*

うまくいくための就活


夢と現実の狭間で

私の夢は正社員のライターになることです。そこを目指して前向きに行動してきましたが、ただでさえ競争率の高いライター職であること。私の汚れた職歴が災いし4年半以上お仕事探しをしてきたものの、全く採用までに至りませんでした。

ライター職と同時に条件面を意識した工場での作業系のお仕事も探していました。今思えばどちらかはっきりさせなかったことがいけなかったようにも思いますが、夢と現実を両方とも受け入れなければならなかったので、仕方ありませんでした。

したがって生活があるので今すぐ働かないといけない方向けの内容にします。

リギリまで探したライター職

とはいえ本音はライターになりたかったことです。仕事をしながら探すことも嫌だったので、お金に余裕がある内は仕事探しだけをしていました。しかし現実は厳しくお金がある内に目標を達成できることはなく、嫌でも何かしら仕事先を決めなければならない状態になりました。

その時は現実を受け入れられず、何もしたくない精神状態でした。それでも生きるためには妥協しないといけないので、気持ちを切り替えて仕事探しの戦略を練り直しました。

今なら断言できますが、仕事をしながらの方が気持ちの余裕が全然違うので、なるべく残業がない会社を見つけてください。

その中で選んだ職場

言葉は悪いですが生活のための仕事ですから、残業や休日出勤は除外しました。そしていくらやりたい仕事ではなくても、正社員になることも難しいと感じていたので、派遣社員で上記の条件を満たした職場を探しました。

何社も受けて感じたことはどこも大概、対応がいい加減だったことです。

提示されていた労働条件が大きくことなっていたことが何度か続いたり、直前で日時を変更してくれと頼まれたり、酷い時には向こう都合で約束した日時を破られたこともありました。こんなことがあったので、今後は二度と派遣という働き方は除外するつもりです。

派遣として働いて 現在とこれから

私は、職なしの状態で切羽詰った状況から自分の条件に合った職場を見つけて、九死に一生を得ました。その職場は幸運にも少数精鋭でルーティンワークがメインなので、働きやすい職場だと感じていました。

仕事でミスしてしんどい時もありましたが、そんな時は派遣会社の営業の方に愚痴をこぼして何とかやってこれています。残業もないのでプライベートはライターになるための行動を起こせる訳ですが、平日は疲れ果てて20時過ぎから長時間寝ることもあります。

それでも恵まれている方なのは承知しているので、後は空いている時間で正社員のライターになるために行動し続けるのみです。

転職サイト・エージェント関連情報

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク


関連記事

若手社員のOB・OGからのメッセージ紹介いろいろ

各業界で頑張っている若手のOB・OGさんからの就活生へのメッセージを少しばかり集めてみました。

記事を読む

公的機関に転職が決まりました。就活してよかった!

転職を決めたきっかけ 30代、主婦です。以前は結婚前に勤めていた金融機関にパートとして雇用

記事を読む

就活は3月がスタートではない。もっと早く動き出そう

  Yasuさん 20代前半男性 山梨 就活の軸を決めよう 一つ目は就活の軸を決めることです

記事を読む

正社員になるための就活

就職活動のむずかしさ 正社員までの助走 今の時代、転職しても当たり前の時代。それこそ15年く

記事を読む

就活生は企業訪問をしろ!!【就活裏話】

 就活生はOB・OG訪問をしろ! F・Rさん 20代前半 東京都の場合 就職活動には色々なツ

記事を読む

就活(就職活動)で都会生活と給与アップ!

就活(就職活動)のきっかけ 就活(就職活動)を始めるきっかけは、人それぞれあると思います。私

記事を読む

信用金庫への就活(フィロスさんの場合)

就活のターゲットを決める 私は学生時代、大手信用金庫への内定を取ることができました。 初めは、業

記事を読む

初めての就活を成功させるための就活裏話

 バスケマンさん 20代後半 東京都 エントリー数を最大化 毎年行われている新卒の就活という

記事を読む

私の就活体験談 

<ヒロさんのケース> 大学生~就職活動 自身の就職活動は世間の「就職活動開始」という時期

記事を読む

35才からの転職サイトでの就活体験

  (E.スズキさんの転職体験) 私は39才男性です。妻と息子が2人います。 私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑