*

残業上限規定、「過労死ライン」はどうなる?

 

働き方改革実現会議

政府は、「働き方改革実現会議」を開き、長時間労働を抑制するための論議をスタートさせた。そこで、問題となるのが「過労死ライン」をどう考えて上限規定を定めるかであります。

政府は経済界からの強い影響から、残業時間の上限規制を高く設定したがり、一方、連合など労働界は、逆に「労基法の示す45時間という目安を守れ」と強く反発しているのです。

現在では所定労働時間が「1日8時間、週40時間」という規定であり、それを超えて残業をさせる場合は労使協定(三六協定)によるものとなっていますが、その協定の合意事項に上限規定が設けられていないことが、問題となっているのです。ですから、今回それをどう設定するかで、もめているわけであります。

「過労死ライン」は月80時間

過労死ラインが月80時間という線が、今では常識となっており実際にはそれを下回った場合にも労災認定が下りている状況なのです。ですが今回の政府案ではそれを超えて80時間~100時間を認めようとするものとなっているのです。

そうなると、労働条件が悪化して問題は多発すると考えられます。過労死ラインを超えて働くことが常態化してしまい、過労死や「うつ」などをはじめ、健康被害が続出することになるでしょう。

法律が、「過労死ライン」を超えた長時間労働に、国が自らお墨付きを与えてしまうのですから、時数を超えても労災認定がなされなくなるでしょう。これでは、まったく昔に逆戻りです。

労使の力関係で、経営者はウハウハの長時間労働を協定として従業員に対し、合法的に押し付けることができるわけです。

厚生労働省が示している上限(目安)は45時間です

「連合」などは、このラインを譲るなと主張しているようですが、欧米では30時間でもすでに多すぎるという感覚なのです。日本人ばかりが、そのように長く働いてどうするのでしょうか。

今の政権をご自由にどうぞと、我々が無関心に走っていると、このようにしてどんどん勤労者は窮地に追い込まれていくのです。給与の上昇も鈍く、この二つの問題は労使間で争われる永遠のテーマだと言っていいでしょう。

労働時間短縮と給与のアップ

これは、古くて新しい問題です。長い間、労使間の闘いのほとんどはこのことに費やされてきたともいえるものです。今も、労働側は「ベアのアップを」と要求し、経済界は「年収ベースで」とかわそうとしています。

そして、過労死がひたひたとあなたの職場にも忍び寄っているかも知れません。

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
スポンサーリンク


関連記事

残業上限「月100時間未満」で決着か??この国は、労働者を過労死させる国?

「過労死促進法?」を作るのか? 3月13日の報道では、安倍晋三首相は連合の神津里季生会長、経団

記事を読む

【サービス残業=賃金未払い残業=違法】今や違法相談ができる時代です

  もともと「サービス残業」とは正確な言い方ではなく、正しくは「賃金未払い残業」と言

記事を読む

「残業250時間、うつ病に」あなたならどうする?

    <目 次>   1ある男性の地裁への申し立て   2「3

記事を読む

パナ〇〇ックお前もか!138時間残業の疑い

  パナ〇〇ックよ!お前もか! 3月16日の新聞によると、パナ〇〇ックデバイスソリ

記事を読む

残業代、時給割増は正確? 請求の必要アリかも?

 目 次 1.残業時間の平均は? 2.残業時間の計算は? 3.残業代の計算は?

記事を読む

過労死ライン「月80時間」を超す残業は公序良俗に反する!

  早期の対策が必要 クロ〇〇ヤマトの宅急便でおなじみ、ヤ〇ト運輸が、社員の残業時間を調査し

記事を読む

【残業上限隠し】「うちはみなし残業だから」の違法性に騙されないようにしましょう

       目 次  ・「みなし残業」って?  ・

記事を読む

過労死!「NHKよ。お前もか!」時間外労働159の過酷さ!

あのNHKで、過去?に過労死が起こっていたという事実に愕然とした。新聞によると、2013年7月に

記事を読む

【残業上限規定】「働き方改革国民会議」は成功するか?

この国には、働き方に関する問題がいくつも存在する この国の解決すべき労働問題の一番目に、残業に

記事を読む

未払い残業代230億円を支払うクロ〇〇ヤマト

今、宅配業界が揺れています。 クロ〇〇ヤマトは、未払いとなっている残業代230億円を支払うの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この国はゆるやかな「独裁国家」である

ゆるやかな独裁国家「日本!」旧統一教会関連内閣、そんなこの国で貴方には

企業はホワイトでなければ生き残れない

ホワイト企業2022 8月 ホワイト企業の条件とはどんなことでしょう

物の価格高騰が生活を破壊する。貴方はどうやって暮らしを守ることができるのか。

■値上げラッシュが生活を直撃 この頃では、毎回スーパーに行くたびにご

「#教師のバトン」に見る教師崩壊状況

■今、教育現場がとんでもないことになっている 「#教師のバトン」の中

新卒採用AI選考AI面接導入が進むとどうなっていくのか 不透明な基準。戸惑う学生。

もうすでにAIは新卒採用に取り入れられていますが、エントリーシートの合

→もっと見る

PAGE TOP ↑