*

たまには肉体労働もいいものダ!

 

「小取り」作業をしてます

私は、最近とある超零細なサッシ屋さんでいわゆる「小取り」の肉体労働をすることがあります。仕事内容は、メインの職人さんの補助的な作業であります。もちろん、相当に専門的なスキルの必要な仕事ですから、私がメインに仕事を進めることは無理な話です。

しかし、この「小取り」という作業はどうしても必要なものなのです。なぜかというと、アルミサッシなどこういった種類の取り付けに関わる作業では、サイズ的に一人では設置が難しいからです。どうしても、固定が完了されるまでの間、誰かが補助的に保持しなければならない場合が多いのです。

抱えたり、支えたり、釘やねじ(ビス)の打ち込み、のこぎりの使用やのみの使用等々、様々な仕事を高所に上ったり下りたりしながら、いわゆる肉体労働をする際に、チームとしての阿吽の呼吸や気配りも確かに必要です。

ストレスが少ない

肉体労働ですから確かに疲れもするし、汗もかきます。衣服も汚れるしで一見大変そうですが、私はある程度楽しみながらやっています。些細なステップの作業でもそこそこでの達成感のようなものはありますし、一日の作業終了後のストレスが少ないのです。

それはある意味、スポーツのあとの疲れと爽快感のようなものに似ているのかも知れません。そうやって、一日8時間程度の仕事で6千円プラス昼食付き、不定期な日程の仕事ですが収入としても有難いものです。

依頼を受ける雇先や仕事の違い、発注元などによっては日当がさらに高額だったりすることもあります。仕事をたくさん抱えた忙しい業者は人出不足が度々発生するようですから、常雇いではなくても仕事の機会はこれからもあると思います。1日8時間労働で、15,000円というのもありました。(もっとも、足場に上での仕事でタフな作業ではありましたが)

これを、どこまで長く続けるのかは未定ですが、このITの時代に超アナログな肉体労働作業は価値あるものなのです。こんな時代だからこそアナログな隙間作業が生き残りのヒントとなることだってあるかも知れませんね。人生とは何でもヒントになるものです。

ゆっくり今後の戦略を練る

私には、個人的にこのようなサイトの運営などやりたいこともあるので、今は不定期な仕事をしながら将来の資産づくりを目指しているところです。

サイトの質をより良くしていくために何ができるかを考え、実行の計画を立てる、そんな時間は必要です。そして有効に動ける時間の確保は重要です。資料やネタを仕入れるインプットの時間と、それを表現するアウトプットの時間の確保です。やはりクリエイティブな作業にはゆとりが必要ですから。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。

スポンサーリンク

関連記事

ビールの値上がり?これは困った!

  暑くなりましたね。キンキンに冷えたビールが美味しい季節です。6月からビー

記事を読む

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集中支援するということを盛り込ん

記事を読む

いろいろな業界で、それぞれの業務に関わる清掃スキルを問われることが多い

==このサイトは、転職希望者や就活者に役立つ情報提供を行うサイトです== ホテル・宿泊業界

記事を読む

サポステ(地域若者サポートステーション)は、あなたのピンチを救うか?

サポステ それは、厚生労働省の委託でNPO法人などが運営する就労支援システムです。厚労省は年齢

記事を読む

私たちはこんな国に生きている

  最近の国会の茶番劇をみていて、もう笑うしかないのはわたしだけでしょうか。「忖度」

記事を読む

過労死!「NHKよ。お前もか!」時間外労働159の過酷さ!

あのNHKで、過去?に過労死が起こっていたという事実に愕然とした。新聞によると、2013年7月に

記事を読む

2018年、最低賃金の改定と取り巻く社会状況 

中央最低賃金審議会の答申 真夏のこの時期、例年のように中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関

記事を読む

歴史に学び、これからの時代を読む!

この50~60年間を振り返ってみて、世の中がどう変わってきたのかみてみましょう。50年前と言

記事を読む

某S市のシルバー人材センター、説明会に行ってみた件

O・T氏(シルバーさん)からの報告 60歳を超えてしまった我が身を恨めしく思いながらも、背に腹

記事を読む

フリーランスという生き方

今では、フリーランスとして登録者を企業に紹介する専門的な会社もある。ある紹介会社を検索し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

非正規労働者 コロナ禍の綱渡り生活

普通に生活をしている中で、スーパーに行ったり、コンビニに寄ったり、

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑