*

たまには肉体労働もいいものダ!

 

「小取り」作業をしてます

私は、最近とある超零細なサッシ屋さんでいわゆる「小取り」の肉体労働をすることがあります。仕事内容は、メインの職人さんの補助的な作業であります。もちろん、相当に専門的なスキルの必要な仕事ですから、私がメインに仕事を進めることは無理な話です。

しかし、この「小取り」という作業はどうしても必要なものなのです。なぜかというと、アルミサッシなどこういった種類の取り付けに関わる作業では、サイズ的に一人では設置が難しいからです。どうしても、固定が完了されるまでの間、誰かが補助的に保持しなければならない場合が多いのです。

抱えたり、支えたり、釘やねじ(ビス)の打ち込み、のこぎりの使用やのみの使用等々、様々な仕事を高所に上ったり下りたりしながら、いわゆる肉体労働をする際に、チームとしての阿吽の呼吸や気配りも確かに必要です。

ストレスが少ない

肉体労働ですから確かに疲れもするし、汗もかきます。衣服も汚れるしで一見大変そうですが、私はある程度楽しみながらやっています。些細なステップの作業でもそこそこでの達成感のようなものはありますし、一日の作業終了後のストレスが少ないのです。

それはある意味、スポーツのあとの疲れと爽快感のようなものに似ているのかも知れません。そうやって、一日8時間程度の仕事で6千円プラス昼食付き、不定期な日程の仕事ですが収入としても有難いものです。

依頼を受ける雇先や仕事の違い、発注元などによっては日当がさらに高額だったりすることもあります。仕事をたくさん抱えた忙しい業者は人出不足が度々発生するようですから、常雇いではなくても仕事の機会はこれからもあると思います。1日8時間労働で、15,000円というのもありました。(もっとも、足場に上での仕事でタフな作業ではありましたが)

これを、どこまで長く続けるのかは未定ですが、このITの時代に超アナログな肉体労働作業は価値あるものなのです。こんな時代だからこそアナログな隙間作業が生き残りのヒントとなることだってあるかも知れませんね。人生とは何でもヒントになるものです。

ゆっくり今後の戦略を練る

私には、個人的にこのようなサイトの運営などやりたいこともあるので、今は不定期な仕事をしながら将来の資産づくりを目指しているところです。

サイトの質をより良くしていくために何ができるかを考え、実行の計画を立てる、そんな時間は必要です。そして有効に動ける時間の確保は重要です。資料やネタを仕入れるインプットの時間と、それを表現するアウトプットの時間の確保です。やはりクリエイティブな作業にはゆとりが必要ですから。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。

スポンサーリンク

関連記事

2018年、最低賃金の改定と取り巻く社会状況 

中央最低賃金審議会の答申 真夏のこの時期、例年のように中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関

記事を読む

サポステ(地域若者サポートステーション)は、あなたのピンチを救うか?

サポステ それは、厚生労働省の委託でNPO法人などが運営する就労支援システムです。厚労省は年齢

記事を読む

【就活】接客の多い職種では、尊敬語・謙譲語をマスターする

企業の受付は、ある意味その会社の顔でもある。だから受付での顧客対応はその会社の第一印象を大きく左

記事を読む

裁量労働制拡大の問題点とは?

国会審議でも、「裁量労働制の適用拡大法案」に関する問題点が噴出して、大モメにモメていますが、あら

記事を読む

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社

記事を読む

就活と婚活の悩み、あなたにとってどちらが優先?

ある婚活学校では、男性にはこんな風に指導しているのだそうです。1.自己PR欄には自己PRを書いて

記事を読む

教員の働き方改革?文科省「緊急対策」の内容は?

残業に手当の出ないブラックさ 超ブラックな職場の呼び声高い学校現場のあまりに悲惨な現状に、文科

記事を読む

歴史に学び、これからの時代を読む!

この50~60年間を振り返ってみて、世の中がどう変わってきたのかみてみましょう。50年前と言

記事を読む

「採用に追い風、人出不足バブル期並み」とは言うけれど

  今春大学を卒業した人の就職率(希望者に対しての)は、4月1日時点で97.6%とな

記事を読む

私たちはこんな国に生きている

  最近の国会の茶番劇をみていて、もう笑うしかないのはわたしだけでしょうか。「忖度」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑