*

私の「面接」体験

最近、私は自分の住む町で市役所が募集している「嘱託職員」募集のある職種に応募してみました。その応募規定には、ある資格が必要とのことだったのですが、たまたま私はその資格を持っていたのです。

面接会場に着き、待機する部屋に入ると、7人の応募者が席についていました。私を含めて8人の面接が実施されるようで、私はその最後の番号でした。

私の希望する職種には、4人の応募があったことが、机の上に用意された資料を見て分かりました。つまり、4分の1の採用確率ということでしょうか。

待つ時間をどういう心境で過ごすか

面接の順番は自分で決められるものではないので、その間にどう平常心を保つかは覚悟して決めておくといいようです。私は、窓の外の風景などを見たりしながら、待っていましたが、意外に平常心を保てたように思えました。

後で思ったのですが、この間にもっと質問想定問答を心の中でしておけば良かったと気づきました。

いよいよ私の順番になる

少なくともドアをノックするまでは、私はあがってはいなかったと思うのですが、入った部屋の中はやはり異次元の世界でした。3人の面接官が正面に座っておられ、挨拶をしたのですが、すぐにいろいろな質問が始まったのです。

私の想定していた内容に近い質問については、応えることにもなんとか無難にこなせたのですが、やはり想定を超えた質問というものがもあるものです。話しながら口の中が乾き、声が少しかすれるのがわかりましたが、相手にそれが悟られないか気にかかりました。やはり、あがってしまっていたのです。

複数の面接官からそれぞれ質問が飛んでくるのですから、どうしても想定外の質問も出てくるわけです。そんなもんだということを、初めからインプットしておけば良かったかな少し反省しました。

そうはじめから覚悟しておけば、もう少し冷静に対応できたかも知れません。なんとか応答はできたのですが、客観的にみて70点ぐらいの出来だったかなと思います。

しかし、勉強になりました。次の機会に活かしていこうと思います。模擬面接などもあったら、尚いいのだと思います。そして対策は、他にもあるものです。

これから、面接を控えているというあなたも、是非頑張って下さい。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク


関連記事

アルバイト経験を就活に活かそう

<ガチ記事> あなたがまだ、ごく若い世代ならば、アルバイトの経験も就活に活かしたいも のです。ア

記事を読む

私たちはどんな時代に生きているのか? 時代に合わせた働き方の選択とは?

働き甲斐のある会社 ある就活サイトの調べでは、以下の観点から見た時の働きやすさトップ10を発表

記事を読む

ビックリの方法で成功!人には言えない就活裏話

<タカヤスさん>      30代後半男性 奈良県 基礎知識の無さに焦る日々 私の

記事を読む

若手社員のOB・OGからのメッセージ紹介いろいろ

各業界で頑張っている若手のOB・OGさんからの就活生へのメッセージを少しばかり集めてみました。

記事を読む

就活は3月がスタートではない。もっと早く動き出そう

  Yasuさん 20代前半男性 山梨 就活の軸を決めよう 一つ目は就活の軸を決めることです

記事を読む

就活情報はどこからゲットする? 情報源は無数!

今やこれほどの情報社会ですから、「就活も情報に始まり情報に終わる」と言っても過言ではありません。

記事を読む

3月1日は就活解禁

3月1日、いよいよ新卒の就活が解禁となりましたね。大学周辺には黒いリクルートスーツの就活スタ

記事を読む

【面接対策】自己紹介と自己PR

転職時の対策 面接対策は、就活の中で非常に重要なポイントとなることは間違いありません。面接時に

記事を読む

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか? もともと、日本企業や日本社

記事を読む

会社説明会解禁!今年は売り手市場?

企業のおごりで懇談会[/caption] 就活はほんとに売り手市場? 3月となり、就活生に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新卒採用から3年後離職率の少ない企業と、初任給の高い企業ランキングは一致するのか?

新卒初任給上昇? 人手不足?とはいうけれど ここ数年では、新卒採

超ブラック!日本の公立小・中学校の教師の労働時間はなぜそんなに長いのか??

この国の教師は奴隷である 日本の教師に教育の自由はありません。そ

「テレワーク」という働き方は、果たして「働き方改革」の救世主と成りうるのか?

テレワークとは、必ずしも働く場所や時間を限定せず、インターネットを

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑