*

第二新卒の転職

「第二新卒」とは、いったいどんなことでしょうか。

「新卒」という言葉は、よく耳にすると思います。大学卒業年次に就職活動をして、卒業と同時に就職するというものです。これを企業側から言うと、大学4年生を対象に試験や面接を行い、内定を出して、卒業と同時に採用するというものです。

それを「新卒採用」というわけですが、日本ではこの慣行が今でも一般的に行われている人事雇用の在り方です。しかし、このやり方は欧米では一般的ではありません。
「新卒採用」という言葉自体見当たらないものでその概念すら希薄のようです。

それに対して「第二新卒」とは、新卒採用から3年以内の転職希望者のことを言うようです。今どき、それもよくある話のような気もします。そして、そこにスポットを当てて就活をサポートする転職サイトやエージェントもあるようです。

 学生時代と社会人のギャップ

学生時代にもつ職業観と実際に就職して働く会社人としての生活に、大きなギャップが生じることは多いと思います。社会人一年生としてやる気と希望に燃えていることがある反面、まだ遊びたい盛りの年でもあるわけです。

わかったようなことは言えても、所詮まだキャリアは浅いですから失敗もあれば、勉強することもたくさん控えています。それでもうまく順風感覚でイケてる状態であればまだいいのですが、一度逆風を感じるようになると、若いだけにモロいことも多いです。

その結果、「辞めたい病」になったり、さらに状態が講じると若くして「うつ」状態に陥ることも最近多く聞くようになりました。

 3年以内の転職、是か非か?

キャリアのことを考えると少なくとも3年は我慢してそれから就活をするほうがいいと言われています。それは、転職志望先の企業の面接などでアピールできるキャリアを身につけるのに大方最低でも3年はかかるであろうという意味でしょうか。

しかし、「第二新卒」という言葉があるという意味合いは、企業がそれだけ若い人材を求めているということの証でしょうか。例え社会人への第一歩のところでつまずいたとしても、それには一端目をつぶってでも、今後に期待するということでしょうか。

そういう点では、第二新採としての転職という選択も人生の選択としてありうことなのかなと思います。なるべく待遇が低下しない範囲で転職が達成されるなら、よしとしなければならない点はあると考えられます。

 本来は労使対等でありたい

新卒採用も第二新卒も、キャリアを付けて就活せよという風潮にしても、もともと採用者側の論理です。常に企業側の価値観に応募者が合わせなければ採用されない社会は、そんなに健全ではないように思います。

今でこそ、採用条件として年齢や性別を表向きには提示できなくなりましたが、それは企業側の裏の思惑として潜在しているだけで、実際は今でも機能しているわけです。

そうではなくて、もっとフェアに採用が行われることが必要だと思うのです。年齢や性別以外にも、もっと幅広い価値観で多様な人材に門戸を開き、その個々人の人となりを見て採用を決めることをして欲しいのです。

高卒だろうが大卒だろうが、キャリアがあろうがなかろうが、もっと人を人として、人間を人間として見て採用を決める健全な入口を保障するような社会にしていきたいものです。

そもそも、一発必中で大当たりのくじを引き当てられるなんて、そんな就職はむしろ奇跡なのかもしれません。一度や二度の失敗にめげずに挑戦していくことが人生を生きていく本当のタフさというものかもしれませんね。

転職サイト情報・エージェント情報

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


スポンサーリンク

関連記事

「この20余年の間、平均年収上昇が低迷しているのは日本だけ??」って本当か?

今の時代、年収が上がらないのは当たり前?? 私たちは、「こんな時代だから、給与が上がらないのは

記事を読む

「転職・就職」と身元保証人の設定

就職の際によくあること ちょっとしたアルバイトやパートの仕事と違って、正式な転職や就職の際、採

記事を読む

転職におけるコミュニケーション能力とは

企業は転職希望者を面接する際に、確かにコミュニケーション能力のある人材を求めているということ

記事を読む

転職、U・Iターンの魅力はどんなこと

「転職」と「U・Iターン」どちらが先にありき? Uターンによる転職の場合には、仕事の内容や条件

記事を読む

就活者は「転職会議」で気になる企業の評判を見てみるといい!

「転職会議」とはどんなものか 転職をしたいとか、就活中の人にとってみれば、気になる企業の評判や

記事を読む

30代、女性・男性、転職の悩み

転職を考える時、30代ともなると年齢面での躊躇が出てくるようです。仕事もそれなりにキャリアを積ん

記事を読む

転職・解雇にまつわるエトセトラ

人生には何事が起るものか、予測がつきません。現職の会社で気持ちよく仕事を続けられることが一番

記事を読む

【the転職】仕事を変えるタイミングをあなたが考える時、、、

辞めたいと思う理由はどんなことでしょうか あなたは現在の職場で、どのくらいの年数務めてこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑