*

就活を振り返って思うこと


転職検討を開始

今から数年前の話ですが、給料とボーナスに不満を持っていたので転職を考えるようになりました。海外赴任を経験し、英語と中国語を話せるようになった自分に自信がついていたことが背景にあります。

特に意識せずにさまざまな業種の企業を知ろうと転職サイトにアカウントを設定し、ヘッドハンティングの会社にも連絡をして、金融の仕事をしていたため、金融を中心に企業を紹介してもらいました。

待遇面や給料、今後のキャリアパスのイメージを転職サイトや実際に採用担当と話す機会を設けて頂きました。その時、仕事を定時で切り上げて転職活動するのは少し大変でした。

人事担当との面接

いくつかの企業をみていくうちに、待遇面で非常に魅力的な企業をみつけ、実際に話を伺いにいくとともに一次面接を受けました。

その企業は日本を代表する保険会社で、人事担当の方も非常に誠実な方で、それでいて私の適性を少しずつみているように思いました。それまでの職歴やスキルを話していくなかで、先方も私に興味を持つようになり、再度面接をする約束をしました。

1週間後、別の人事担当の方を含めて先方は二名で面接をしました。私の家族や仕事と家庭のバランスといった内容を中心に話しました。仕事だけでなく家庭を重視する私の考え方にも理解を示されました。

内定そして決断

さらに1週間後に転職サイトの方を通じて、同社からオファーがきているという通知がきました。待遇面では当初提示されていたものより、かつ、その時の自分の給料よりも高い水準のものを提示されました。

待遇面では全く問題なく、妻に話した時の反応も上々でした。検討の猶予が1週間ほど与えられ、さまざまな面での検討に入りました。10年後のその会社における立ち位置や給料の伸び率を転職サイトの方と話し合う機会も設けました。

ただ、その時手掛けていたプロジェクトも最終段階に入っていて、そちらを継続するか非常に悩みました。結果はその時の会社に留まることを決断しました。

今になって思うこと

妻と話していても、たまにあの会社に行っていればという話は出ます。確かに安定した会社で高収入が見込めたのは間違いありません。でも、私なりに当時の決断は間違いではなかったと思います。

その後更に大きなプロジェクトの中心として仕事ができ、その成果も認められ現在の会社での立ち位置は目指すべきポジションにいると自負しています。給料も当時から大幅に増加し、内定を頂いた会社から提示されたものと同額程度ないしそれ以上頂けるようになりました。

自分なりに悩んだ結果がよい形で仕事に転換できたように思います。今になって思うことは、転職活動は自分の市場価値を知る良い機会になりました。また将来なりたい自分の姿に近づくにはどうしたら良いかを考える契機になったと思います。

転職サイト・エージェント関連情報

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク


関連記事

私の就活・転職活動での失敗・成功談

<バンさんのケース> 業種研究は必要か? 面接等で必ず聞かれる質問は「何故この

記事を読む

信用金庫への就活(フィロスさんの場合)

就活のターゲットを決める 私は学生時代、大手信用金庫への内定を取ることができました。 初めは、業

記事を読む

ビックリの方法で成功!人には言えない就活裏話

<タカヤスさん>      30代後半男性 奈良県 基礎知識の無さに焦る日々 私の

記事を読む

就活生は企業訪問をしろ!!【就活裏話】

 就活生はOB・OG訪問をしろ! F・Rさん 20代前半 東京都の場合 就職活動には色々なツ

記事を読む

最終目標を見据えての就活

ものづくりを求めて転職 私は、社会人となってから15年近く経って居ますが、今まで製造業の工場

記事を読む

私の就活体験談 

<ヒロさんのケース> 大学生~就職活動 自身の就職活動は世間の「就職活動開始」という時期

記事を読む

うまくいくための就活

夢と現実の狭間で 私の夢は正社員のライターになることです。そこを目指して前向きに行動してきま

記事を読む

それは悩みすぎ??もう苦しまない就活のための思考法

<F・きりん>さん  20代後半男性 東京都 就活は苦しいという話を聞いた 私は21歳の4

記事を読む

就活(就職活動)で都会生活と給与アップ!

就活(就職活動)のきっかけ 就活(就職活動)を始めるきっかけは、人それぞれあると思います。私

記事を読む

公的機関に転職が決まりました。就活してよかった!

転職を決めたきっかけ 30代、主婦です。以前は結婚前に勤めていた金融機関にパートとして雇用

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

今年も就活川柳の辛辣さに笑える!そして泣ける!

「お祈りを されないように 祈る僕」              

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑