*

就活ナビサイトに登場しない企業は、今や存在しないにも等しい!??

リクナビをはじめとする「就活ナビサイト」は、巨大なモンスターのような存在であります。
就職情報会社が多数乱立する中では、リクナビとそれを追うマイナビが双璧であろうと思います。

その他にも、例えばテレビなどでCMしている就職情報会社は、

日経就職ナビ
エンジャパン
学情ナビ
ビズ・リーチ
indeed

等々

挙げればきりがないほどたくさんあります。

今や、多くの企業と就職情報会社のつながりは切っても切れない状態になっています。何故なら、そこには巨大なプラットフォームが形成されていて、企業側は自社の情報をそこに掲載したいわけです。一方、就活者はそこに登録することでたくさんの企業に関する情報を手に入れることができるわけです。

多くの場合、そのプラットフォームは企業と就活者の最初の出会いの場です。

今では、合同企業説明会、会社説明会の予約や企業へのエントリーシートの提出と選考結果の確認などもそこでなされるようになってきました。

企業にしてみれば、本来自社でやるべき事務作業の大きな部分を外注してしまえるわけです。採用活動の煩わしい初期の部分の丸投げでしょうか。就活者にとっては、一つ一つの企業のホームぺージに、いちいち個別にアクセスする必要がなく、便利に使える情報源となるわけです。

■この「便利さ」とは、麻薬のように強力です。

就職情報会社は物作りなど何も行わずとも、双方の情報を集積して、企業と就活者を繋げるだけで、巨万の情報掲載料を得ることができるのです。それだけではありません。

就活者から、集めたアンケート情報などによって例えば「人気企業ベスト50」などの格付けランキングなどを行なえば、これがまた、企業から金を騙し?取る絶好の口実と化すのです。

各々の企業は、就活者における自分の企業の認知度や人気度をとても気にしています。そこに付け込んでは、就職情報会社は各企業に対して競争企業などと比較した就活者情報を出し、もっと露出度を増しましょうなどという営業をかけるのです。

かくして、企業も就活者も就職情報会社の手のひらの上で、いいように転がされてその収益に貢献させられてしまうのですが、今や、そこから得られる情報無くして就活も採活も成り立たないのが現実です。

■ナビサイトは就職情報会社のドル箱

ナビサイトが就職情報会社のドル箱なのはお分かりいただいたと思いますが、サイトに会社の紹介情報だけを載せている場合と、オプション料金を払ってナビサイト経由での「会社説明会の予約」や「エントリーシートの提出」などを行う場合があります。
それは、企業の外注の度合いの違いであると同時に、いくつのナビサイトに紹介を出すのかということも外注の度合いの違いだと思われます。

従って、就活者はナビサイトにはない企業情報は他のサイトから得る必要があり、複数のナビサイトに登録しておく必要があるわけです。弱い立場の就活者にせめてできることとは、いろいろなナビサイトのいいとこ取りというところでしょうか。

■リクナビの不正な個人情報の使用はどこまで糾弾されるのか?

リクナビが行なった就活者の個人情報を基にした予測情報を企業に売りつけるというやり方は、社会通念上とても認められたことではありません。それを、大手企業の数十社が買ってたというのですから、モラルもへったくれもあったもんじゃないです。

無料で登録するということと引き換えに、売り渡した個人情報は相当に莫大なものです。それをトヨタもホンダもリクナビから情報を購入した会社として名前が挙がっていたようです。

当面の間は就活者は、リクナビサイトに登録することをためらい、敬遠することになるでしょう。そして大学のキャリアセンタ^-などの扱いも厳しくなると予想されますから、そうなるとほとぼりが冷めるまではリクナビの求心力が低下することになるのでしょうか。つまり、負の情報も瞬く間に就活者にいきわたっていることでしょうから。

■便利な買い物は、個人情報の売り渡しと表裏一体!

個人情報がダダ漏れしているのは、就活サイトだけではないのです。日頃の通販利用による物品や情報の購入は、まさにそのタイミングであります。個人の氏名、住所、メールアドレス、買い物の内容とそこからくる消費傾向が丸裸となって、その人間の属性がカテゴリー分けされていることでしょう。

何か物を一つ買っただけで、次から次へと売り込みのメールが来ることになります。また、ショッピングサイトでも覗こうものなら、前に覗いたり、検索したりした商品が予期せぬ時に出てきたりします。

中国で国民すべてが顔認識されて管理されているのは、キャッシュレス社会の進行と同時の裏と表の関係にあります。日本のマイナンバーもそうですが、国家に個人情報を深く握られてしまうことの怖さは根底にありますね。

■他にも怖いものはあります。GAFA

GAFAがネット社会のスタンダードを形成し、ルールを自由にユーザーに押し付けています。ネットを便利に活用したいなら、言うことを聞け!ってなもんです。そこにはもうすでに、国家に換わるグローバルな支配者の登場ということになるのでしょうか?

この社会は、情報を制するものこそが、頂点に立ち企業も個人もその手のひらの上で転がされることになる構造となってしまっているのが現状のようです。トヨタも都市銀行も敵わない状況の未来とはどうなるものでしょうか?

■また、就活サイトとそこに情報を掲載したい企業との力関係が、今では逆転しているということに注目したいと思います。物づくりでは有名な一流メーカーも保険や損保会社も銀行も、みんなそうかなと思えます。

就活者の皆さん、これらの状況を踏まえたうえで、これからの就職活動に力強く邁進されてはどうでしょうか。

詳しい就活情報

スポンサーリンク


関連記事

就活者は「転職会議」で気になる企業の評判を見てみるといい!

「転職会議」とはどんなものか 転職をしたいとか、就活中の人にとってみれば、気になる企業の評判や

記事を読む

2~3月、転職フェア情報を緊急リサーチ

いろいろな転職サイトやエージェントが各地で転職フェアを開催しています。2月~3月に行われる、そんな情

記事を読む

福岡での仕事探しなら、お仕事プラザ(民間職業紹介所)

  業界初の民間職業相談所 今どきは好景気だからなのですが、人手不足の企業や店がた

記事を読む

リクナビNEXTで転職を目指すも、その評価は…

Aさん  40代男性 埼玉県 自分の希望職種 私の場合、もともと編集や文章を書く仕事に従事し

記事を読む

転職ナビはどれほど便利か?

 <目 次> ・職種別求人数 ・都道府県別求人数 ・その他のサービ

記事を読む

リクナビNEXTを利用した率直な感想と評価

 makoto.kさん 30代前半男性 宮城 書類関係のアドバイスは適格 転職活動するにあ

記事を読む

転職でリクナビNEXTを使ってみて思ったこと

 Mさん  30代前半男性 長野県 転職をしようと思ったらまずここへ 自分は半年く

記事を読む

転職サイトと転職エージェントの違いは

転職サイトと転職エージェントはどう違うのでしょうか? この二つは似て非なるものです。とても平

記事を読む

転職支援サービスのいろいろ、転職サイトやエージェント

転職を支援するサービスはいろいろあります。ハローワークも、転職サイトも転職エージエントも転職情報誌も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

コロナ騒ぎの影響は労働者にどんな影を落とすのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀

コロナ騒ぎと社会情勢! その影響で労働者はどうなるのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大の一

「お仕事ドラマの女王?」って知ってますか? それは吉高由里子ちゃんのことらしい??

「正義の味方」、「私定時で帰ります」、「知らなくていいこと」と三つ

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑