*

転職サイトと転職エージェントの違いは


転職サイトと転職エージェントはどう違うのでしょうか?

この二つは似て非なるものです。とても平たく言えば、「転職サイト」はサイトの情報を活用しながら自力でどんどん、好きなだけ就活できるものですが、基本は独自の力次第で効果は変わってくるものです。

それに対して「転職エージェント」は、あなた専任(担当)のコンサルタント、あるいはアドバイザーがあなたとタイアップして、あなたの適性や強みを生かしながら求人紹介をしてくれて、それに応募していくものです。

簡単には、どちらがベターであるとも言えません。支援を多く受けられるのは「転職エージェント」ですが、サイト情報から自由に好きなだけ応募できるのは「転職サイト」です。ですから、一番いいのは両方を併用することかも知れません。

あなたに合ったものを活用する

あなたに自信があり、次々に応募したいのなら転職サイトが向いているかも知れませ
んし、あなたに合った支援を受けたいならエージェントを活用するほうがペースは落
ちるでしょうが、急がば回れでいいかも知れないです。

第3者からの評価やアドバイスが欲しい人、気になる人は、エージェントを活用し、あまり気にならない人はサイト活用がオススメです。

履歴書・職務経歴書の書き方や面接対策など細かい支援を受けたいなら、エージェントを活用し、非公開求人などを紹介してもらうのもいいでしょう。

カウンセラーとの相性もある?

あなたの希望と紹介される企業の待遇などについて、うまくマッチしない案件を強引に勧められたなど、エージェントとユーザーの間でのトラブル感有りな話が時々聞かれることもあります。

そんな、話の一方でとても有難かったという声も聴かれます。例えば入社の条件交渉を肩代わりしてエージェントが行ってくれる場合があるからです。「転職サイト」の場合はサイト情報を基に自分で交渉・確認する必要があるからです。

業界情報は、転職サイトではサイトに掲載されている情報が基本です。エージェントでは、コンサルタントの持つ企業情報もプラスして聞くことが出来るかもしれません。

両者のいいところを活かす

両方の登録をして、サイトで仕入れた情報をエージェント活用で活かすとか、逆にエージェントの支援で得られたノウハウを使って、転職サイトで得た情報とマッチングするなどの技を習得していくのは、とても成功への近道だと思います。

転職サイト・エージェント関連情報

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク

関連記事

リクナビNEXTで転職を目指すも、その評価は…

Aさん  40代男性 埼玉県 自分の希望職種 私の場合、もともと編集や文章を書く仕事に従事し

記事を読む

福岡での仕事探しなら、お仕事プラザ(民間職業紹介所)

  業界初の民間職業相談所 今どきは好景気だからなのですが、人手不足の企業や店がた

記事を読む

転職ナビはどれほど便利か?

 <目 次> ・職種別求人数 ・都道府県別求人数 ・その他のサービ

記事を読む

転職でリクナビNEXTを使ってみて思ったこと

 Mさん  30代前半男性 長野県 転職をしようと思ったらまずここへ 自分は半年く

記事を読む

就活者は「転職会議」で気になる企業の評判を見てみるといい!

「転職会議」とはどんなものか 転職をしたいとか、就活中の人にとってみれば、気になる企業の評判や

記事を読む

転職支援サービスのいろいろ、転職サイトやエージェント

転職を支援するサービスはいろいろあります。ハローワークも、転職サイトも転職エージエントも転職情報誌も

記事を読む

就活ナビサイトに登場しない企業は、今や存在しないにも等しい!??

リクナビをはじめとする「就活ナビサイト」は、巨大なモンスターのような存在であります。 就職情報

記事を読む

リクナビNEXTを利用した率直な感想と評価

 makoto.kさん 30代前半男性 宮城 書類関係のアドバイスは適格 転職活動するにあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

→もっと見る

PAGE TOP ↑