*

あなたの就活、職種で選ぶか、業界で選ぶか!

就活に際しては、おそらく自分がターゲットを絞り込む作業が伴います。それが、業種・業界を絞り込んで企業研究を進めるとか、職種を絞って自分の働き方をイメージしながら就職活動を行うなどの方法です。

あなたがどのような方法で、絞り込みを行うにしてもその業界や職種に詳しくなる必要があります。

外から眺めるだけの消費者スタンスだけではなく、その商品やサービスを提供する側の立場に立って考えてみるのも一つの方法でしょうか。

■企画・マーケティングの仕事ってどんな仕事?

大きくは「企画」と「マーケティング」に分かれますが、両方とも手掛けるという場合もありそうです。
企画→サービスや商品を生み出す仕事
マーケティング→サービスや商品を売り込む仕事(市場調査を行い、市場規模やターゲットとなる消費者の好みなどを分析する)

新卒で配属されることは少なく、営業や販売、研究などを経て配属される場合が多いと言われます。市場調査では、統計士やネットマーケティング検定の資格などがあってウェブ解析に長けていると有利であることは間違いないでしょう。その上で、アイデアをアピールできれば強いと言えそうです。

また、商品の売り込みは新商品だけに留まりません。既出の商品やサービスの販売強化にも活用されます。

■情報・通信・ソフトウェア業界

この業界は、幅広い分野があり、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報作業の5つに分類されます。

いずれもIT関連企業との関係が深く、特に、電気、電子、磁気、電磁波などの物理現象や法則を応用したコンピュータなどの機械や器具、および、コンピュータプログラム(ソフトウェア)を用いて情報を扱う技術は欠かせない技術です。

※携帯電話ショップは小売業、スタッフは販売業

■商社業界ってどんなところ?

商社には、総合商社(大手7社)と専門商社(60社以上)がある。扱う商品は食料品から石油・石炭・自動車・通信衛星等々、それこそ多岐にわたります。世界中の会社と取引をし、売り手(仕入れ先)と買い手(納入先)とのパイプ役となる仕事です。

それらの仕事のために、世界中を飛び回るのが商社マン(総合職)と言われています。また、これら輸出入以外に、大手では資源開発・エネルギー開発の投資・IT事業、製品開発から製造・販売まで手掛けることもあるようです。

求められるものは、高いコミュニケーション能力とプレゼン能力、そしてニーズを見極め新しいビジネスを作り出す力などであると言われます。

■マスコミ業界

テレビの影響でしょうか、最も憧れ受験が多いと言われるのがこのマスコミ業界のようです。外見的に放送業界(テレビ・ラジオなど)、雑誌・書籍の出版業界、広告業界、新聞業界など一般の目にも触れやすい状況にあって、それだけ就職を目指す人も多いということでしょうか。

職種としては、プロデューサー、記者、編集者、ディレクター、アナウンサー、イベントプランナーなど一見華やかな仕事の裏には、たくさんの裏方の仕事があります。

■フードサービス業界

この業界は、大きく二つに分かれる。一つは「外食産業」でレストラン・ファストフード・喫茶店・居酒屋などの側面がある。これには、個人経営の零細なものからチェーン店方式の大きなものまでさまざまあります。

しかも、出店と淘汰のサイクルが早く目まぐるしいものがあります。それこそ成功と失敗の表裏が烈しく展開していることがその特徴でしょうか。

そしてもう一つのフードサービスの側面が「中食」と言われるもので、持ち帰って食べるための物を売る産業です。例えば「デパ地下弁当」やスーパーの総菜関係などがそうです。また、「ほっともっと」などの街角にある弁当屋さんなどもそうです。

コンビニエンスストアーやファストフード店などの増加に伴って拡大方向にある産業だと考えられます。

■旅行業界

旅行業は、JTBや日本旅行など大手旅行会社から中小の旅行会社や代理店まで多岐にわたっている。旅行の企画など夢のある仕事には違いないが、「旅行が好きだから」、「英語ができるから」などのありきたりな志望動機だけでは足元をすくわれる厳しい世界でもあります

観光庁の調べによると国内宿泊者数は、外国人観光客の伸びによってけん引されていることが伺える。2015年のベスト3は、1位・中国(1629万人泊)、2位・台湾(1049万人泊)、3位・韓国(674万人泊)という統計が出されています。

このようにアジア近隣国からの観光客が多いことに加えて、東南アジア諸国からの観光客も近年増えているようです。タイやマレーシアなどの人々も多く訪れるようになりました。

この業界の仕事は一見華やかに見えますが、実際には非常に地味で、体力や忍耐力を必要とするものが多いようです。企業間の競争も激しく、価格やサービスの競争に加えて、専門性や他社との差別化の問題など生き残りをかけての闘いが続いています。

ツアーコンダクターなどの職種は人気のようですが、旅につきもののトラブル対応や、海外旅行ツアーでの語学力の問題などいつも付きまとうことがあります。海外でバッグなどの置き引きに遭い、パスポートや現金を取られたときには悩ましい問題となります。ツアーの集団から一端離れて領事館などに緊急に出向かなければならなくなります。

中には、JALやANAなどのように、航空会社が直接旅行業に参入している場合もあります。

■「事務職」ってどんな仕事?

事務職とは、書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対・来客応対などの様々な業務全般を担う仕事の全体を意味します。その分類として一般事務、営業事務、経理事務、総務事務、人事事務・労務事務、法務事務、貿易事務、学校事務・大学事務、医療事務などを総称して指す職種名でもあり、企業の活動に必要不可欠な存在と言えます。

この事務職は、女性を中心に昔から人気のある職種のひとつです。しかし、事務職のことを「単純作業の繰り返しでラクそう」「毎日、定時に帰れる」「パソコンに向かって黙って作業をしていればOK」などと、かたよったイメージでとらえていたとすれば、それは間違いです。

■「接客・販売職」

■「営業職」ってどんな仕事?

見込み客に対して自社の物品・サービスまたは情報、などの商品購入を促して、売買契約を結ぶ職業です。

■SE(システムエンジニア)とは?

コンピュータ システムの設計・作成に携わる技術者。システム エンジニア。皆さんはSE(システムエンジニア)に対してどのようなイメージを持っているでしょうか。パソコンの前に座ってプログラミングをしているイメージを持つ方もいるかもしれませんが、SEのメインの仕事は、クライアントからのヒアリングやシステムの設計を行うことです。

■福祉・介護業界は?

介護業界の市場規模は、9兆5,783億円と言われています。2016年現在での日本の高齢人口(65歳以上)は3461万人で、この国の総人口のおよそ27%を占めています。

2007年に高齢者人口率が21%を突破し、日本は超高齢社会という位置づけになっています。(全人口に占める65歳以上の高齢者の比率が、7%を超えると高齢化社会、14%を超えると高齢社会、21%を超えると超高齢社会と区別されます)

また、2014年に厚生労働省が算出した要介護認定者総数は606万人となっています。高齢化社会の進展に伴って要介護者数は、2002年には350万人でしたがそこからは右肩上がりで、2014年には600万人を突破しました。1ヶ月の平均サービス受給者は500万人に到達するなど介護事業への需要は年々高まっています。

しかし、この業界、同時に悩ましい問題も抱えています。仕事内容の過酷さと賃金の低さによる人手不足の深刻さです。そのあたりの問題の改善状況次第では、この分野に仕事を求める人も増えることでしょう。

■教育業界の概況

教育産業の市場規模は約2.5兆円規模で、このうち4割近くを占めているのが学習塾・予備校市場のようです。少子化に伴って、横ばいか下降が予測されています。

また、企業向け研修サービス市場が増加傾向にあることや、英会話・語学学校市場規模が伸びている半面、通信教育市場や資格取得学校市場は減の方向にあるとも言われます。

■テレビ業界は横ばい?

特に若い世代のテレビ離れが進行しているといわれる昨今です。それを反映してか、テレビ業界の収益は横ばいであるとも言われています。今後収益の規模は減少するであろうとの予測もあります。

売り上げ規模の順位は以下のようです。

1位 フジテレビ 約6400億円
2位 日本テレビHD 約4100億円
3位 TBSHD 約3500億円
4位 テレビ朝日HD 約2800億円
5位 スカパーJSATHD 約1600億円(有料チャンネル)
6位 テレビ東京HD 約1300億円
7位 朝日放送 約800億円(大阪)
8位 WOWOW 約750億円(有料チャンネル)
9位 毎日放送  約680億円(大阪)
10位 中部日本放送 約330億円(名古屋)

1~4位は、東京のキー局です。5位、7位は有料チャンネル、7,9.10位はローカル局です。

就職のターゲットとしては昔から人気の業界で、高給取りのイメージも定着しているようです。その分、就活者の激戦も予想されます。

転職サイト情報・エージェント情報

関連記事

企業研究 …「未来工業株式会社」を掘ってみる

  今回の「企業研究」は、第1回ホワイト企業大賞受賞で有名になった「未来工業株式会社

記事を読む

就活なら「就職四季報」が必携!

特に新卒の就活生にとって強力な味方になるのが東洋経済新報社の就職四季報ですね。ですが、これにもい

記事を読む

企業研究:「小〇製薬」のユニークな商品開発が面白い

==このサイトは、転職希望者や就活者への情報提供を目指しています== 小〇製薬と言えば、私も

記事を読む

企業研究なくして志望動機は語れない

  就活において、履歴書に「志望動機」を書いたり、面接で志望動機を問われるこ

記事を読む

イノベーションと企業(組織)のフラット構造の関係性

最近、「GAFA」ということが浸透しつつある。Google、Apple、FaceBook、Ama

記事を読む

就活企業研究・・・「一条工務店」

  住宅メーカーには、大手、中小、小規模な会社など、さまざまに入り乱れて凌ぎ

記事を読む

【企業研究】あなたの企業診断の視点は?

     目 次  1あなたは、就活に際して企業の評価をどのよ

記事を読む

企業研究:半端ない働き方改革を実現している会社はあるのか?

サイボウズ株式会社の挑戦 「100人いたら100通りの働き方があっていい」という多様性を尊重す

記事を読む

非正規労働者の待遇改善は本当に進むのか?

ここにきて、新聞紙上には「正社員と格差一部違法」とか「非正規待遇改善追い風」などの見出しが踊って

記事を読む

企業は国を越えていけ!:「働き方改革」ができない会社は遅かれ早かれ淘汰される!

<相次ぐ大企業の不祥事> あの大企業の東芝が、ここ数年来大きく揺れている。会社の存亡にも関わり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

「この20余年の間、平均年収上昇が低迷しているのは日本だけ??」って本当か?

今の時代、年収が上がらないのは当たり前?? 私たちは、「こんな時

「内定ブルー」をぶっ飛ばせ!就活者の悩みは尽きない!

内定ブルーとは 現在、売り手市場の社会状況の中で、これまでは、内

就活のスタートは、大学入学のその日から

大学一年のはじまりは同時に就活のはじまり! あなたは、高校時代に

改正出入国管理法成立で、街に外国人労働者が溢れ、その煽りで貴方が職場からお払い箱になる日?!

この国では、相も変わらず欠陥だらけの法案をゴリゴリと国民に押し付け

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑