*

就活企業研究・・・「◎芝は生き残れるか?」

 

今、あの巨大産業の「◎芝」が大きく揺れている

年間売上高、連結で5兆6,000億超、単独でも2兆8,000億超のあの巨大産業にして大のピンチなのである。2016年度の決算が最終的にままならない状態で、そのままで行けば東証一部から陥落してしまうのだという。

当期純損益9,500億円という数字も気の遠くなるような巨額なもので、東芝はすでに解体が始まっているという人もある。半導体事業を売却して乗り切ろうとしているようだが、残る事業部門で今後立っていく見通しが立たない模様だ。

創業1875年、従業員数(連結 187,809人、単独 36,601人)という、まるでお化けのようにデカい企業が、なぜこれほどにピンチなのか?その答えは簡単だ。それは、あまりにも無謀な原発事業の推進にあった。

そもそもケチの付き始め

見通しの甘さは、アメリカの原発事業(ウエスチングハウス)を買取りしたことである。そもそも、原発事業とは未来のない産業である。稼働すればするほど、核のゴミが溜まり続けていくばかりで、その保管に当っては何十万年という気の遠くなる話なのに、そんなものに手を出すこと自体がクレージーだ。

原発事業は国策で始まったものであり、国と企業は一蓮托生の犯罪者なのだが、今や福島の廃炉作業という十字架も背負っているので国としても東芝を潰すわけにはいかないことのようだ。

安全の見通しが立つはずもない原発を無理して稼働させ、時間(年数)とともに老朽化していくばかりの状況の中で、廃炉のコストと核のゴミの保管のコストだけが残り続けるという明日無き暗い未来は、もう既に始まってしまっているのに、今も再稼働したいという国とその勢力はまさに亡国の愚挙である。

大事故は起きてしまったのだ

福島は、正に究極の事故でした。その処理の見通しなどつくはずもないほどなのに、全国の原発を動かそうなどと、とんでもない馬鹿をしでかそうとする政府と企業は、気が知れない。今回の東芝の件は罰が当たったようなものだな。

「メルトダウン」とも「メルトスルー」とも言われる究極の事故を起こした福島原発の大事故から早7年経った今も、その核心部分の原子炉内には人は近づくことさえできません。放射線の強さと高温状態のためにロボットでも早々にダウンしてしまいました。

そんな大事故を、覆い隠して福島があたかも復興の方向に向かいつつあるかのような演出は止めてほしいものです。

原発の安全神話は崩れた

実は、国も電力会社も「安全」という言葉は使ったことがない。「安全性の追求」と言い続けてきただけである。「安全性」と言う言葉は、「危険の存在」を前提としながらも「危険の存在を覆いつくして国民に、あたかも安全であるかの如き印象を与えて、心理を誘導するための言葉」だった。

つまり、「安全性」とは、「危険」ということの別な言い方に過ぎないのです。こと原発に関しては、「安全性」なんてものはなんの意味もありません。「安全」そのものでなければ放射能の被害が避けられないからです。

原発に安全はありません。危険のみが存在します。田舎にその危険のリスクを押し付け、下請け労働者に被ばくのリスクを押し付けることで成り立っている原発、それを運営する電力会社と、原発産業の東芝、日立、三菱などに未来はないと思います。

それは、二つの「差別」を前提にしています。一つは「田舎(ローカルな過疎地)なら、被爆してもまあいいだろう。」という田舎差別です。もう一つは「底辺の下請け労働者ならば、被爆してもいいだろう。」という労働者差別です。こんな差別を前提にしないと成り立たない企業活動なんて、そもそも未来があると思えますか。

東芝の採用情報

そんな、台所が炎上中の東芝ですが、その採用情報はどうなっているのでしょうか?

驚きですが、新卒だけでも事務系50名、技術系150名の採用募集がなされているようです。これだけの巨大企業にしては少ないようですが、採用もあるにはあるんですね。

この他にグループ会社が様々あって、それぞれで採用情報が出されているようなので、就活をかけるならば、そこから景気のいいグループ会社を選んでやってみるのはアリかも知れません。以下に資料を添付します。
普通ならあなたの実力では入社も無理な大企業でも、あり得ないほどの炎上中ならば勝算の目はあるかもと考えられます。

<東芝ホームページから>
新卒採用企業一覧
東芝キヤリア株式会社
東芝ソリューション株式会社
東芝プラントシステム株式会社
東芝自動機器システムサービス株式会社
西芝電機株式会社
東芝エレベータ株式会社
東芝テック株式会社
東芝テックソリューションサービス株式会社
東芝テック画像情報システム株式会社
テックインフォメーションシステムズ株式会社
国際チャート株式会社
株式会社TOSEI
東芝三菱電機産業システム株式会社
東芝EIコントロールシステム株式会社
東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社

キャリア採用企業一覧

東芝プラントシステムズ株式会社
東芝テック株式会社
東芝テックソリューションサービス株式会社
テックインフォメーションシステムズ株式会社
国際チャート株式会社
株式会社TOSEI
東芝三菱電機産業システム株式会社
東芝EIコントロールシステム株式会社


<管理人の泪です>

ピンチをチャンスと考えれば、通常の就活では苦戦をしているあなたでもチャンスの芽はあるかも知れませんね。健闘を祈ります。

このサイトは、転職希望者、就活生、フリーターさんに役立つ情報サイトです。

スポンサーリンク

関連記事

企業研究・・・「電通」を斬る!

  「電通」と言えば、もうあなたもご存知でしょうか。大手の広告代理店でありな

記事を読む

企業研究、やり方のポイントは何か?

企業研究は何から始めるか? 取りあえず気になる企業は片っ端から調べてみるのもいいでしょう。その時

記事を読む

イノベーションと企業(組織)のフラット構造の関係性

最近、「GAFA」ということが浸透しつつある。Google、Apple、FaceBook、Ama

記事を読む

企業研究、こんな企業は避けたい4つのポイント

   【目次】  1.財務体質を見る   ①売上高利益率   

記事を読む

企業は国を越えていけ!:「働き方改革」ができない会社は遅かれ早かれ淘汰される!

<相次ぐ大企業の不祥事> あの大企業の東芝が、ここ数年来大きく揺れている。会社の存亡にも関わり

記事を読む

就活企業研究・・・「ホンダ技研」の場合

自動車メーカーとしては「トヨタ自動車」があまりにも有名なので、ここでは2番手のホンダに

記事を読む

就活なら「就職四季報」が必携!

特に新卒の就活生にとって強力な味方になるのが東洋経済新報社の就職四季報ですね。ですが、これにもい

記事を読む

あなたの就活、職種で選ぶか、業界で選ぶか!

就活に際しては、おそらく自分がターゲットを絞り込む作業が伴います。それが、業種・業界を絞り込んで

記事を読む

企業研究 …「未来工業株式会社」を掘ってみる

  今回の「企業研究」は、第1回ホワイト企業大賞受賞で有名になった「未来工業株式会社

記事を読む

企業研究:「小〇製薬」のユニークな商品開発が面白い

==このサイトは、転職希望者や就活者への情報提供を目指しています== 小〇製薬と言えば、私も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

時代は「総合職型採用」(日本的正規雇用形態)から「ジョブ型雇用」(欧米式)へと移行していくかもしれない

日立製作所が人材雇用に関してジョブ型へ移行すると発表したということ

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! その行方はいかに?

「賃上げなきインフレーション」庶民の生活を直撃! 2021~202

うぅぅ~ 寒っ!!「地球温暖化CO2原因説」には道理がない!

ガリレオガリレイ[/caption]

【東洋経済メール】教員600人アンケート調査の結果を見て、教職の過酷な実態を思う

□労基法に拘束されない教職の職場の不思議 「東洋経済メール」の実

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

→もっと見る

PAGE TOP ↑