*

【the転職】仕事を変えるタイミングをあなたが考える時、、、

辞めたいと思う理由はどんなことでしょうか

あなたは現在の職場で、どのくらいの年数務めてこられましたか? だれでも数年のある期間を経て「転職」を考えるということはあると思います。でも、その時のあなたが考える転職したい理由とはどんなことでしょうか?

今あるキャリアをさらにアップしたいが、今の職場ではこれ以上のキャリアアップが望めない。そんなことでしょうか。人には向上心がありますから、その気持ちよく分かります。通常はキャルアのアップと給与は連動する可能性が高いですから、もっといい仕事をして、いい収入を得たいと思う心の動きは順当です。

転職したい理由が他の場合も多く見受けられます。どちらかと言えばネガティブな理由です。例えば、毎日の仕事が単調な内容でつまらない。飽きてしまったからとか、肉体労働で疲れて大変だからなど、それなりに理由としては成り立つ理屈です。

人には、それぞれに理由があるのです

転職したい理由は、人によって様々です。もっと自分に向く職種に転職したいとか、○○系の職種で働きたいなどの希望を持つ人は多く、確かに就いた仕事が好きな仕事で、自分に向いていれば、人は幸せな生活が送れる可能性が大ですから、転職してみる価値は大きいと考えられます。

まだまだ、理由はあります。社風が気に食わないとか、給与が低く経済的に苦しいとか、残業が多くて拘束時間が長い。休日出勤が多くてプライベートな時間が少なくていやだという場合もあります。

会社での人間関係が難しく、パワハラのようなことに困っているような場合もあります。これは多くの場合、けっこう難しい問題です。相手が人なだけに自分ではどうにもできないことが多く、特にパワハラが絡んだりすると、精神的に参ってしまうようなことも考えられます。お見舞い申し上げます。

転職したい理由に、個人的なことがある場合もあります

例えば、実家を出て都会で一人暮らしがしたいので、転居と同時に転職したい場合があります。また、その逆に実家に戻って生活を再構築するために転職が必要な場合もあります。このほか結婚や婚約、パートナーとの関係の在り方と連動して、転職が必要になることもあります。

既婚者の場合で、子育てとの関係でそれができやすい職場に転職したい。あるいは、就職しなければ保育所に子どもを預かってもらえないという場合があります。ほかにも子育てと実家の関係、職場までの距離の問題等々あらゆることが考えられます。そして、それぞれが切実な問題です。

もちろん、「転職しない、したくない理由」もたくさん存在しますが、片やで「転職したい理由」も多く存在しますから、それだけ労働市場というものは流動的なわけです。俗に転職者の多い職場、つまり「入ってきてはすぐに辞める」ことの繰り返しの多い職場には、ブラック企業の臭いがプンプンしますが、絶対にそうとも言い切れません。

 

 転職をしたいと思う時点で、生じる悩みもある

転職したいと思うにつけても、現時点で実際にはそれぞれに職場に勤務しているわけです。そこにはそこでの人間関係があり、同僚のやさしさに支えられている場合は、引き留められることに心が痛んだりするでしょう。

また、上司へのリスペクトを感じていることも多いでしょうから、申し訳ないという心理も働きます。だからこそ、転職したいという意志をどの時点で上司に伝えるのがベターなのかそのタイミングに悩むことは多いです。

転職先が決まってから退職日を決めるのか、イヤイヤ勤務しながらの就活は無理なので、退職後に就活を始めるしかない、でもその間のタイムラグは収入がないのが辛い等々、悩みの種は尽きないものです。

転職をしたいあなたが考えてみるべきこと

基本的に、あなたはまだ若い。その若さは転職・就活戦線において有利に働く武器であることは否定しません。でも、それだけでは十分とは言い切れません。なぜなら、まがりなりにも今仕事をしているのなら、その職場でどれだけキャリアを身に着けることができたのか冷静に検証してみる必要があります。

今あるキャリアは次のステップへの大きなセールスポイントにするべきだからです。もし、そこに足りないものを感じるなら、スキリアップのために資格をとることを検討すべきかも知れません。特に、どんな職種への転職がしたいとの希望がはっきりしている場合は必要なスキルがはっきりしていて、応募の際に有資格者しか応募できないことも多いからです。

あなたが、希望する会社の敷居の高さに合わせる、ゲートの形に合わせる必要があることも大いに考えられることだからです。その点は厳しくセルフチェックしておいた方がベターと言えるでしょう。

転職サイト情報・エージェント情報

あなたの転職を支援・サポートしてくれる紹介サイトがある

あなたの転職への気持ちの本気度が、ある程度のレベルまできたところで、次は何かのアクションを起こす時がやってくるでしょう。地域によってはハローワークの持つ、地域密着の情報が役に立つという場合があるでしょう。

しかし、時としてハローワークの持つ情報にはその薄さを感じ、不満な場合もあると思います。その時に役立つ専門の転職紹介エージェントがあることを御存じでしょうか。

それぞれが得意な分野に特化した紹介業を営んでいる場合が多いので、あなたのニーズにもっとも合いそうなものを選んで登録してみてはどうでしょうか。

それぞれのエージェント(紹介サイト)は、独自の非公開の紹介案件を抱えているようなので、情報を多数欲しい場合は、複数のエージェントに登録するのも賢いやり方だと言えます。比較ができるとか、サイトの特調が見えるなどメリットが考えられます。

エージェントの用意した機能をフルに活用する

どこも、紹介サイトは無料で登録ができ、採用から採用後に至るまで、就活は無料で行うことが出来ます。一切あなたの支払いが生じることはありません。そして多くの場合、エージェントに登録すると、まずカウンセリングのようなことが行われます。そこが始まりですから、あなたの希望を十分に伝えることができます。

カウンセリグ時には、あなたもサイト側の親切度や真剣度を測定して、マッチングのためにどれほど骨を折ってくれるのか、品定めをしましょう。無料で申し訳ないと思う必要は一切ありません。なぜなら、彼らはあなたを企業に紹介し採用されることで、大きな報酬が約束されているのですから。

エージェントは様々な機能を備えています。カウンセリングやアドバイスの機能だけでなく、転職フェアを行って情報を流したり、グループで同じ悩みや目的を共有する人との出会いをつくったりします。セミナーを開催して、OBとの交流を企画するサイトもあります。

エージェントの提供するノウハウはちゃっかりいただく

エージェントでは専任コンサルタントを置き、利用者のニーズをくむだけでなく、いろいろな実務指導も行います。履歴書や職務経歴書の書き方の対策、面接対策、ビジネスマナーの指導などがそうですが、それらは案外と助かるものです。

特に、履歴書に記載しなければならない「志望動機」の欄の書き方に悩む人は多いようです。「それまでの会社が〇〇でイヤだったから」などは書くわけにもいきません。もちろん、通勤距離が近いからとか、給与が多いからとかの理由も応募動機であって、厳密には志望動機ではありません。

志望動機とは、「貴社の〇〇のような業務内容に興味を持ち、その仕事をしたい」とか…のようなことです。それが書けるためには、対象の会社の業務内容についてある程度詳しくなければなりません。その情報はエージェントが持っていますし、書き方も相談できて便利です。

転職サイト情報・エージェント情報

まとめると

・あなたが転職を考える時、それは人それぞれに理由があり、そうそうネガティブに考える必要はないが、自分の現在のキャリアやスキルについて冷静に考えてみることは必要です。

・それでも転職の意志が明確ならば、有利に就活が進められるように、転職紹介のエージェントを利用することが有効であります。自分のニーズに合うサイトを複数選択して登録するといいですよ。

・登録したサイトの機能はフルに活用し、個人では手に入らない情報をたくさん得て、「情報を制する者は、就活を制する」の精神で臨むことが成功の近道です。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

関連記事

第二新卒の転職

「第二新卒」とは、いったいどんなことでしょうか。 「新卒」という言葉は、よく耳にすると思います

記事を読む

就活者は「転職会議」で気になる企業の評判を見てみるといい!

「転職会議」とはどんなものか 転職をしたいとか、就活中の人にとってみれば、気になる企業の評判や

記事を読む

「転職・就職」と身元保証人の設定

就職の際によくあること ちょっとしたアルバイトやパートの仕事と違って、正式な転職や就職の際、採

記事を読む

転職、U・Iターンの魅力はどんなこと

「転職」と「U・Iターン」どちらが先にありき? Uターンによる転職の場合には、仕事の内容や条件

記事を読む

「この20余年の間、平均年収上昇が低迷しているのは日本だけ??」って本当か?

今の時代、年収が上がらないのは当たり前?? 私たちは、「こんな時代だから、給与が上がらないのは

記事を読む

転職におけるコミュニケーション能力とは

企業は転職希望者を面接する際に、確かにコミュニケーション能力のある人材を求めているということ

記事を読む

転職・解雇にまつわるエトセトラ

人生には何事が起るものか、予測がつきません。現職の会社で気持ちよく仕事を続けられることが一番

記事を読む

30代、女性・男性、転職の悩み

転職を考える時、30代ともなると年齢面での躊躇が出てくるようです。仕事もそれなりにキャリアを積ん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑