*

就活企業研究・・・「ホンダ技研」の場合


自動車メーカーとしては「トヨタ自動車」があまりにも有名なので、ここでは2番手のホンダについて少し掘ってみました。創始者の本田宗一郎は、起業家として自動車メーカーの顔として超有名な人物でした。

私も、実はホンダ車を愛用したことがあり、往年のシビックや近年ではのフィットなども乗ってみました。今は妻がNワンという軽自動車を愛用しています。

ホンダ車の特長はエンジンの吹き上がりが良く、アクセルを踏んだ時の速度の上がっていく感覚が踏み込みの強さとイメージ的にピッタリ合っていてストレスを感じさせない点が、私としては一押しです。

戦後のメーカーでありながら企業としては、すでに大企業として日本を代表するメーカーです。かつてF-1レースでの実績も有名なことです。ディーラーもとてもサービス良くイメージ的には悪くないと思います。

沿革(ヒストリーがスゴイ)

1948年  本田技研工業株式会社 創立
従業員34人、資本金100万円。浜松の小さな町工場で自転車用補助エンジンの製造からスタート。

ホンダの歴史は日本の戦後復興のシンボルのような勢いとともにあるようです。チャレンジに次ぐチャレンジがそのまま本田の歴史です。ホンダは終戦後すぐに、自転車の補助エンジン製造メーカーとして、小さな町工場が出発です。 

1958年  スーパーカブ発売
誰にでも扱いやすい便利な乗り物として大ヒット。

60年経った今でも、郵便配達員さんが毎日乗っているあのスーパーカブは、1958年発売なんですね。世界中で愛用されているこの超ロングセラーの商品は、とてつもなく売れているのです。

1963年  待望の四輪進出
軽トラックのT360に続いてスポーツカーのS500も発売。
この年、いよいよ2輪メーカーから4輪メーカーへの飛躍です。

1988年  F1史上初の16戦15勝

アイルトン・セナとアラン・プロストの操る マクラーレン・ホンダMP4/4がサーキットを席巻。</h4>

2000年  ヒューマノイドロボット ASIMO発表
2015年  HondaJet引き渡し開始
2016年  四輪車の世界生産累計1億台を達成

※戦後、自転車で始まった会社が、今ではジェット機まで売るんですね。一大サクセスストーリーですね。こんな会社は自動車好きには堪らないところかも知れませんね。

採用情報

事務系採用 技術系採用 二輪技術系採用の3種の情報が発信されていましたが、給与など新規採用者の待遇面で特別にスゴイというものはありませんでした。企業のごく平均的な内容でした。給与も学部卒で214,400円とありますから、キャリアに伴う昇給に期待なのでしょうか。

会社規模

資本金: 860億円
従業員数
  連結 208,399名
  単独  22,399名
 グループ会社  451社
2015年度 連結業績 

売上収益: 14兆6,011億円
営業利益:  5,033億円
2015年世界販売実績※
全世界累計台数2,765万台
二輪1,699万台 +四輪470万台 + パワープロダクツ596万台
日本 12.0%  アジア 21.4%  北米55.6% 欧州4.7% その他6.3%

                                                                    ー本田技研ホームページよりー

※いうまでもなく、申し分のない企業規模ですね。

昔々、その昔にこんな言葉がありました。

「技術の日産、販売力のトヨタ、世界のホンダ」

ずっと以前には「技術の日産、販売力のトヨタ、世界のホンダ」というこんな言葉がありました。

今では、トヨタが総合力で他に水をあけてリードしている状態です。ですが、日本の各自動車メーカーは、どこもよく頑張っていると思います。国内では、ベンツやBMWなどドイツ車もよく見かけますが、アメリカ車はほとんど見かけません。

今やアメリカの技術で作った車は売れないというのも大きくうなずけます。サイズだけデカくても魅力はないですものね。自動車は日本の経済を牽引してきたという歴史があります。就職では、そんな日本の自動車メーカーを目指すのもいいかもしれませんね。

ただし、生産台数においては今や中国がダントツのトップだそうです。日本の国内で欧州の車はけっこう見かけるものの、中国や韓国の車はまず見かけない状況なので、ついつい気にもかけないことですが数字的にはそうなってるということです。中国の国内販売で伸びているのでしょうか? 今後侮れないこととしてチェックしておきましょう。

 このサイトは、転職希望者、就活生、フリーターさんに役立つ情報サイトです。
スポンサーリンク

関連記事

企業研究なくして志望動機は語れない

  就活において、履歴書に「志望動機」を書いたり、面接で志望動機を問われるこ

記事を読む

就活企業研究・・・「◎芝は生き残れるか?」

  今、あの巨大産業の「◎芝」が大きく揺れている 年間売上高、連結で5兆6,000

記事を読む

さすがト〇タか? 裁量労働制拡大に向けて動き出す!

残業代「月45時間分17万円支給」 新聞では、ト〇タ自動車が裁量労働の対象社員を現在の1,70

記事を読む

企業研究・・・キリン対アサヒのビール戦争

  5月ともなると暑い日が増え、ビールが恋しくなる季節に突入します。行楽地の

記事を読む

企業は国を越えていけ!:「働き方改革」ができない会社は遅かれ早かれ淘汰される!

<相次ぐ大企業の不祥事> あの大企業の東芝が、ここ数年来大きく揺れている。会社の存亡にも関わり

記事を読む

スタバでのバイトが超人気! しかも、就活うけがメチャいいと言うその理由とは?

たかがバイト、されどバイト アンレポートの2017年総括では、学生に人気のアルバイトランキング

記事を読む

非正規労働者の待遇改善は本当に進むのか?

ここにきて、新聞紙上には「正社員と格差一部違法」とか「非正規待遇改善追い風」などの見出しが踊って

記事を読む

ブラック企業?!〇川VSク〇ネコ〇マトの宅配業界

    宅配業界の過酷さ 以前から、宅配業界に勤めると、とんでもない過

記事を読む

イノベーションと企業(組織)のフラット構造の関係性

最近、「GAFA」ということが浸透しつつある。Google、Apple、FaceBook、Ama

記事を読む

企業研究:半端ない働き方改革を実現している会社はあるのか?

サイボウズ株式会社の挑戦 「100人いたら100通りの働き方があっていい」という多様性を尊重す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

超ブラック!日本の公立小・中学校の教師の労働時間はなぜそんなに長いのか??

この国の教師は奴隷である 日本の教師に教育の自由はありません。そ

「テレワーク」という働き方は、果たして「働き方改革」の救世主と成りうるのか?

テレワークとは、必ずしも働く場所や時間を限定せず、インターネットを

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑