*

就活家族、三浦友和父さんピンチです

このお父さん、自分がセクハラ問題で会社を退職してしまったことが、とうとう家族にバレてしまいました。すると家族はグッチャグチャになってしまいました。 息子は三流大学出の就活中、真面目ではあるんですが、かなり思考が甘いもので、出版会社の内定を目指すも、アルバイト止まり。怪しげな就活セミナーに30万円もぼったくられて、それでも目が覚めないと親父と口論になったりします。 娘は勤めていた会社で女上司のエゲツないパワハラに合い、とうとう退社してしまいました。その後、アパレル系に就活するのですが酷評されるだけで就職は出来ません。この娘、就活がダメなら結婚しちゃおうという魂胆も見え隠れしています。  

夫の退職に、妻はソッポ向く

黒木瞳扮する妻は、教職にありながら、学校の経営者と意見が対立して、これもまた退職してしまいました。何かと言うと「お父さんがいるから大丈夫」というのが口癖だったこの妻。夫の退職を知るや否や、手のひらを反すように夫批難に転じます。 妻は、夫の心情に寄り添おうとはしません。長年連れ添ってきたはずの夫と妻ですが、仕事仕事で妻の相談にも乗らないと、ポストクラブ通いまでしています。 それまで大手勤めの夫に依存していた妻、その支えが無くなった今、妻は夫を励ますことも、信用することもしません。勤め先を失うって、家族全体に大きな影響を与えてその関係を壊してしまうこともあるんですね。

プライドの高い夫

元々、大手の会社で人事部長まで歴任して、さらにその上に昇進する話が出たあたり大きなつまずきに見舞われてしまったお父さんです。それまでの会社への献身的成果に対する会社の裏切りにあって降格の憂き目にあったのですが、それに対して、お父さんは退職の道を決めたのでした。 自分のキャリアならば、雇ってくれる会社はたくさんあるはずと踏んだのでした。ところが、そこからが大変だったのです。それまで大手でのキャリアに乗っかって順風満帆だったお父さんも、いざ、肩書のネームバリューが外れた途端に、これまた就活がうまくいかないのです。 それはけんもほろろに採用を断られてしまうのです。経験も前職の肩書も申し分ないはずなのにと悩むお父さん。お父さんのプライドも早ここまでか?いくつも面接をうけるのですが、うまくいきません。とりあえず急場しのぎのアルバイトをしているのです。

ドラマと現実、どちらが過酷か?

ドラマなのに身につまされて、ついのめり込んでしまいそうです。 やはり、何かの資格をとって、専門職の道を行く方がいいのではないかと思ったりします。例えば、「師」や「士」の付く資格です。看護師、医師、薬剤師とか、税理士、公認会計士、弁護士、司法書士等々の資格を取り、その上でキャリアを積むのが一番強力な道なのでしょうか。 その他、日商簿記、医療事務など数々の資格があります。この際、ご自分のことと置き換えて、このドラマを今後の就活にお役立てされてみてはどうでしょうか。 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> このサイトは、転職希望者や就活生、フリーターさんに役立つサイトです。 関連記事やカテゴリーからも欲しい情報をゲットしてください。 >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

スポンサーリンク


関連記事

2019.4月 今年も大学生に人気の企業ランキングが発表されたが…

就活情報会社マイナビの調べですが、今年も世間に名の売れたおなじみの会社名が並びました。これについ

記事を読む

公的機関に転職が決まりました。就活してよかった!

転職を決めたきっかけ 30代、主婦です。以前は結婚前に勤めていた金融機関にパートとして雇用

記事を読む

転職、U・Iターンの魅力はどんなこと

「転職」と「U・Iターン」どちらが先にありき? Uターンによる転職の場合には、仕事の内容や条件

記事を読む

フリーターは人生の負け組か? 就職活動の支援はある!

あなたは、高校を卒業する段階でそれほど働くことに興味もなかったかもしれません。まだ遊

記事を読む

就活を始めるあなたが、相談の前にまずやってみることとは?

  「就活は、いつから始めればいいのか」とは、難しい問題。 既に大学の1年生時点か

記事を読む

就活、エントリーシートの書き方、小技編

  本来、エントリーシートはそうそう簡単に書けるものではありません。充実した

記事を読む

【面接対策】転職時の鉄板事項とは?

あなたが、転職を目指して「面接」に挑むというときには、是非押さえておきたい鉄板質問事項に対する面接対

記事を読む

サポステ(地域若者サポートステーション)は、あなたのピンチを救うか?

サポステ それは、厚生労働省の委託でNPO法人などが運営する就労支援システムです。厚労省は年齢

記事を読む

フリーターや民間から公務員へ転職するなら

フリーターや民間企業から公務員への転職は、どのくらい現実味のあることでしょうか? 少し調べて

記事を読む

就活なら「就職四季報」が必携!

特に新卒の就活生にとって強力な味方になるのが東洋経済新報社の就職四季報ですね。ですが、これにもい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

非正規労働者 コロナ禍の綱渡り生活

普通に生活をしている中で、スーパーに行ったり、コンビニに寄ったり、

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

非正規労働者は 果たしてどれほど幸福な人生なのか??

  私の姪っ子にもう長らく派遣の仕事をしている娘がいる。齢

面接
コロナ時代、就活するならスーツを新調する前に、日常的なニュース攻略を自らに習慣づけよう! 新聞・テレビ・ネットなどに敏感になろう。「トリニクって何の肉?」的おバカにはなるでない‼

■ニュースの攻略 就活者にとって、コロナ後の世界、withコロナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑