやってられないと、国民は考えるべきである。

因みに、歴代総理大臣にも東大出身は多いが、安倍晋三氏は東大出身ではない。

権力を持つ者は必ず堕落する

今の政権がそうだ。長く権力の座にあると、傲慢になる。周りは気に入られようと忖度の競争になる。政治家も官僚も国民の方を向いて仕事をしなくなる。だから、憲法が必要になる。憲法は権力者の手足を縛るためにあるものだからだ。

憲法を権力者の都合のいいように変えたがる勢力が存在する。それは、国民への背信行為である。彼らは、愛国心を唱え、国民を支配したいと考えている。国民主権の国なのにである。中央集権が行き届いた日本では、すでに、不当な支配が完成されようとしている。また、周辺にも似たような大きな国がいくつもある。いつかは危険な衝突も考えられるだろう。

歴代の総理大臣の中にも東大出身者はたくさんいる。安倍総理は東大出ではなく、成蹊大学出身であるけれども、いずれにしても権力の座にあれば堕落は避けられない。

明治以来、この国は方向を間違った

明治維新150年祭などと、浮かれ状況が見受けられる今日の様相であるが、明治維新を過大評価してはいけない。今につながる負の遺産が大きすぎるからである。

まず第一には、維新によって成立した国とは、中央集権の帝政国家だった。フランスの共和制が始まって間もなくのころ、日本は絶対王政的な国へと、歴史のネジを逆向きに回してしまったのだ。

二つ目には、維新政府は、自らの権力に酔いしれ強力な中央集権にこだわり、地方を収奪して決して地方自治を認めようとはしなかったのです。これは、今、平成の世にあっても基本的な構造はそのままなのである。

三つ目には、教育の国家支配だ。日本の教育は、今なお中央集権的な国の支配のもとにある。欧州の先進国などではありえないシステムで、進んだ国では教育権は、すでに教育現場に降りています。

ところが、この国では、教科書の強制という形で全国津々浦々まで教育内容の強制をも貫徹しているのです。ですが、このITの時代にあって、教科書を中心に据える教育のあり方はすでに時代遅れです。

このように、明治以来の負の遺産を未だに引きずったまま、「変えなければならない」の発想すら無く、国会も内閣も裁判所も政治家も官僚も(そして、もしかしたらあなた自身も?)平気な顔をして、欧州先進国からどんどん引き離されていくことを良しとしているこの国のリーダーたちは、一体どうなっているのか心配です。

愛国心の強制では、国民の空腹のお腹は膨らみません。それは、「欲しがりません。勝つまでは」の戦前回帰へとつながる危険なものです。僕たちはもっと要求するべきです。欲しがりましょう。ジャンジャンと!

あのフランス革命で、女性たちが「パンよこせ!」の行進をした時のように、「文化的最低限度の生活を保証しろ!」と行進でもなんでもやっちゃいましょうか。

この国は、確実に高学歴の特権意識階級が悪くしていること、彼らによってスポイルされ続けていることを知っておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

教員の働き方改革?文科省「緊急対策」の内容は?

残業に手当の出ないブラックさ 超ブラックな職場の呼び声高い学校現場のあまりに悲惨な現状に、文科

記事を読む

「電〇違法残業」事件、正式裁判へ

広告代理店「〇通」事件 新聞報道によると、広告代理店電〇の違法残業事件で、東京簡易裁判所は12

記事を読む

こんな国?こんな時代! 君はどう生きるか?

  この国の状況 国会では、官僚も与党も疑惑追及をしようとする野党をナメ倒したようにして、いい加

記事を読む

日本の「働き方改革」内容寒し!実行するならドイツのやり方をマネるべし!

勤労者を法律で大事に保護する国=ドイツと、勤労者を搾取する企業から国民を守れないでいるこの国(日

記事を読む

あなたの収入、それで毎月生きていけますか?

標準生計費とは 総務省の算出した標準生計費では、18歳~24歳の単身勤労者世帯について「全国消

記事を読む

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督したという井上淳一さん(53)

記事を読む

差別的企業倫理と権力者のウソを撃て!

8月3日の新聞には珍しく刺激的な記事がいくつも並んでいました。私たち真面目に働く勤労市民にとって

記事を読む

働き方改革!正社員と非正規労働者、「同一労働同一賃金」の行方は?

最高裁が「賃下げ容認」 長沢運輸(横浜市)を定年退職後に嘱託社員として再雇用されたトラック運転

記事を読む

2018年、最低賃金の改定と取り巻く社会状況 

中央最低賃金審議会の答申 真夏のこの時期、例年のように中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関

記事を読む

日本は最低賃金が低すぎる!あなたは正しく怒る勤労者であれ!

私たち勤労者は、単位時間当たりいくらの金で雇われ、仕事をするという拘束を受けて、搾取されています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑