*

過労死!「NHKよ。お前もか!」時間外労働159の過酷さ!

あのNHKで、過去?に過労死が起こっていたという事実に愕然とした。新聞によると、2013年7月に長時間労働が原因で過労死したNHK首都圏放送センターの佐戸未和記者(当時31)さんの御両親が記者会見をされたとある。

NHKが未和さんの過労死を公表したのが今年の4月とは、実に4年の月日が経過しているというその事実にまず驚く。

御両親は「局内で未和の過労死についてきちんとけじめがつけられていないと考えていた。職責を全うして倒れた未和の足跡が何も残らず過労死も伏せられたまま、風化してしまうとの危機感があった」と話されている。

未和さんは、亡くなる前の時間外労働時間が月約159時間に上ったとして、渋谷労働基準監督署は14年5月に労災認定を出していた。

隠ぺい体質?

NHKは、臭いものに蓋をして、この事件を無かったことにしたかったのだろうと疑われても仕方のない対応だと感じられる。このような隠ぺい体質は、NHKに限らずどこにでもある問題だ。例えば、学校職員の残業問題もそうである。

しかし、行政は「残業は基本的に命じていない。」というスタンスを完全には崩していない。つまり、NHKも教育委員会も事実を隠蔽してないことにしたい模様だという点で一致している。その立場が民間への手本を示さなくてはならないものであるはずの行政やNHKがこの状態では、国民に対しての責任を果たしているとは言い難い。猛省を促したいものである。

棚上げか?働き方改革!

各政党は、「長時間労働是正」と「同一労働同一賃金」に関しては一致して推進する立場を、少なくともポーズとして示してはいるようだ。選挙公約にも挙げられてはいるようだが、選挙戦での争点とまではしていない模様である。

自民党案の、あまりにお粗末な残業上限規定では選挙民の前ではさすがに言い出しにくいのだろうか。確かに繁忙期の月残業上限を100時間とするなど、過労死推進法か!と疑いたくなるばかりである。

こうして、政治家たちが職務を怠慢している間に、全国津々浦々では、日々過労死や過労自殺が止まらずに発生し続けている。これは実は一刻一秒を争う大問題であるはずなのにである。

<サイト管理人の泪です>
勤労者の皆さん! 毎日の辛い仕事に忙殺されている、あなた、そうあなたも自己防衛のために、十分ご自愛くださいませ。あなたの命を脅かしているものは、北朝鮮のミサイルではなく、あなたを雇っている会社とその上司たち、そして、それを是正しようとしない国と行政、政治家たちかもしれませんから。

スポンサードリンク

関連記事

2018年、最低賃金の改定と取り巻く社会状況 

中央最低賃金審議会の答申 真夏のこの時期、例年のように中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関

記事を読む

時給750円で某S市役所駐車場のバイトをしてみた

市役所の機能 市役所では、3月という月、年度替わり寸前の大層な繁忙期なのです。それは多くの人々

記事を読む

「採用に追い風、人出不足バブル期並み」とは言うけれど

  今春大学を卒業した人の就職率(希望者に対しての)は、4月1日時点で97.6%とな

記事を読む

経団連会長のお騒がせ発言がまた話題になっている

「大学は学生にしっかり勉強させろ」発言の是非 経団連中西会長が「日本の大学生が外国の学生に比べ

記事を読む

ビールの値上がり?これは困った!

  暑くなりましたね。キンキンに冷えたビールが美味しい季節です。6月からビー

記事を読む

【過労死大国】この国は、残業で国民を殺す気か?

  「karousi」(過労死) karoshi(過労死)という言葉が世界語として

記事を読む

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」                     (埼玉県 森あら

記事を読む

【サービス残業=賃金未払い残業=違法】今や違法相談ができる時代です

  もともと「サービス残業」とは正確な言い方ではなく、正しくは「賃金未払い残業」と言

記事を読む

no image

フリーランスという生き方について考える

    フリーランスとは 最近耳にすることの多くなった「フリーランス」或いは、「

記事を読む

残業代、時給割増は正確? 請求の必要アリかも?

 目 次 1.残業時間の平均は? 2.残業時間の計算は? 3.残業代の計算は?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この国はゆるやかな「独裁国家」である

ゆるやかな独裁国家「日本!」旧統一教会関連内閣、そんなこの国で貴方には

企業はホワイトでなければ生き残れない

ホワイト企業2022 8月 ホワイト企業の条件とはどんなことでしょう

物の価格高騰が生活を破壊する。貴方はどうやって暮らしを守ることができるのか。

■値上げラッシュが生活を直撃 この頃では、毎回スーパーに行くたびにご

「#教師のバトン」に見る教師崩壊状況

■今、教育現場がとんでもないことになっている 「#教師のバトン」の中

新卒採用AI選考AI面接導入が進むとどうなっていくのか 不透明な基準。戸惑う学生。

もうすでにAIは新卒採用に取り入れられていますが、エントリーシートの合

→もっと見る

PAGE TOP ↑