*

衆議院選挙を前にして、政局が荒れている

 庶民が正しく切れる時

今、北朝鮮問題や中国との尖閣諸島にまつわる諸問題、ロシアとの領土問題など様々な外交関係の厄介なことがあります。国内的には消費税問題、高齢化と少子化の問題、年金問題等々いろいろあります。

しかし、所詮わたしたち労働者は、資本家や経営者が利益を増加させていても、収入は増えません。会社が儲かるだけで利益をため込む程には、給与は伸びません。労働者は、やはり政策的、政治的に手厚く保護しなければ、生活がままならないものなのです。

そこに、政治と私たちの生活との接点が生じるのです。ですから、私たちが政治に無関心であればあるほど私たちの生活は政治から見捨てられていくのです。

労働者は無産者階級

労働者とは、資本(資産)がないので「労働力を時間で売る」人たちです。つまり私たちのように。それは、経営者とははじめから立場が違います。なのに、日本人の多くにはそのような階級意識が薄いのです。それは、とても不思議なことです。

労働者と経営者は決定的に立場がちがい、利益も相反することが多いのに、資本家勢力の保守政党に得票が集まるのか不思議なのです。圧倒的に経営者よりも労働者のほうが多いはずなのですが。

労働者ならば、労働者の政党に投票すべきです。それは資本家が決して労働者の政党には投票しないのと同じようにです。

勢力は別れた

政治勢力は、ゴリゴリ保守の自民党とその補完勢力である公明、維新を一くくりとするグループが一つ。次には新保守とでもいうべきか、「希望の党」と名乗る小池百合子一派。さらには第三極となれるか、その他のリベラル勢力と目される共産と社民に、新たに民進党から割って出た「立憲民主党」と称する新党を一くくりとしたグループです。

それぞれの政党が、どんな勢力や階層の利益を代表しているのかを見極めたいと思うのです。欧州の国には、労働党など端的に労働者の利益を代表するという明確な政党が存在することが多いので、解りやすいのです。

ところが、この国では資本家の利益代表の自民党でさえ、それを隠して庶民の味方のふりをすることがあります。それに騙される有権者も有権者で情けないことこの上ないのですが、空気やブームだけで投票するのではなく、政党を庶民のために働く組織へと育てるつもりで、長い目で投票をしていきたいと私はいつも思っています。本来、主権者とは私たち市民のことですから。

政党に私たちが貢献するのではなく、政党が主権者である私たちに貢献するのが本当の民主国家なのです。

 スポンサードリンク

関連記事

働き方改革!正社員と非正規労働者、「同一労働同一賃金」の行方は?

最高裁が「賃下げ容認」 長沢運輸(横浜市)を定年退職後に嘱託社員として再雇用されたトラック運転

記事を読む

こんな国?こんな時代! 君はどう生きるか?

  この国の状況 国会では、官僚も与党も疑惑追及をしようとする野党をナメ倒したようにして、いい加

記事を読む

カルロス・ゴーン氏逮捕で日産自動車が大変なことになっているが、、、

  有価証券報告書への収入の記載漏れ? 各種・各方面からのニュース等で、すでにあなたもご存知

記事を読む

「〇電」元会長ら無罪主張

電力会社と言えば、この国のそれぞれの地域で超安定的な企業であり、電力販売の自由化がなされた現在で

記事を読む

もう、日本人の東大信仰を止めよう!

このところ安倍政権下では忖度事象がとどまることを知らず続いている。 「またか」とは思うことだが

記事を読む

労働者は、「何ファースト」で行くべきか

太平洋の向こうでは、「アメリカファースト」のトランプさんが大統領になったはいいものの国民から

記事を読む

差別的企業倫理と権力者のウソを撃て!

8月3日の新聞には珍しく刺激的な記事がいくつも並んでいました。私たち真面目に働く勤労市民にとって

記事を読む

内定後の「入社誓約書」という憂鬱!?

それはそれは大変だったあなたの就職活動。 その結果、なんとか無事に内定にこぎつけることができた

記事を読む

偏差値教育と「働き方改革」の行く末は? この国で働くということ

「偏差値教育」というものは先進国にはない 日本ではごくごく当たり前の偏

記事を読む

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策 新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

→もっと見る

PAGE TOP ↑