*

企業研究・・・キリン対アサヒのビール戦争

 

5月ともなると暑い日が増え、ビールが恋しくなる季節に突入します。行楽地の木陰の下でも、夕食時の取りあえずビールの瞬間でも、その誘惑は大きなパワーがあります。ビアガーデンで飲んで騒ぐのもいいなと思ったりするのもこの頃からです。

ビールの銘柄では、かつてキリンビールが常にトップを走っていたものが、アサヒのスーパードライの登場により順位が逆転したという一大転換が起こってからもうだいぶ経過しました。

ですからキリンの一番搾りとアサヒのスーパードライでは、スーパードライがリードしていますが、発泡酒と第三のビールまで合わせるとキリンが巻き返すなど、全体の市場シェアでは、非常に拮抗しています。ビールだけならこの2社を合わせると全体の75%あたりのシェアを推移しているようです。

企業規模は?

資本金: キリンが300億円、アサヒが200億円と、超一流の大企業なのです。グループ企業がたくさんあって、全体の収益となるとまた事情が違う部分もあるようですが、ランキングでは、以下のような資料に行き当たりました。

<ランキング>

1位:キリンホールディングス
売上:約2兆3000億円
従業員:256名
年収:983万円

2位:サントリーホールディングス
売上:約1兆5000億円
従業員:4402名
年収:904万円

3位:アサヒビール
売上:約1兆4000億円
従業員:3713名
年収:892万円

いずれ劣らぬ、巨大な一~二兆円産業ですね。これには、清涼飲料も含まれているのでしょうか?

採用情報では?

生産部門と販売部門では、切り離されていて、生産部門は技術系、理系の採用がメインであるのに対して、販売部門は地域採用が基本のようで、初めから正社員採用というのはないようです。

販売促進がその仕事内容で、スーパーや量販店を毎日回っていく仕事です。出社はあまりなくて自宅発で訪問先を回りながら、仕事終わりには自宅へ直帰するというスタイルの働き方が主なようです。

昇給や、賞与はあるものの正社員雇ではなく、短い期間で更新しながら最長5年というくくりで、その後は正社員への道もあるようですが、条件面での段差があるようで、自動的に正社員身分が保証されているわけではないもようです。

大企業にしては、採用の待遇要件が厳しいように感じられます。5年勤務後の継続採用実績の割合などが示されていないので、応募者にとっての不安はありそうな気がします。

工場の生産部門で採用を狙うなら、又話が違います。理系の採用ではいい職場かも知れません。キリンは、全国9カ所に工場を展開しています。アサヒもその程度の数は工場を持っているようです。そんな職場で研究や生産関係に関わりたいとか、夢のある方はねらい目かも知れませんね。

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク

関連記事

就活なら「就職四季報」が必携!

特に新卒の就活生にとって強力な味方になるのが東洋経済新報社の就職四季報ですね。ですが、これにもい

記事を読む

さすがト〇タか? 裁量労働制拡大に向けて動き出す!

残業代「月45時間分17万円支給」 新聞では、ト〇タ自動車が裁量労働の対象社員を現在の1,70

記事を読む

企業研究、こんな企業は避けたい4つのポイント

   【目次】  1.財務体質を見る   ①売上高利益率

記事を読む

企業研究:半端ない働き方改革を実現している会社はあるのか?

サイボウズ株式会社の挑戦 「100人いたら100通りの働き方があっていい」という多様性を尊重す

記事を読む

日本の家電メーカーは今?

  日本の家庭電器商品は優秀です。世界的にも有名でかつては海外進出も盛んでした。ところが近年はビッ

記事を読む

【企業研究】あなたの企業診断の視点は?

     目 次  1あなたは、就活に際して企業の評価をどのよ

記事を読む

イノベーションと企業(組織)のフラット構造の関係性

最近、「GAFA」ということが浸透しつつある。Google、Apple、FaceBook、Ama

記事を読む

企業研究:コンビニ戦争と採用情報

コンビニ業界は競争を極め、熾烈な戦いを繰り広げている。店舗数にも若干の変化が起こっているる。20

記事を読む

ブラック企業?!〇川VSク〇ネコ〇マトの宅配業界

    宅配業界の過酷さ 以前から、宅配業界に勤めると、とんでもない過

記事を読む

企業研究の味方!「就活AWARD」は最強か?

これまで、私は「企業研究」のカテゴリーに於いては、例えば就活四季報の活用や転職会議における企業の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑