*

35才からの転職サイトでの就活体験

 

(E.スズキさんの転職体験)

私は39才男性です。妻と息子が2人います。

私は35歳の時、それまで勤めていた会社の業績が著しく悪くなり、賞与が大幅減額となったため、転職を思い立ちました。最初に登録した転職サイトは、[en]ミドルの転職です。こちらに、名前や年齢等の基本情報や、職務経歴を登録しました。

登録するといきなり、10通ほど、転職エージェント会社から、転職先の紹介メールが届きます。最終的には40通ほど届きました。その中から、4社のエージェントを選びました。選出した基準は、メールの文面から、そこにある職種などを見て相談出来そうなエージェントを選びました。

私は、IT業界にてプリセールスをしているのですが、過去に経験した開発に戻れないかと考えていたためです。しかし、開発部門は給料が比較的安い求人しかないため、悩んでました。

転職エージェント

最初に訪問したエージェントは、大崎駅近く(東京都)にあるW・P社です。

若い女性がコンシェルジュとして対応してくれました。転職エージェントの中では、中堅の会社ですが、マニュアル通りの対応で、システムの紹介と10個程度の求人の紹介で終わりました。

次はV・C社。こちらは、私と同じ年程度の女性で、心理テストから、自分に合った職種をアドバイスしてくれます。また、内定を複数同時期に取ることが、転職活動を成功させるコツであることを教えてくれ、一番信頼できると感じました。

最後は、A・F社という中堅会社で、男性2名で面談します。こちらは頼りない感じで、2名のため、打ち解けられないという感じでした。

優秀なエージェント

その後、I・G社のキャリアコンサルタントの方から、求人数では、リクルート社が1番ですよというアドバイスを受けたため、リクナビNEXTの転職サイトに登録しました。そして、リクナビのキャリアコンサルタントとも、面談しました。

30代前半のとても綺麗な女性が対応していただき、大変優秀な方でした。転職エージェントだけでも、これだけ、色々あり差があります。私は、インゲート社を軸に、複数のエージェントから求人にエントリーしました。

I・G社は中小企業のため、求人数が少なく、リクナビのシステムから求人を探して、I・G社で、できる限りエントリーしました。30社ほどエントリーして、9社書類審査に通り、面接しました。

I・G社は大変優秀で、面接の日程調整もインゲート社が一番早く決まる傾向がありました。逆にA・F社は一番遅く、私の名前をメールで間違える始末でした。

内定を勝ち取る

I・G社は、面接の模擬練習をしてくれました。特に、スマホのビデオで自分を撮影して練習した方が良いということで、大変役に立ちました。そのため上手に自己PRが出来、9社とも内定を得ることが出来ました。

私はシステムインテグレータの4社、ソフトウェアベンダ2社、事業会社の社内SE3社にて内定をもらいました。リクナビのキャリアアドバイザの方からは、35才~45才は、書類審査通過は2割~3割、面接通過は、4割という情報を頂いていたため、良い結果だと考えています。

ちなみに、35才以下は書類審査通過は4割、面接通過は、2割ということです。35才を過ぎると、大きく業種や職種を変えようとしても、書類審査に落ちたり、内定をもらっても高額な給与は提示されません。

私は、現職に一番近いシステムインテグレータで、職種も現職に一番近いものを選択しました。給与もそこが一番良かったという結果です。

<サイト管理人の泪です>
スズキさんは、複数のサイトキャリアコンサルタントから情報を得て、複数のエージェントからの会社紹介を受けることが出来て、果敢に面接に挑戦されたことで好結果が得られたように思われますね。その時の体験の様子がよく伝わってきました。


職サイト・エージェント関連情報


このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク

関連記事

嘱託職員募集と採用(某S市の場合)

私の住むS市では、毎年1月号の市報記事で、嘱託職員の募集が行われています。市報は12月月末に

記事を読む

就活情報はどこからゲットする? 情報源は無数!

今やこれほどの情報社会ですから、「就活も情報に始まり情報に終わる」と言っても過言ではありません。

記事を読む

「この20余年の間、平均年収上昇が低迷しているのは日本だけ??」って本当か?

今の時代、年収が上がらないのは当たり前?? 私たちは、「こんな時代だから、給与が上がらないのは

記事を読む

就活のルールがなくなるって本当??

波紋を呼ぶ経団連の会長発言! 数年後から「就活ルールを決めないことにする」(これまでのルールを

記事を読む

サポステ(地域若者サポートステーション)は、あなたのピンチを救うか?

サポステ それは、厚生労働省の委託でNPO法人などが運営する就労支援システムです。厚労省は年齢

記事を読む

それは悩みすぎ??もう苦しまない就活のための思考法

<F・きりん>さん  20代後半男性 東京都 就活は苦しいという話を聞いた 私は21歳の4

記事を読む

ホントはこうだ!就活裏話のエトセトラ!学歴偏重はあるのか?

「就活のバカヤロー」という光文社新書を読んでみました。そこから得た情報を以下に紹介してみましょう

記事を読む

第二新卒として挑戦した転職

=転職体験= 30代前半 男性Aさん 「結婚」によって気持ちが転職に傾き始めました 私は以

記事を読む

初めてのインターンシップ

スィンさん(20代前半 男性) 福島県 インターンシップって何? 大学生や就職活動をしている

記事を読む

自分が知らない業界におけるインターンシップ体験談

大阪府 20代前半男性 ケイタさんの場合 学内セミナーの重要性 私が通っていた大学では例年1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑