*

就活企業研究・・・「ホンダ技研」の場合


自動車メーカーとしては「トヨタ自動車」があまりにも有名なので、ここでは2番手のホンダについて少し掘ってみました。創始者の本田宗一郎は、起業家として自動車メーカーの顔として超有名な人物でした。

私も、実はホンダ車を愛用したことがあり、往年のシビックや近年ではのフィットなども乗ってみました。今は妻がNワンという軽自動車を愛用しています。

ホンダ車の特長はエンジンの吹き上がりが良く、アクセルを踏んだ時の速度の上がっていく感覚が踏み込みの強さとイメージ的にピッタリ合っていてストレスを感じさせない点が、私としては一押しです。

戦後のメーカーでありながら企業としては、すでに大企業として日本を代表するメーカーです。かつてF-1レースでの実績も有名なことです。ディーラーもとてもサービス良くイメージ的には悪くないと思います。

沿革(ヒストリーがスゴイ)

1948年  本田技研工業株式会社 創立
従業員34人、資本金100万円。浜松の小さな町工場で自転車用補助エンジンの製造からスタート。

ホンダの歴史は日本の戦後復興のシンボルのような勢いとともにあるようです。チャレンジに次ぐチャレンジがそのまま本田の歴史です。ホンダは終戦後すぐに、自転車の補助エンジン製造メーカーとして、小さな町工場が出発です。 

1958年  スーパーカブ発売
誰にでも扱いやすい便利な乗り物として大ヒット。

60年経った今でも、郵便配達員さんが毎日乗っているあのスーパーカブは、1958年発売なんですね。世界中で愛用されているこの超ロングセラーの商品は、とてつもなく売れているのです。

1963年  待望の四輪進出
軽トラックのT360に続いてスポーツカーのS500も発売。
この年、いよいよ2輪メーカーから4輪メーカーへの飛躍です。

1988年  F1史上初の16戦15勝

アイルトン・セナとアラン・プロストの操る マクラーレン・ホンダMP4/4がサーキットを席巻。</h4>

2000年  ヒューマノイドロボット ASIMO発表
2015年  HondaJet引き渡し開始
2016年  四輪車の世界生産累計1億台を達成

※戦後、自転車で始まった会社が、今ではジェット機まで売るんですね。一大サクセスストーリーですね。こんな会社は自動車好きには堪らないところかも知れませんね。

採用情報

事務系採用 技術系採用 二輪技術系採用の3種の情報が発信されていましたが、給与など新規採用者の待遇面で特別にスゴイというものはありませんでした。企業のごく平均的な内容でした。給与も学部卒で214,400円とありますから、キャリアに伴う昇給に期待なのでしょうか。

会社規模

資本金: 860億円
従業員数
  連結 208,399名
  単独  22,399名
 グループ会社  451社
2015年度 連結業績 

売上収益: 14兆6,011億円
営業利益:  5,033億円
2015年世界販売実績※
全世界累計台数2,765万台
二輪1,699万台 +四輪470万台 + パワープロダクツ596万台
日本 12.0%  アジア 21.4%  北米55.6% 欧州4.7% その他6.3%

                                                                    ー本田技研ホームページよりー

※いうまでもなく、申し分のない企業規模ですね。

昔々、その昔にこんな言葉がありました。

「技術の日産、販売力のトヨタ、世界のホンダ」

ずっと以前には「技術の日産、販売力のトヨタ、世界のホンダ」というこんな言葉がありました。

今では、トヨタが総合力で他に水をあけてリードしている状態です。ですが、日本の各自動車メーカーは、どこもよく頑張っていると思います。国内では、ベンツやBMWなどドイツ車もよく見かけますが、アメリカ車はほとんど見かけません。

今やアメリカの技術で作った車は売れないというのも大きくうなずけます。サイズだけデカくても魅力はないですものね。自動車は日本の経済を牽引してきたという歴史があります。就職では、そんな日本の自動車メーカーを目指すのもいいかもしれませんね。

ただし、生産台数においては今や中国がダントツのトップだそうです。日本の国内で欧州の車はけっこう見かけるものの、中国や韓国の車はまず見かけない状況なので、ついつい気にもかけないことですが数字的にはそうなってるということです。中国の国内販売で伸びているのでしょうか? 今後侮れないこととしてチェックしておきましょう。

 このサイトは、転職希望者、就活生、フリーターさんに役立つ情報サイトです。
スポンサーリンク

関連記事

企業研究:軽自動車業界の闘いは熾烈!

軽自動車は、国内8社ほどのメーカーが販売していますが、実質自社で製造しているのはダ〇ハ〇工業株式

記事を読む

就活なら「就職四季報」が必携!

特に新卒の就活生にとって強力な味方になるのが東洋経済新報社の就職四季報ですね。ですが、これにもい

記事を読む

外資系企業「コ〇トコ」について考える

  テレビで池上彰氏が言うには、アメリカでは履歴書に性別・年齢を記入させ、写真を貼ら

記事を読む

就活企業研究・・・「一条工務店」

  住宅メーカーには、大手、中小、小規模な会社など、さまざまに入り乱れて凌ぎ

記事を読む

企業研究・・・「電通」を斬る!

  「電通」と言えば、もうあなたもご存知でしょうか。大手の広告代理店でありな

記事を読む

企業研究 …「未来工業株式会社」を掘ってみる

  今回の「企業研究」は、第1回ホワイト企業大賞受賞で有名になった「未来工業株式会社

記事を読む

就活企業研究・・・「◎芝は生き残れるか?」

  今、あの巨大産業の「◎芝」が大きく揺れている 年間売上高、連結で5兆6,000

記事を読む

あなたの就活、職種で選ぶか、業界で選ぶか!

就活に際しては、おそらく自分がターゲットを絞り込む作業が伴います。それが、業種・業界を絞り込んで

記事を読む

企業研究、やり方のポイントは何か?

企業研究は何から始めるか? 取りあえず気になる企業は片っ端から調べてみるのもいいでしょう。その時

記事を読む

【企業研究】あなたの企業診断の視点は?

     目 次  1あなたは、就活に際して企業の評価をどのよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

「この20余年の間、平均年収上昇が低迷しているのは日本だけ??」って本当か?

今の時代、年収が上がらないのは当たり前?? 私たちは、「こんな時

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑