*

30代、女性・男性、転職の悩み

転職を考える時、30代ともなると年齢面での躊躇が出てくるようです。仕事もそれなりにキャリアを積んでいるのでしょうが、20代のうちに転職しておけばよかったとか、派遣の経験しかないのでとか、資格があれば違うのかな、等々、様々に悩むことも多いようですね。

そもそも、30代とはまだまだ「若い」のでしょうか? それとも、「もう若くはない」のでしょうか? 20代なんて、一生懸命なにかに熱中していたり、仕事に打ち込んでいたりするとアッという間に過ぎてしまう時期です。

ですから、転職を考えるのに遅くはない。十分に若いと考えて就活してみるといいのではないでしょうか。30代も前半と後半では若干の違いがあるかも知れませんが、総じて若いと考えていいと思います。

中途採用では

転職を目指すのですから、中途採用という形になります。その場合の気になるハードルとはどんなことでしょうか。中途採用の大半は欠員補充なので、即戦力としてのスキルを求められることが多いということはあるでしょう。

また、一般的に言われていることでは、離職後、3か月以内の再就職が望ましいと言われます。採用側が応募者の能力を疑うからとのことですが、なんだか企業側の勝手な憶測の混じった論理のようにも思えます。

「採用されない売れ残り感」を企業側が感じるのでしょうが、何といっても転職は、人生を大きく左右することですから、応募者としては、いろいろと慎重にならざるを得ない諸事情もあるはずです。

面接では

求められる即戦力としての実力を備えておくことと、もっと若い、例えば20代の人と欠員の補充というピンポイントのポストを争うことになるので、そのことへの覚悟も必要です。一つ二つでめげずに次々とチャレンジするタフさも必要でしょう。

また、面接の際には必ず聞かれることとして、「前職の退職理由」があります。この質問に対して、完璧な応答を準備しておくことは必要です。キャリアアップの前向きな精神を全面に立てるようにしたいものです。

不採用の通知に対しては、転職エージェントを通して、不採用理由を確認することも、場合によっては必要かもしれません。そうして次の就活に活かしていく強靭さを身につけていきましょう。

 

転職できる求人はどれもブラックか?

ハローワークなどに出ている求人で、どれもがブラックとは言えないまでも、一つ一つの確認はしておくべきかと思います。まず、ハローワークや転職サイトに確認をして、それらの情報を収集したり、会社によっては口コミサイトでヒットするかもしれません。

面接の際には、残業時間についてや、残業代の出方、社員の平均在職年数などを質問してみて、面接官の回答の内容やその話のニュアンスなどでその会社のブラック度を探っみるのはどうでしょうか。

ブラックの中身で、多いのは
1.基本給の額に残業代が含まれていないか
2.月平均残業時間の程度が大幅過ぎないか(限度目安は月40時間?)
3.サービス残業(賃金未払いの残業)は発生していないか、
の3点がまず考えられます。

ほかにもブラック度は考えられる

先の3点は、数値的なものなので、ある意味判別も判断もしやすい内容ですが、働いてみないとよく分からないのが、上司と社員や、社員同士の人間関係、社風などです。終始威張り散らす上司が居たり、採用者に対する教育的な支援が行われなかったりの職場は、あまりよくないと思います。

研修などを含めて社員のキャリアアップについて、会社が積極的であるか、それによって昇給など待遇の改善が期されるシステムがあるかなど、様々あります。面接時に詳しい説明があれば、一応マルとしておくべきでしょうか。

どちらにしても、転職を目指すなら、この「ブラック」問題はおそらく避けては通れない可能性は高いと思われます。ですから十分に気を付けながら情報を最大限手に入れてそれを分析しながら判断してみて下さい。

 転職と子育て

子育てに適した環境を求めて転職したい場合もあるようです。子どもの送り迎えなど、物理的な時間の確保するためにどうしても必要なこととして、転職が必要になる時です。会社にその支援体制がなければ、転職を迫られるというケースです。

産休や育休の制度を、どれほど会社が積極的に採用しているかなど、まず大元での問題が解決できなければ、やはり転職が必要になるでしょう。

また、子育て問題は夫の転職問題と関係する場合もあります。特に転職と転居がセットとなる場合には、問題が起こりがちです。幼稚園や保育園探しから、子育てへの実家の支援が得られなくなる場合は転職そのものも難しくなったりします。

転職して、出世はできるのか?

これは、選んだ業種にも依りますし、タイミングや運、上司との関係など様々な要因が考えられますので、一概には何とも言えません。しかし、出世したという人もザラにありますので、期待はしていいと思います。特に、「名ばかり管理職」なら遠くないことでしょう。

またそれは、どれほどキャリアアップできたかどうかでも、大きく違うものです。評価の結果としての出世ですから、せいぜい実績作りに精を出すといいのではないでしょうか。真摯でまじめな態度は貫くようにしましょう。

転職の時点で、管理職採用の会社を探して応募してみる方法もあります。そくキャリアアップにつながるかも知れません。でも、名ばかり管理職には気を付けてください。管理職名目で残業手当が出ないことが、よく問題となりますが、管理職とは、経営陣と一体化しているという実態がなければ、残業代の支払い対象となるはずですから、頑張ってみて下さい。

就活にコネは使うべきか

これは、即答できます。もし、個人的なコネがあれば使うことに後ろめたさを感じる必要はないと思います。そういった幸運には素直に感謝して、それも実力のうちと考えてみてはどうでしょう。

生活におけるいろいろな場面で、いろんな人とコネを意識的に作っておくことも役にたつことでしょう。交友関係の広さは、思わぬことで効果を発揮する場合がありますから。

ただし、あなたが転職先で十分に実力を発揮して、紹介者の顔に泥を塗ることがないように気を付けながら努力することです。

転職回数が多い、派遣、ニート

これらは、転職の場合に、マイナスとなりそうなことです。面接の際にはおそらく面接者のチェックが入りそうな経歴ですね。それぞれその期間などは必ず聞かれると思いますので、どう回答するかは絶対用意しておくべきです。

転職回数が多い場合は、一つ一つの在籍期間の長さが問題とされやすいでしょう。雇う側としては、すぐにまた辞めてしまうんじゃないかという恐怖があるでしょうから、応募するなら、とにかくがむしゃらに若さで頑張ることをお奨めします。

もしあなたがニートの状態ならば、まずそんな状態から抜け出すことが必要でしょう。専門の機関に相談してみるのも有効です。例えば、あけぼのばし自立研修センターなど、24時間相談に乗ってくれるようなところもあり、電話してみるとあなたの明日が開けてくるかもしれませんよ。

転職サイト情報・エージェント情報

<サイト管理人の泪みつるです>

誰しもそれぞれの人生には、転機というものがあり得ます夢の実現や、結婚、就活、転居、進学、資格取得、などたくさんある中で「転職」というものも1つの転機です。

ですから、いざ本当に必要なときもあるかも知れません。そんな時には、勇気をもって一歩前へ踏み出す必要もあるということでしょうか。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

関連記事

転職におけるコミュニケーション能力とは

企業は転職希望者を面接する際に、確かにコミュニケーション能力のある人材を求めているということ

記事を読む

第二新卒の転職

「第二新卒」とは、いったいどんなことでしょうか。 「新卒」という言葉は、よく耳にすると思います

記事を読む

「この20余年の間、平均年収上昇が低迷しているのは日本だけ??」って本当か?

今の時代、年収が上がらないのは当たり前?? 私たちは、「こんな時代だから、給与が上がらないのは

記事を読む

転職、U・Iターンの魅力はどんなこと

「転職」と「U・Iターン」どちらが先にありき? Uターンによる転職の場合には、仕事の内容や条件

記事を読む

「転職・就職」と身元保証人の設定

就職の際によくあること ちょっとしたアルバイトやパートの仕事と違って、正式な転職や就職の際、採

記事を読む

転職・解雇にまつわるエトセトラ

人生には何事が起るものか、予測がつきません。現職の会社で気持ちよく仕事を続けられることが一番

記事を読む

【the転職】仕事を変えるタイミングをあなたが考える時、、、

辞めたいと思う理由はどんなことでしょうか あなたは現在の職場で、どのくらいの年数務めてこ

記事を読む

就活者は「転職会議」で気になる企業の評判を見てみるといい!

「転職会議」とはどんなものか 転職をしたいとか、就活中の人にとってみれば、気になる企業の評判や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑