*

就活企業研究・・・「ホンダ技研」の場合


自動車メーカーとしては「トヨタ自動車」があまりにも有名なので、ここでは2番手のホンダについて少し掘ってみました。創始者の本田宗一郎は、起業家として自動車メーカーの顔として超有名な人物でした。

私も、実はホンダ車を愛用したことがあり、往年のシビックや近年ではのフィットなども乗ってみました。今は妻がNワンという軽自動車を愛用しています。

ホンダ車の特長はエンジンの吹き上がりが良く、アクセルを踏んだ時の速度の上がっていく感覚が踏み込みの強さとイメージ的にピッタリ合っていてストレスを感じさせない点が、私としては一押しです。

戦後のメーカーでありながら企業としては、すでに大企業として日本を代表するメーカーです。かつてF-1レースでの実績も有名なことです。ディーラーもとてもサービス良くイメージ的には悪くないと思います。

沿革(ヒストリーがスゴイ)

1948年  本田技研工業株式会社 創立
従業員34人、資本金100万円。浜松の小さな町工場で自転車用補助エンジンの製造からスタート。

ホンダの歴史は日本の戦後復興のシンボルのような勢いとともにあるようです。チャレンジに次ぐチャレンジがそのまま本田の歴史です。ホンダは終戦後すぐに、自転車の補助エンジン製造メーカーとして、小さな町工場が出発です。 

1958年  スーパーカブ発売
誰にでも扱いやすい便利な乗り物として大ヒット。

60年経った今でも、郵便配達員さんが毎日乗っているあのスーパーカブは、1958年発売なんですね。世界中で愛用されているこの超ロングセラーの商品は、とてつもなく売れているのです。

1963年  待望の四輪進出
軽トラックのT360に続いてスポーツカーのS500も発売。
この年、いよいよ2輪メーカーから4輪メーカーへの飛躍です。

1988年  F1史上初の16戦15勝

アイルトン・セナとアラン・プロストの操る マクラーレン・ホンダMP4/4がサーキットを席巻。</h4>

2000年  ヒューマノイドロボット ASIMO発表
2015年  HondaJet引き渡し開始
2016年  四輪車の世界生産累計1億台を達成

※戦後、自転車で始まった会社が、今ではジェット機まで売るんですね。一大サクセスストーリーですね。こんな会社は自動車好きには堪らないところかも知れませんね。

採用情報

事務系採用 技術系採用 二輪技術系採用の3種の情報が発信されていましたが、給与など新規採用者の待遇面で特別にスゴイというものはありませんでした。企業のごく平均的な内容でした。給与も学部卒で214,400円とありますから、キャリアに伴う昇給に期待なのでしょうか。

会社規模

資本金: 860億円
従業員数
  連結 208,399名
  単独  22,399名
 グループ会社  451社
2015年度 連結業績 

売上収益: 14兆6,011億円
営業利益:  5,033億円
2015年世界販売実績※
全世界累計台数2,765万台
二輪1,699万台 +四輪470万台 + パワープロダクツ596万台
日本 12.0%  アジア 21.4%  北米55.6% 欧州4.7% その他6.3%

                                                                    ー本田技研ホームページよりー

※いうまでもなく、申し分のない企業規模ですね。

昔々、その昔にこんな言葉がありました。

「技術の日産、販売力のトヨタ、世界のホンダ」

ずっと以前には「技術の日産、販売力のトヨタ、世界のホンダ」というこんな言葉がありました。

今では、トヨタが総合力で他に水をあけてリードしている状態です。ですが、日本の各自動車メーカーは、どこもよく頑張っていると思います。国内では、ベンツやBMWなどドイツ車もよく見かけますが、アメリカ車はほとんど見かけません。

今やアメリカの技術で作った車は売れないというのも大きくうなずけます。サイズだけデカくても魅力はないですものね。自動車は日本の経済を牽引してきたという歴史があります。就職では、そんな日本の自動車メーカーを目指すのもいいかもしれませんね。

ただし、生産台数においては今や中国がダントツのトップだそうです。日本の国内で欧州の車はけっこう見かけるものの、中国や韓国の車はまず見かけない状況なので、ついつい気にもかけないことですが数字的にはそうなってるということです。中国の国内販売で伸びているのでしょうか? 今後侮れないこととしてチェックしておきましょう。

 このサイトは、転職希望者、就活生、フリーターさんに役立つ情報サイトです。
スポンサーリンク

関連記事

企業研究:「〇芝」と「〇ャ〇プ」、明暗くっきり!

〇芝の終焉 新聞等マスコミ報道によると、大きい見出しで、「〇芝東証2部に降格」とあります。経営

記事を読む

就活なら「就職四季報」が必携!

特に新卒の就活生にとって強力な味方になるのが東洋経済新報社の就職四季報ですね。ですが、これにもい

記事を読む

企業研究 …「未来工業株式会社」を掘ってみる

  今回の「企業研究」は、第1回ホワイト企業大賞受賞で有名になった「未来工業株式会社

記事を読む

企業研究:コンビニ戦争と採用情報

コンビニ業界は競争を極め、熾烈な戦いを繰り広げている。店舗数にも若干の変化が起こっているる。20

記事を読む

企業研究の味方!「就活AWARD」は最強か?

これまで、私は「企業研究」のカテゴリーに於いては、例えば就活四季報の活用や転職会議における企業の

記事を読む

新卒採用から3年後離職率の少ない企業と、初任給の高い企業ランキングは一致するのか?

新卒初任給上昇? 人手不足?とはいうけれど ここ数年では、新卒採用者の給与で上位に並ぶ会社にI

記事を読む

企業研究・・・キリン対アサヒのビール戦争

  5月ともなると暑い日が増え、ビールが恋しくなる季節に突入します。行楽地の

記事を読む

企業研究なくして志望動機は語れない

  就活において、履歴書に「志望動機」を書いたり、面接で志望動機を問われるこ

記事を読む

あなたの就活、職種で選ぶか、業界で選ぶか!

就活に際しては、おそらく自分がターゲットを絞り込む作業が伴います。それが、業種・業界を絞り込んで

記事を読む

企業研究、やり方のポイントは何か?

企業研究は何から始めるか? 取りあえず気になる企業は片っ端から調べてみるのもいいでしょう。その時

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

非正規労働者 コロナ禍の綱渡り生活

普通に生活をしている中で、スーパーに行ったり、コンビニに寄ったり、

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑