*

就活(就職活動)で都会生活と給与アップ!


就活(就職活動)のきっかけ

就活(就職活動)を始めるきっかけは、人それぞれあると思います。私は、都会で暮らしたい、もっと多くの給料をもらいたい、という理由で就職活動を始めました。

20代だった当時、私は、静岡県の田舎町で過ごしていました。そこで仕事をしていたのですが、自宅や会社の周囲には民家や畑以外、スーパーやドラッグストアがある程度で、のんびりとした環境でした。そういった環境が好きな人もいるかとは思いますが、私はもっと刺激のある環境で暮らしたいという思いが日に日に強くなってきました。

また、給料が低いのも不満でした。正社員であった私よりも東京でフリーターをしていた私の友達のほうが稼いでいるような状況で、もっと給料の高い仕事をしたいという思いがありました。私は、男なので、女性と結婚するには稼ぎを増やさなければダメだ、このままでは女性に私を結婚相手として選んでもらえない、という焦りもありました。

そのようなわけで、私は、都会で刺激のある生活をしたい、給料をもっともらいたい、という思いで就職活動を始めたわけです。

就活(就職活動)を開始

私は、地方出身ですが大学時代は東京に住んでいました。東京での生活がとても刺激の多い充実したものだったので、転職先も東京か首都圏が良いと考えていました。首都圏の中では、特に神奈川県の横浜市あたりが良いと漠然と考えていました。

雇用形態も、良い給料にこだわりたかったので正社員を希望していました。転職活動は、基本的に転職サイトを使用して行っていました。転職サイトは大手のものに3つほど登録をし、面接の度に住んでいた静岡県から東京都や横浜市へ行くようにしていました。

当時勤務していた会社には、就職活動をしているという話はしていませんでしたが、面接の日は有給休暇を使用し、できるだけ就職活動をしていることがばれないようにしていたことを思い出します。

希望の条件で内定を獲得

就職活動をしていく中で内定を2社から受け取ることができました。合計で8社程度の面接を受けたように記憶していますが、普段有給休暇を使用せずに面接へ行ける程度の日数の有給休暇を残しておいて良かったと思っています。

最終的に、私は、横浜市にある会社へ転職をすることにしました。希望通り正社員の職。給料も上がり、都会での刺激的な生活を開始することができました。

勤務先の会社には、内定を取得した後すぐに退職願いを出しました。社長はとても不機嫌そうでしたが、同僚は転職を祝ってくれました。現在でもその会社の同僚とは連絡を取り合う仲です。

在職中に始めるのがオススメ

結果的に、在職中から就職活動を開始し、転職をできたことは良かったと思っています。現在では、正社員として横浜市で仕事をしていますし、プライベートも横浜市近辺や東京に出て、とても刺激的な毎日を送っています。大学生時代の友人の多くとも会いやすくなり、新しい人脈も築くことができています。

もし仕事に不満を感じていて、就職活動を始めるべきか悩んでいるのであれば、ぜひ始めたほうが良いと思います。特に、会社に在籍しながら就職活動を開始するのがおススメです。会社に在籍しながら就職活動をすることで、経済面でも余裕が生まれますし、前向きに将来像を描く余裕も生まれると思います。

転職サイト・エージェント関連情報

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。
関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク


関連記事

私の就活体験談 

<ヒロさんのケース> 大学生~就職活動 自身の就職活動は世間の「就職活動開始」という時期

記事を読む

うまくいくための就活

夢と現実の狭間で 私の夢は正社員のライターになることです。そこを目指して前向きに行動してきま

記事を読む

就活は3月がスタートではない。もっと早く動き出そう

  Yasuさん 20代前半男性 山梨 就活の軸を決めよう 一つ目は就活の軸を決めることです

記事を読む

35才からの転職サイトでの就活体験

  (E.スズキさんの転職体験) 私は39才男性です。妻と息子が2人います。 私

記事を読む

若手社員のOB・OGからのメッセージ紹介いろいろ

各業界で頑張っている若手のOB・OGさんからの就活生へのメッセージを少しばかり集めてみました。

記事を読む

信用金庫への就活(フィロスさんの場合)

就活のターゲットを決める 私は学生時代、大手信用金庫への内定を取ることができました。 初めは、業

記事を読む

正社員になるための就活

就職活動のむずかしさ 正社員までの助走 今の時代、転職しても当たり前の時代。それこそ15年く

記事を読む

就活を振り返って思うこと

転職検討を開始 今から数年前の話ですが、給料とボーナスに不満を持っていたので転職を考えるよ

記事を読む

初めての就活を成功させるための就活裏話

 バスケマンさん 20代後半 東京都 エントリー数を最大化 毎年行われている新卒の就活という

記事を読む

公的機関に転職が決まりました。就活してよかった!

転職を決めたきっかけ 30代、主婦です。以前は結婚前に勤めていた金融機関にパートとして雇用

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

コロナ解雇! コロナ休業! 生活保護申請拒否! 労働者の三重苦はどうなる?

このところの4か月あまりは令和の悪夢とでもいうべきか、緊急事態宣言

コロナ騒ぎの影響は労働者にどんな影を落とすのか?

2020年2月末現在、1月以降コロナウィルス騒ぎは益々過熱し、拡大

→もっと見る

PAGE TOP ↑