*

私のアルバイト体験談

KSさん、20歳女性(福岡)

私は現在、県内では人気の高いパン屋でアルバイトをしています。そこでは、販売と製造でスタッフが分かれていて、私は販売を担当しています。業務内容は、接客、レジ打ち、食パンのスライス、パンの袋詰め、商品の陳列、電話対応、備品の管理、清掃、レジ締め、製造の補助など多岐にわたります。

ある程度仕事がこなせるようになるまでに半年ほどかかりましたが、最近では私の尊敬する社員の方に信頼を寄せてもらえるようになり、仕事に、より責任感を感じるようになりました。

業務に慣れてくると

業務に慣れてくると、通常の業務は出来て当たり前の状況になってきます。そうなるとプラスアルファを求められるようになります。例えば、どうやったらお客様がその商品を手に取りたいと思うのかを考え、ディスプレイの仕方を工夫したり、看板やフリップ掲示を人の目を引くようなものにアレンジしたりと、常にあらゆる所に目を向けておかなければなりません。

また、新人の指導も私の仕事です。人に教えるということを今まで経験したことがなかったので、想像以上に難しいものでした。全部教えてあげるのではなく、自分で考えて行動するように促したり、困っている時にはすぐにサポート出来るように見守ったりと指導は正直大変でした。

しかし、指導する側になることで視野も広くなり自分が何をすべきかがはっきりと見えてくる上、逆の立場になったときに指導してくださる方が思慮を巡らせていることも理解できるようになり、自分本位にならなくなります。

どんな力が付いたのか

このアルバイトで私が培った一番の力は、臨機応変に対応し、仕事の優先順位をつけられるようになった点だと思います。繁忙期には人手が足りないため、電話対応か店頭でお待ちのお客様の対応か、はたまた、パンの準備が優先かという選択を迫られます。

一つの仕事を区切りのいいところで切り上げ、人手が足りていないポジションに入り上手くスタッフを回し回転率を上げなければなりません。こういった迅速に判断し、対応することを日頃から心がけていたので、その能力が鍛えられました。

加えて、アルバイトをすることにより打たれ強くなったと思います。私は小さい頃から両親や先生に怒られたことがほとんどなかったため、ミスを指摘されたりお客様からクレームを付けられたリすると、すぐにへこんでいました。

ですが、一度反省したら考えすぎないようにして、お客様からのクレームはどうしてそうなったのかを考え、次からは気を付けようといった風に気持ちの切り替えがすばやくできるようになりました。

まとめとして
このように、私の場合は大学生という社会に踏み出す準備期間にアルバイトを経験することで、働くということの大変さや自分の無力さを知ることで成長につながったと思います。アルバイトという経験を経ずして就職するのと、経験したうえで就職するのとでは天と地の差があると思います。

これから社会に出ていくみなさんも、アルバイトをすることで社会の厳しさを学んでから就職へとステップアップしていきましょう。私もがんばります。

スポンサードリンク


関連記事

主婦パート、103万円の壁と130万円の壁

通常、共働きの夫婦間であっても、どちらかの収入に大きく依存している場合には、もう片方の配偶者

記事を読む

あなたは最低賃金で生きられるのか? 2018年の賃金改定決まる

最低賃金の改定 8月10日、厚生労働省は都道府県別最低賃金の改定額を公表しました。全国平均は2

記事を読む

パワハラと転職

 =転職体験= 30代前半 女性   私が転職を決めた理由 私は4年制の大学を卒業後

記事を読む

フリーターもアルバイトも契約社員も、パート労働法の対象者です

誰もが気軽な小銭稼ぎの感覚で働けるアルバイトも、主婦が家計を支えるために短時間労働で家事との両立

記事を読む

アルバイトの辞め方ってむずかしい

アルバイトで、生計を立てているけど転職しようと思い立ち、就活しようと思っている人はありません

記事を読む

初めてのインターンシップ

スィンさん(20代前半 男性) 福島県 インターンシップって何? 大学生や就職活動をしている

記事を読む

自分が知らない業界におけるインターンシップ体験談

大阪府 20代前半男性 ケイタさんの場合 学内セミナーの重要性 私が通っていた大学では例年1

記事を読む

パートタイム労働法は非正規労働者を救えるか?

  目 次  ・パートタイム労働法  ・パート労働を侮るなかれ  ・学生

記事を読む

【就活】接客の多い職種では、尊敬語・謙譲語をマスターする

企業の受付は、ある意味その会社の顔でもある。だから受付での顧客対応はその会社の第一印象を大きく左

記事を読む

私のフリーター体験記

   <rionさん 26歳 女性> チラシ政策会社にて 私の場合は、入

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑