*

それは悩みすぎ??もう苦しまない就活のための思考法

<F・きりん>さん  20代後半男性 東京都

就活は苦しいという話を聞いた

私は21歳の4月から就職活動を始めた。一般的に大学3年生の冬から就活は始まるもの。したがって半年ほど遅れをとった私の就職活動のスタートです。

内定はほとんど出ないと言われた当時ですが、私が就職活動を終えたのはその年の7月です。3ヶ月程度経った時期でした。周囲と比べると圧倒的に短い就職活動の期間でしたが、実のところ特別なことは特に行なっていないのです。

むしろ、一般的に言われる「大変な就活」と比べるとはるかに自身に負担の少ないものでした。現在は退職し、個人で内定をもらった会社の同業種の仕事をすることになっていますが、自分の就活がどうしてここまで負担が少なかったのか、その理由を経験談としてまとめたいと思います。

就活で苦しむ人が分からない
就活が辛いという人の話を聞くと、原因はもちろん内定が出ないことにあるのですが、内定が出ないから辛い、というのは少しイコールではないように思えるのです。

内定が出なかったことで辛い状況というのは採用試験に費やした時間、あるいは交通費など金銭面での負担が無駄になってしまうということなのでしょうか。

しかしそれ以上に負担となっているのは「入りたい会社に入れない」ということや、「自分が落ちた一方で友人が内定をもらった」などのような、他者との比較からくるものもあるように思えます。

しかし私にとっては、いずれも問題ではない、というよりも考える必要のないことのように思えたのです。

お祈りの数だけ先行投資

内定が出なかったことで自分を責める必要は全くありません。確かにその企業に費やした時間やお金は、その企業には届かないが、それはあくまでも先行投資であると考えればいいのです。

私は2社目の採用試験で内定をもらいましたが、結果的に就活対策をほとんどしなかったことで、社会に出てから苦労することとなりました。その意味で、内定をもらえない人は、社会に出る前に、マナーや社会人としての意識といった部分を自分に投資していると考えることができるわけです。

内定がなかなか出ない人は、採用されるまでの間に社会で必要なスキルを学ぶ時間を作ることができるが、内定が先に出てしまうと、その後は会社に入るまで、社会勉強を自らしようと思うことはほとんどないでしょう。

転職サイト情報・エージェント情報

企業が欲しいのは仲間

「内定がもらえない」というのは一つの出来事だと私は考えています。あとはその出来事に対し、どう捉えるかで苦しむか苦しまないかが決まるのです。ここで考えて欲しいのは「企業がなぜ不採用としたのか、」であります。

「能力が足りないからだろうか。」しかし考えてみると、能力が十分な状態で入ってくる新卒など企業は期待しているはずがないのです。もし期待しているとしたら、そのような企業に採用される人はとっくにスティーブ・ジョブズのようになっているでしょう。

そうなると企業が欲しいのは、自分たちと一緒に働くことのできる仲間なのです。言うなれば「企業にとって、あなたが合うかどうか」です。つまり企業から内定が出ない、と言うことは「あなたと弊社は合わないだろう」と言うことを企業の方から教えてくれていることになるのです。

私は自分が内定をもらえないと言うことは、私にとってもその企業は合わないのだから、採用されたところですぐに辞めてしまうだろうと考えることで全く自分を責めることのない就職活動を行ったのです。

今は4年前と比べ景気も回復してきており、採用率も上がってきていると言います。焦ることはありません。自分に合う企業が見つかるまで、自分のペースで就職先を見つければ良いと、私は考えているのです。

あなたも、そう割り切って考えることで意味のないストレスを避けながら、しかも成功に近づくことを期して頑張ってみられてはいかがでしょうか。

<サイト管理人の泪です>
就活における面接対策などは、大学受験のようにこれしかないというような1つの正解が必ずあるというものとは違います。経験を重ねるうちに何となく面接官との距離感の置き方や効果的な方法のコツが見えてくるというようなものです。また、そうであるだけに、なぜ面接で跳ねられたのか、なぜ内定が出なかったのか、などの理由もよくわからない場合が多いかも知れません。

自分でその答えを探すのも良し、人や専門機関に相談してみるのも良しです。自分の成功体験からも、失敗体験からも学ぶことは多くあると思います。いずれにしても、あなた次第でどうにでもなることです。

また、人の体験からも多くのことを学ぶことができます。そして、転職や就活専門のエージェントサイトを利用して、そこのCA(キャリアコンサルタント)の話を聞くことも、とても参考になることだと思います。「立ってるものは親でも使え」と言いますから、いろんなものを複合的に活用して成果を出していくことをお勧めしたいと思います。

転職サイト・エージェント情報

スポンサードリンク

関連記事

入社1年未満で退職し、早速始めた転職活動

=転職体験= 30代前半 女性(東京) 心が限界を感じて転職を決めました 私は以前、物流会社

記事を読む

3月1日は就活解禁

3月1日、いよいよ新卒の就活が解禁となりましたね。大学周辺には黒いリクルートスーツの就活スタ

記事を読む

医療事務への転職体験

20代後半女性(広島)ミサさん 転職のきっかけ 転職する為に私は大学卒業後、ずっと働いて

記事を読む

就活生は企業訪問をしろ!!【就活裏話】

 就活生はOB・OG訪問をしろ! F・Rさん 20代前半 東京都の場合 就職活動には色々なツ

記事を読む

就活の悩みと不安、そしてあなたがやるべきこと!

もしもあなたにどうしてもやりたいことがあり、その専門学校に行ってその道を目指すということであれば

記事を読む

信用金庫への就活(フィロスさんの場合)

就活のターゲットを決める 私は学生時代、大手信用金庫への内定を取ることができました。 初めは、業

記事を読む

就活のルールがなくなるって本当??

波紋を呼ぶ経団連の会長発言! 数年後から「就活ルールを決めないことにする」(これまでのルールを

記事を読む

労働条件通知書は、どのタイミングでもらうべきか?

前書き 就活においては、一次審査の試験後に 「面接」→「内定」→「内定受諾」→「契約書・身元

記事を読む

第二新卒として挑戦した転職

=転職体験= 30代前半 男性Aさん 「結婚」によって気持ちが転職に傾き始めました 私は以

記事を読む

外資系企業でのインターンシップ体験

東京都 30代前半男性 ミスターゼロさんの場合 1ヶ月間のファッション企業のインターンシップへ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「就職氷河期世代」を集中支援、政府の新しい方針は功を奏するのか?

このところ政府は、骨太方針のポイントの一つに「就職氷河期世代」を集

映画「誰がために憲法はある」を見てみたい

  ある新聞の第2面に、映画「誰がために憲法はある」を監督

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの

「経済ゼロ成長」だった平成、そして来たるべき令和の時代に若い君はどう生きるのか?

この数年間というもの、政権はいつも景気好調をアピールしてきました。

就活者は、「定年退職」をどう考えるのか?  「ゴール前 伸びる定年 老い越せない」の川柳に笑えないリアルさがある

■今、就活者のあなた!「定年制」というものについてどう思いますか?

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑