*

改正出入国管理法成立で、街に外国人労働者が溢れ、その煽りで貴方が職場からお払い箱になる日?!

この国では、相も変わらず欠陥だらけの法案をゴリゴリと国民に押し付けてきます。政権とその政権政党の恥も外聞もない企業の手先に成り下がった姿が、あまりに鮮明に透けて見えるので、日頃仏のような私でさえも最近はイラつき気味です。

あまりに醜く国民から離反してしまったこんな政権を意味もなく許してしまっている国民の顔というものを、一度マジマジとアナが空くほど見てみたいものです。片や、フランスでは燃料税引き上げに反発した国民が国の至る所で大掛かりな反政府デモを行い、ついにマクロン大統領は税金の引き上げを撤回するようだ。

日本とのこの違いは何なのか? とても興味をそそられるところだ。これらは、国民は権力者よりも強いのだということを見せてくれているようで、日本人がもっとも欠如している感覚だと思う。

欠陥だらけの改正出入国管理法が可決・成立!

この国の(業種によりますが)深刻な人手不足に対応したいという名目で、従来認めてこなかった単純労働の分野への受け入れに道を開いてしまいました。その業種とは「建設業」「外食産業」「介護分野」「農業分野」「宿泊業」などです。

いずれもブラックの呼び声高き、まるで「人手不足」が服を着て歩いているような分野ばかりです。そこには、外国人を低賃金で酷使して使い倒すことで利益をあげたいという意図が見え見えです。このような法案の通り方では、おそらく、外国人労働者を人間扱いしないような待遇での人権問題が多発することでしょう。

一体全体、何人の犠牲者の命が奪われると法律は変わるのでしょうか?

悪法の成立の煽りで、あなたの足場(立場)はどうなる? 危うくなるのか?

このような世の中の動きによって、私やあなたの生活や仕事にどんな影響を及ぼすのかということにも、私は非常に興味があります。特に現在のあなたが、もし定職もなく生活に困っているとか、仕事を探せどもいい条件のものに巡り合わないなど、不安定な状況にあるのならばなおさらのことです。

確かに「建設」とか「外食」、「介護」などの分野は人手不足が深刻で、猫の手も借りたいという状況だと言われています。人が集まらないのは、そのイメージが3Kであるということが災いしているからでしょうか。

しかし、そこで日本人が働いていないというわけではありません。ですから、もしあなたがそれらの業種に就いて働こうとする場合にどんなことが起こり得ると想定できるでしょうか。

今、建設業などは業種別最低賃金が設定されて、それは一般の都道府県の最低賃金より高く設定されています。人手不足が賃金を押し上げているとも言えます。ところが、外国人労働者の流入により、その設定が崩れるのではないかと私は心配しています。

それが、さらに進むと日本人に対する雇い止め、首切りが横行することにはならないのか、それも心配です。「君はお払い箱だ!」というものです。

また「介護」の職場は、もともと低賃金の問題を孕んでいますが、さらに賃金の低い外国人労働者の流入は、これまでもそれほどには高くなかったあなた自身の賃金さえも抑制してしまうことになるでしょう。

多くの外国人労働者を入れている国もあるが、世界の状況とは違う?

例えば、サウジアラビアではたくさんのインド人労働者が働いていると聞きます。ですが、サウジの国情として国民には豊富なオイルマネーが腹間から、最近までは税金さえなかったというほどに、国民は豊かなのです。

つまり、サウジの人はたいして働かなくても生活ができるほどに裕福なので、きつい仕事は外国人労働者に任せてしまったということなのでしょう。ところが、日本人はこれほど裕福ではないし、外国人労働者と競合してしまう可能性があると私には思えるのです。

その結果、その両方の賃金ベースを下げてしまいかねないと危惧しているのです。

またアメリカは、中米やカリブ海諸国からのたくさんの労働者や移民を受け入れています。結果、複雑な人種問題は今や大統領選挙にまで影響を与えています。国民を幾重にも分断してしまっている状況のようです。

いずれにしても、サウジでもアメリカでも外国人労働者の流入によって形成されるであろう階級層の段差が、階級闘争の激化につながっていくであろうことが想定されます。ですが、日本では国民の階級意識が低く、連帯が生まれないので国民がシビアーに政権及びそれと結託する支持層との闘いにさえならないというトンマな状態にあります。

従って、外国人労働者が大量に流入した場合に、もともと貧困な多数の日本人層は、外国人労働者層とともに、さらに下方へ沈んでいくことになるでしょう。そのように予測します。私たちは、いよいようかうかとはしていられない状況だと思います。

もう待ったなし!あなたは、本気で就活に邁進すべき時期にきたのではないでしょうか。

就活・転職情報

<サイト管理人の泪です>
そもそも、外国人労働者を大量に入れたいというのは企業の要求です。貧困な一般庶民のの要求ではありません。しかし、結果としてこの国の構造が、富裕層と貧困層の二極分解がさらに進むことになると思います。金持ちはより金持ちになり、貧乏人はさらに貧乏になっていくという最悪のシナリオが見えてくるのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

賃上げ企業の減税拡充(政策)は効果ありやなしや!

11月に政府が打ち上げた政策 新聞報道によると、「政府が2018年度税制改革で、3%以上の賃上

記事を読む

本気で正社員をめざすフリーターのあなた、ポジティフ?それともネガティブ?

有効求人倍率に見る経済動向 今、安倍政権が自画自賛しているのは有効求人倍率が高い水準を推移して

記事を読む

実感なき好景気時代? 2017

経済動向 2017 2017年11月の新聞によると、 GDP年換算1.4%増と見出しにあります。

記事を読む

経団連が21年卒、就活日程の見直し検討の話

経団連の意向 企業の新卒採用に関して、経団連の榊原定征会長の記者会見の内容が新聞に載っていまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

超ブラック!日本の公立小・中学校の教師の労働時間はなぜそんなに長いのか??

この国の教師は奴隷である 日本の教師に教育の自由はありません。そ

「テレワーク」という働き方は、果たして「働き方改革」の救世主と成りうるのか?

テレワークとは、必ずしも働く場所や時間を限定せず、インターネットを

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑