*

非正規労働者の期限付き雇用に「無期限転換ルール」が盛り込まれた

  

  目 次

・労働契約法の改正
・非正規雇用とは
・基本は本人の申請に基づく
・企業側の思いも交錯している
・労働局のスタンスは以下の通りです
・雇用安定のもう一つの方法・・・非正規労働者の「社会保険適用」を推進したい
・非正規労働を正規労働に近づけることがテーマ

労働契約法の改正

2013年施行の「改正労働契約法」では、同年4月以降に契約した有期雇用の非正規社員を対象として無期雇用への転換要件が整うことになります。

つまり、同じ会社で契約更新を繰り返して通算5年を超えた場合に、本人の申請に基づき、正社員と同じように契約更新の必要がない無期雇用として定年まで働けるようになるというもの。

2013年施行から5年経過した2018年4月から、この条件に合致する適用者が出てくることになります。企業がこの労働契約法の改正に関して、その内容や趣旨を十分に理解していない場合もみられ、労働局などは周知徹底を目指したい考えでのようです。   

非正規雇用とは

通常「正規雇用」とは「正社員」のことを意味しています。正社員の場合は雇用契約として期限を設けるということはありません。ですからいわゆる「定年」というものが期限ということになります。

これに対して、パート・アルバイト・派遣社員・契約社員などは非正規労働と言われ、この場合契約時に「契約の期限を設ける」ということがよく行われています。

その対象者に今回の労働法改正が関係してきます。

基本は本人の申請に基づく

全国、どの地域に於いても有期雇用契約の社員を雇用している企業の割合はかなりの割合となっているようで、その内かなりの割合で、ルールの適応基準が満たされている社員の存在が予想されます。

今、これを読んでいるあなたもその一人かも知れません。ただ、この決まりのミソなのは「本人の申告」が契約変更の出発点となっている点です。

つまり、本人がこのことを知らないとか、知っていても遠慮して申請しないとか、本人に「変更したいとの意思がない」という場合には、法の趣旨が生かされないということになってしまいます。

労働行政の趣旨が雇用者と非正規労働者の双方によく理解され、実施率がぐんぐん上がっていくことが必要でありましょう。ですが、しばらくは「えーっ、そんなの知らなかった!」ということが起こり得るだろうと私は予測しています。それは、おそらく雇用者の意図的な周知徹底の怠慢によるものでしょう。行政の公平な監視が必要です。

企業側の思いも交錯している

企業が考える無期転換のメリット
・雇用が安定し、人手不足対策に効果がある
・業務に習熟した人材確保ができる
・社員の離職をやわらげ定着率の向上に寄与できる
・社員のやる気の向上が期待できる

企業が考える無期転換のデメリット
・不況や閑散期に雇用調整が難しくなる
・労働条件、賃金設定が難しい
・人件費のコスト増
・有期雇用の契約更新、無期転換基準の設定が難しい
などのように、企業側の思いが現段階では交錯しており、横にらみの模様見状態になっているような雰囲気があるようです。

しかし、この「無期限転換ル-ル」はスタートまで3か月を切っている中、この法改正の主旨の周知徹底が急がれなければなりません。ましてや人事担当者がこの法改正を理解していない、知らないというのは言語道断であります。

労働局のスタンスは以下の通りです

「非正規社員を雇用の調整弁として考えるのは間違っている。雇い止めの不安を解消し、雇用を安定させる法の趣旨を企業訪問などで周知徹底したい」としているようです。

雇用安定のもう一つの方法・・・非正規労働者の「社会保険適用」を推進したい

例えあなたが非正規の雇用であっても、パート採用、アルバイト採用などに関わらず、一定の基準をクリアーさえしていれば、社会保険の適用が義務付けられているということを知っていますか? 或いは「自分はアルバイトだから」、「パート雇いだから」と諦めていませんか?

実は、そうではないのです。あなたの労働実態は既に厚生年金や医療保険の要件を充たしているのかも知れません。通常、その要件は正社員の所定内労働と比較して決定されます。

1日の正社員の所定内労働時間が8時間の場合、その4分の3の6時間以上の労働がクリアーポイント。月間労働日数が正社員22日の場合、その4分の3の17日以上の労働日がクリアーされていればクリアーです。

このような場合、社会保険適用となるだけの可能性は大いにあります。この時、社会保険(厚生年金と健康保険)に移行するかしないかは任意で決めるものではなく、会社には基本そうしなければならないとの義務を伴うものとなります。

おそらくこのことを知らない非正規の労働者の方々がたくさんおられるものと考えます。それは労働者にとってみれば非常に損をしているということになりますので、あなたが国民年金と国民健康保険の加入状態のままである場合は、是非ご自分の労働実態を確認してみてください。

非正規労働を正規労働に近づけることがテーマ

この国では長年の労働行政のありかたの過程で、人材派遣労働などが認められるようになったりと非常に労働者に不利な法律が決められ、労働者不遇の時代が続いてきました。

長年経済界は、労働者を使い捨てにしてきたという経緯があり、特にリストラが吹き荒れたバブル崩壊後のいわゆる「失われた10年」は、残酷物語さながらのようでありました。

そこから生じた数々の社会的矛盾のせいで窮地の勤労者を救済しようとする意識が働いているようにも思われます。 ある種の反作用でしょうか。政権の叫んでいる「働き方改革」などもその一環なのかなと思われます。(かけ声だけの部分もありますが)

欧米の先進国などではもっと、労働者寄りの政策が確立していて「勤労者に優しい社会」になっています。この国は、そこからも立ち遅れていると思います。

これ以上、不安定な非正規労働者を増やしてはいけません。限りなく正社員の条件に労働条件を近づけて揃えていくという努力が求められます。文化的な生活の出来る待遇をだれもが享受できる社会にしていきたいものです。

そのためにも、あなたにとって「知らないと損をする」ことがあれば、是非アンテナを高くして有益な情報をゲットしてください。そしてそれを賢く活用されることをオススメしたいと思います。
就活情報・転職エージェント情報

関連記事

アルバイトの辞め方ってむずかしい

アルバイトで、生計を立てているけど転職しようと思い立ち、就活しようと思っている人はありません

記事を読む

ブラックバイトユニオンについて調べてみる

コンビニバイトのノルマとは 今回は、テレビでも話題になっていたことについての記事です。

記事を読む

パート・アルバイトも雇用契約書を交わす時代です

今、パート・アルバイトで働いているあなた、雇用契約書は文書で交わしていますか?もしかして、採

記事を読む

ブラックバイトに御用心!その事例を収集してみよう。

1.はじめに 季節によっては学生のアルバイトが増えたりします。学生ですから初めての経験というこ

記事を読む

パートタイム労働法は非正規労働者を救えるか?

  目 次  ・パートタイム労働法  ・パート労働を侮るなかれ  ・学生

記事を読む

スタバでのバイトが超人気! しかも、就活うけがメチャいいと言うその理由とは?

たかがバイト、されどバイト アンレポートの2017年総括では、学生に人気のアルバイトランキング

記事を読む

あなたは最低賃金で生きられるのか? 2018年の賃金改定決まる

最低賃金の改定 8月10日、厚生労働省は都道府県別最低賃金の改定額を公表しました。全国平均は2

記事を読む

フリーター・アルバイトにオーナーが罰金を科すなんて

  報道によると、コンビニバイトなどでは、例えば風邪による欠勤などに雇用者がペナルテ

記事を読む

【就活】接客の多い職種では、尊敬語・謙譲語をマスターする

企業の受付は、ある意味その会社の顔でもある。だから受付での顧客対応はその会社の第一印象を大きく左

記事を読む

「ピッキングバイト」と「グロッサリー」というお仕事

ピッキングの仕事 ピッキング作業とは、倉庫から品物を取り出す作業を言うのです。大手の会社では商

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

改正出入国管理法成立で、街に外国人労働者が溢れ、その煽りで貴方が職場からお払い箱になる日?!

この国では、相も変わらず欠陥だらけの法案をゴリゴリと国民に押し付け

イノベーションと企業(組織)のフラット構造の関係性

最近、「GAFA」ということが浸透しつつある。Google、App

カルロス・ゴーン氏逮捕で日産自動車が大変なことになっているが、、、

  有価証券報告書への収入の記載漏れ? 各種・各方面からのニュ

内定後の「入社誓約書」という憂鬱!?

それはそれは大変だったあなたの就職活動。その結果、なんとか無事に内

退職したい人のための「退職代行サービス」利用が増えている

会社の上司との関係が上手くいかない、パワハラの悩みをだれにも相談で

→もっと見る

  • FutureNetで副収入
PAGE TOP ↑