*

転職、U・Iターンの魅力はどんなこと

「転職」と「U・Iターン」どちらが先にありき?

Uターンによる転職の場合には、仕事の内容や条件よりも、郷里へ戻りたいと思うメンタル面の方が大きい感じがします。

自分の郷里には、たいていの場合実家があって、親や肉親が住んでいるなどの血縁関係の拠点が安定的に存在しています。

また、幼いころから育ち馴染んだ源風景や同級生などとの地縁関係の深さがあります。都会に出てみたはいいけど、特にそこにステータスを築けなかったり、馴染めなかったりすると、どうしても過去の心地よい時期への郷愁など思いが募りやすいと言えるでしょう。

また、最近ではUターンだけでなく、自分の気に入った町に住むという選択も一部では盛んになってきているように思います。積極的に市町村が移住者を誘致している場合も多いようですし、人口の多い都市のその周辺部でベットタウン化の進む町の人口が増加するなどの現象もあるようです。

また、もう一つのパターンとして、海や山の自然が適度にあり住民の心意気が優しくてそこに惹かれて移住を決めたとか、そういうところで子育てをしたいなどの動機が聞かれるようになりました。

もともと転勤族としてそこに来たのに、すっかりその土地が気に入り、会社を辞めて転職までしたなどの話もあります。

U・Iターンでの就活は

Uターンで転職する場合、例えば大都市圏から生まれ故郷の地方都市へ移る場合が多いでしょう。その場合の就活はまず求人元の数が大きく減ることが考えられます。

しかし、それでも面接時にどう対応するのか、履歴書の志望動機はどのように表現するのかのなど、悩ましい問題はあります。

例えば、面接時に「Uターンしたいので、取りあえず就職したい」とか、「親の高齢化で、面倒をみるために」など、応募する会社となんの関係のない志望理由を並べてみても、相手には何のメリットも感じさせられません。

そこは、その会社も慈善事業をやっているわけではありませんので、それなりにその会社の業務内容を調べておき、それに対して自分の経験や能力がマッチしていることをアピールする必要があります。

面接官に、Uターンの理由を尋ねられたときには、両親のことなど控えめに個人的な事情も付け加える程度にしておくとよいでしょう。

戻ってから仕事を探すのか、探してから戻るのか

強力な親のコネがあるとか、家が資産家で慌てて働く必要もない等の好条件にない限りは、帰ればどうにかなるというものではなく、もっと慎重なリサーチと、帰省後数カ月の生活費の確保などは必須のことと考えておくほうが安全です。

自分が頻繁に動けない場合は、身内や信頼のできる郷里の知人に求人情報をリサーチしてもらい、コマメに流してもらうなど人脈は利用すべきです。

地方都市や田舎は狭いですから、人から人へ話が回るうちに思わぬ有難いコネに行き当たる場合があるかも知れません。地方の場合は案外にこれがバカになりません。

U・Iターン先にもいろいろあって

Uターン先が、大きな地方都市であるとか、またそれに距離的に近い場所にある場合と、そうでない場合には就活の状況も大きく違う可能性があります。

例えば、全国の政令都市など結構な人口を抱えた地域では、仕事の求人数もそれなりに多いことが考えられますし、その時々の景気の状況もある程度関係するでしょう。

また、目指す業種の分野が、上昇気流に乗っているのか、むしろ市場の縮小が予想される分野なのかの将来性も、就活の目安にされてみてはいかがでしょうか。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク




関連記事

「就活失敗=人生終わりました」って本当でしょうか?

「就活に失敗しました。人生終わりって本当でしょうか?」 これは、あるサイトに寄せられた

記事を読む

サポステ(地域若者サポートステーション)は、あなたのピンチを救うか?

サポステ それは、厚生労働省の委託でNPO法人などが運営する就労支援システムです。厚労省は年齢

記事を読む

35才からの転職サイトでの就活体験

  (E.スズキさんの転職体験) 私は39才男性です。妻と息子が2人います。 私

記事を読む

就活、エントリーシートの書き方、小技編

  本来、エントリーシートはそうそう簡単に書けるものではありません。充実した内容が伴

記事を読む

イノベーションと企業(組織)のフラット構造の関係性

最近、「GAFA」ということが浸透しつつある。Google、Apple、FaceBook、Ama

記事を読む

フリーターや民間から公務員へ転職するなら

フリーターや民間企業から公務員への転職は、どのくらい現実味のあることでしょうか? 少し調べて

記事を読む

初めての就活を成功させるための就活裏話

 バスケマンさん 20代後半 東京都の場合 エントリー数を最大化 毎年行われている新卒の就活

記事を読む

アルバイト経験を就活に活かそう

あなたがまだ、ごく若い世代ならば、アルバイトの経験も就活に活かしたいも のです。アルバイトと言

記事を読む

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社

記事を読む

面接対策、効果的な模擬面接は

あがり症で面接がが苦手という人は多いかも知れません。ノックして面接官の待つ部屋に入ったときから、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

→もっと見る

PAGE TOP ↑