*

自分が知らない業界におけるインターンシップ体験談

大阪府 20代前半男性 ケイタさんの場合

学内セミナーの重要性

私が通っていた大学では例年12月から企業の方々が、企業説明会を開催してくれます。

私は、この説明会に参加して本選考の時に受ける企業を選定していました。同時に自分が普段全く接することが無い、もしくは知らない企業の説明会に参加していました。

そして、その中で自分が興味を持った企業が行ってるインターンシップに応募していました。私が応募したのは印刷業界の企業でした。印刷業界は、B to B取引を中心に行っているので、あまり人目に付かない業界ではありますが、印刷業界の事業領域の広さに魅力を感じて応募しました。


インターンシップの内容

私は印刷業界の2daysインターンシップに参加しました。その内容は6人で印刷技術を活用して世の中にあったらいいなと思う製品やサービスを考えてみるというものでした。

印刷業界の動向や事業領域に関する説明を受けたうえで、このグループワークを行いました。

このインターンシップを通して驚いたことは、印刷業界が紙の印刷にのみ関わっているのでは無く、飲料・食品のパッケージやVR技術などにも関与しているということです。

取引先は25000社以上あり、他の業界と比較しても広い事業領域を保有していることが分かりました。

インターンシップのメリット

たしかに、多くの大手企業のインターンシップは本選考に直接的に関与することはありません。しかし、インターンシップを通してグループワークやプレゼンの技術などが向上するというメリットはありました。

また、同じグループの方々と就活に関する話をすることで、自分の知らない業界や企業を知るきっかけにもなります。

私の場合は、後者のメリットを強く体感しました。元々、印刷業界がどのような仕事をしているのか知らなかったと同時に、印刷業界に興味を持つ方々と話をする中で、就活の軸を決める際に参考になることが多々ありました。

インターンシップと本選考

最後に1つだけアドバイスすることがあります、それは、インターンシップに参加した企業はぜひ本選考も受けてみて下さいということです。

先程、インターンシップと本選考は関係無いという話を挙げましたが、通常の選考ルートの方々とは異なり、インターンシップを通してその会社の事業内容や社員の特徴をある程度把握することができているはずです。

本選考の面接では、企業の事業領域や逆質問を行う時間が設けられるはずです、その時に、インターンシップで学んだことなどを述べることができれば、面接において有利に物事を運ぶことができると思います。

スポンサードリンク



関連記事

信用金庫への就活(フィロスさんの場合)

就活のターゲットを決める 私は学生時代、大手信用金庫への内定を取ることができました。 初めは、業

記事を読む

初めての就活を成功させるための就活裏話

 バスケマンさん 20代後半 東京都 エントリー数を最大化 毎年行われている新卒の就活という

記事を読む

35才からの転職サイトでの就活体験

  (E.スズキさんの転職体験) 私は39才男性です。妻と息子が2人います。 私

記事を読む

医療事務への転職体験

20代後半女性(広島)ミサさん 転職のきっかけ 転職する為に私は大学卒業後、ずっと働いて

記事を読む

外資系企業でのインターンシップ体験

東京都 30代前半男性 ミスターゼロさんの場合 1ヶ月間のファッション企業のインターンシップへ

記事を読む

転職でリクナビNEXTを使ってみて思ったこと

 Mさん  30代前半男性 長野県 転職をしようと思ったらまずここへ 自分は半年く

記事を読む

就活は3月がスタートではない。もっと早く動き出そう

  Yasuさん 20代前半男性 山梨 就活の軸を決めよう 一つ目は就活の軸を決めることです

記事を読む

パワハラと転職

 =転職体験= 30代前半 女性   私が転職を決めた理由 私は4年制の大学を卒業後

記事を読む

第二新卒として挑戦した転職

=転職体験= 30代前半 男性Aさん 「結婚」によって気持ちが転職に傾き始めました 私は以

記事を読む

公的機関に転職が決まりました。就活してよかった!

転職を決めたきっかけ 30代、主婦です。以前は結婚前に勤めていた金融機関にパートとして雇用

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リモート面接対策の基本とは

コロナ以降、就活面接の方式も随分様変わりしつつあるようだ。今はその

IKEA(スエーデン家具)の戦略 全従業員の正社員化とは?

■渋谷・新宿に店舗展開 IKEAと言えば郊外型の、ユーザーは主に

非正規労働者 コロナ禍の綱渡り生活

普通に生活をしている中で、スーパーに行ったり、コンビニに寄ったり、

コロナショックはこれからが本番?! 只今「困窮相談」爆発的増幅中!

■2020年上半期、39万件の新規相談が示す貧困への転落 生活に

明日は我が身!「コロナ自殺の闇」があなたを飲み込むかもしれない

■コロナ禍の路上生活者の山、さらには極寒の冬が人の命を奪う 私は

→もっと見る

PAGE TOP ↑