*

【就活】集団面接での「グループワーク」対策

 

面接手法の多様化

グル-プワークトレーニングという分野がありますが、このトレーニングの目的は協調性コミュニケーション能力を鍛えるというのが主目的です。あらかじめ役割を決めておくなど、グループディスカッションと似ている点もありますが、その手法や内容は大きく異なります。

今どきは採用のための面接の方法が多様化しつつあると言われます。「グループワーク面接」「グループディスカッション」などの方法の採用例が増えてきたことによるものです。

この、「グループワーク」が面接に取り入れられることは特別に多いわけではありませんが、一次面接か二次面接の早い段階で取り入れられ、集団面接のように多い人数からキラリと光る人材をチェックして、他はふるい落とすという人数を少数に絞るためにとられる手法だと言えるでしょう。

 

一般的にグループワークでは、以下のようにやり方にいくつかの特徴があります。

・目的となるミッションがあり、制限時間が設けられていること。
・課題として、業種に見合ったテーマが設けられることもあります。

・司会(進行役・ファシリテーター)、タイムキーパー、書記、その他のフリーな立場の人というように役割を決めて始めることが多いこと。(特にグループの人数が多い場合)
・例えばの一例として、内容の違う情報カードをそれぞれが持ち、見せ合うことはNGでも、口頭で伝えることはOKというように、いくつか一定のルールが決まっています。

会社の面接の一環ですから、それは例えば、「新商品の販売プロジェクトの計画」であるとか、「海外における商品の広告戦略」など、それぞれの会社の業種にマッチした題材からミッションが模擬的に設定されるというものです。


積極性のアピールが鍵となる

これは、面接での選考のために利用されるのですから、やはり面接官のチェックの網に掛かるような積極性が必要です。役割を自分たちで決める場合は、進行役を自ら買って出るくらいの積極性が欲しいものです。

進行役は、全体のリーダー的な立場にはなりますが、独断でものごとを進めず、他の人の力を引き出すような役目であると考えたほうがいいかも知れません。難しい言葉でいうとファシリテーション能力が求められます。

書記は、みんなの意見や出された情報をただ単にメモするというだけではありません。その要点を上手くまとめる必要があります。最後にグループごとの結果発表の場合には、そのまとめたメモをもとに、数分で全体に発表する機会が与えられます。その時は、書記の最大の見せ場です。いかにまとめた内容をうまく説明できるかは大きなアピール点です。

グループに課せられたミッションがありますから、最後はメンバー全員でその目的を達成して一つの答えにまとめ上げる必要があります。

まとめると

グループワークとは、もともとグループのメンバーがコミュニケーションを駆使して、協力してミッションを解決していくことを前提にルールが仕組まれているものです。ですから、積極的な参加の仕方やそこで発揮できた発言力、リーダー性などが必然的に評価されていきます。

必ずしも、進行役がいつも上手くグループを牽引できるとは限りません。迷走するようなときには、上手くフォーローするとか、代わりにまとめるための提案や発言をするなど、臨機応変な対応力も必要です。

難しいのは、この手法がグループあってこそできることなので、練習ができにくいことです。ですから、大学の授業などで経験できるチャンスがあれば、是非参加して経験しておくことが大切です。

また、市民団体などでそんな試みをしているようなところもあるかも知れません。例えば、途上国支援のミッションを掲げて、グループごとにアイデアを出し合うなど、グループワーク形式の手法を試みる場合もあるかも知れません。アンテナを張って調べてみるといいでしょう。

私の知るところでは、どの県にも組織のある定番なものとして「ユニセフ」の組織があります。これには、イベントなど個人レベルで自由に参加して中身を覗くことができるので、即経験できるものとしてお勧めです。
目的を「就活のため」と絞らなくても単純に楽しめる部分もあるので、経験としては有意義でしょうから。

転職サイト情報・エージェント情報

<サイト管理人の泪みつるです>
面接の方法は全体的には多様化の方向に進んでいます。ですから就活者はそれらのことに何らかの対応する必要があります。
集団面接の場合は練習のしにくい場面も多いので、その目的やチェックポイントについては良く理解しておくようにしたいものです。

このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
スポンサーリンク

関連記事:カテゴリー「面接」

関連記事

集団面接(グループディスカッション)の就活対策とコツ

企業の採用試験では、集団面接にグループディスカッションの方式を採用している会社が増えています。そ

記事を読む

面接時の自己PRを準備しよう

「企業がどんな人材を求めているか」については、あなたがターゲットとする企業やその業種

記事を読む

【今どきの面接】プレゼン面接への準備をしよう

  プレゼンとは 大きな意味では、掲示物やフリップ、実物モデルなどを使いながら、何

記事を読む

転職目指すなら、取りあえず最低限の面接マナーを早わかりで!

あなたがもし、1週間後に転職のための面接を受けることになったとします。もう、すでにファイナルカウ

記事を読む

面接対策、効果的な模擬面接は

あがり症で面接がが苦手という人は多いかも知れません。ノックして面接官の待つ部屋に入ったときから、

記事を読む

面接で緊張をほぐす方法

応募した会社との面接というイベントは、もしかするとあなたのその後の人生を大きく左右する結果となる

記事を読む

新卒者に面接官が仕掛ける質問の罠とは?圧迫面接など…

 <目次> 1面接官はプロ 2追及面接 3圧迫面接 4逆質問面接

記事を読む

内定をつかむ最強の自己PR小ネタ集

全体的に日本人は自己PRは苦手のようです。たまに自分の自慢話ばかりを聞かせたがる人もいて、聞かさ

記事を読む

面接でよく出る質問例とその対策

面接では、様々な質問がやってきます。中には予想も想像もできない質問もあるかもしれません。今回は、

記事を読む

面接で時事問題や一般常識を問われたら

市役所採用を目指すあなたには、一般的な常識や社会的に問題となっている問題や時事問題についてのあな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

コロナ騒ぎの影響は労働者にどんな影を落とすのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大

「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」 今年もサラリーマン川柳から目が離せない

今年もサラリーマン川柳の主な入選作品が発表された。いずれも良くできた秀

コロナ騒ぎと社会情勢! その影響で労働者はどうなるのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大の一

→もっと見る

PAGE TOP ↑